長門川マリーナ | ワンダーフィールドのブログ
2015-02-05 19:58:04

長門川マリーナ

テーマ:お知らせ

印旛沼と利根川をつないでいる長門川。

長門川の支流の将監川。長門川から将監川への入り口に長門川マリーナがあります。

比較的新しいボート屋さんで、営業してからまだ利用したことが無い方もいらっしゃるかと思いますので、サラッとご紹介を。


最寄りの交差点は千葉県印西市の国道356号(利根水郷ライン)の安食ト杭(あじきぼっくい)

小さい看板で、『カヌーのりば』と案内が出ている方向(画面右奥)に曲がります。


安食ト杭はセブンイレブン本埜長門橋店(もとのながとばし)がある交差点です。駐車場も広く、目的地までの最後のコンビニです。


『カヌーのりば』の案内通りに進みます。


長門川、将監川をつないでいる水路に架かっている橋を渡ります。


カーブの途中の案内を逃さないように、右折します。

夜間だと見逃しやすいかもしれません。

車がすれ違いづらい道ですのでご注意下さい。


左に案内があります。指示通り右折します。


到着です。長門川マリーナ到着です。

早朝であれば、ワンダーフィールド川口店から1時間半ほどです。


クラブハウス。出来て間もないので新しいです。


向かって左側で、まずは受付けを。

レンタルローボート¥2000 バッテリー¥1000 スロープ利用¥1000

利用時間は日の出から日没まで。前日入りや、深夜入りは近隣の住民の方の迷惑になりますのでご遠慮下さい。


向かって右側はトイレ、シャワー!


綺麗なトイレが2つあります。


シャワー付き。こんなボート屋は無いのでは!利用者はシャワーが使えます。もちろんお湯が出ますので、真夏の汗を流してからの帰宅も可能!


桟橋は2つ。大きなボートが係留されている桟橋と、


将監川へとつながる水路入口に桟橋があります。


ローボートの種類が2つあります。

すのこや、板を敷いて利用する一重タイプ。


すのこ、板無しで利用出来る2重タイプ。

どちらも金額は一緒ですが、長門川マリーナからのお願いがあります。


一重タイプを使用した際は、このように桟橋にひっくり返して揚げて下さい。セルフサービスになります。

2重タイプはあまりにも重い為、そのままでいいとのこと。


駐車スペースはスロープの奥、桟橋手前の場所にあります。


そこの場所がいっぱいであれば、クラブハウス前に駐車スペースが沢山あります。


持込みボートの方はスロープを利用出来ます。

カートップ、アルミボート、バスボートまでランチング可能です。


鉄板が入り、段差も無いのでボートのランチングが楽です。


ランチング後は邪魔にならないところに停めて下さい。

向かってクラブハウス右手がいいかもしれません。


将監川、利根川、印旛沼へのアクセスが便利な場所に位置しています。


将監川は沢山の方が利用されています。

エンジン船はデッドスローがローカルルールで決まっています。

トラブルにならないよう皆でルール、マナーを守り、釣り場を守っていきましょう。

ワンダーフィールドさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス