女子レース戦線は山口県へ。
下関オールレディースが開幕しました。


今節が終わるとその5日後にはもう
浜名湖レディースチャンピオンが始まるという日程。

レディースチャンピオン出場組から
今節は15人が参戦しており、
誰が好リズムで浜名湖へ転戦するのかも
注目しておきたい今節です。


【下関オールレディース 歴代優勝者】
14年度★海野ゆかり(広島)
15年度 寺田 千恵(岡山)
16年度 寺田 千恵(岡山)
17年度★大山 千広(福岡)
18年度 平山 智加(香川)
19年度 寺田 千恵(岡山)
20年度 平高 奈菜(香川)
(※★は今節出場メンバー)





今節の出場メンバー(支部別)は、

群馬 久保田、深尾
埼玉 浜田、清埜、中田
東京 宮本、橋谷田、中澤、富樫
静岡 松瀬、倉田長嶋、木村紗、土屋実
愛知 谷川、笠野、水野
三重 加藤綾
福井 坂野
滋賀 茶谷、孫崎
大阪 池田な
兵庫 
徳島 西
香川 松尾夏中村桃
岡山 福島、田口、赤澤
広島 海野、菅野
山口 向井津田、矢野、末武、野田彩
福岡 藤田、武藤、藤崎渡邉優、高田綾、伊藤玲、大山、森田梨
佐賀 
長崎 池田紫、中北
(※赤字はA1級、青字はA2級)

A1級8人A2級9人
B1級20人、B2級8人の計45人で争われます。







さて今日のレース結果は、

1R ①高田  綾 1コース逃げ
2R ⑤海野ゆかり 5コースまくり差し
3R ②末武里奈子 2コース差し (3連単25930円)
4R ③長嶋 万記 3コース抜き
5R ①浜田亜理沙 1コース逃げ
6R ④田口 節子 4コースまくり
7R ①向井 美鈴 1コース逃げ
8R ①清埜 翔子 1コース逃げ
9R ①孫崎 百世 1コース逃げ
10R ②海野ゆかり 2コース差し
11R ①長嶋 万記 1コース逃げ
12R ⑤土屋実沙希 5コース差し (3連単74660円)

【今節の部品交換状況】
谷川 里江 ①ピストン2個
森田 梨湖 ①新プロペラ
(※○内の数字はシリーズ○日目。赤字は今日の部品交換)

【今節支部別1着回数】
静岡支部 3勝 (長嶋②、土屋実①)
埼玉支部 2勝 (浜田①、清埜①)
広島支部 2勝 (海野②)
山口支部 2勝 (向井①、末武①)
滋賀支部 1勝 (孫崎①)
岡山支部 1勝 (田口①)
福岡支部 1勝 (高田綾①)
群馬支部 0勝 
東京支部 0勝 
愛知支部 0勝 
三重支部 0勝 
福井支部 0勝 
大阪支部 0勝 
徳島支部 0勝 
香川支部 0勝 
長崎支部 0勝 
兵庫支部 出場なし
佐賀支部 出場なし

【今節コース別1着回数】
1コース 6勝 (逃げ6)
2コース 2勝 (差し2)
3コース 1勝 (抜き1)
4コース 1勝 (まくり1)
5コース 2勝 (まくり差し1、差し1)
6コース 0勝 






長嶋万記選手初日2連勝スタート。

前半4Rで道中接戦を制すと、
後半11Rではイン逃げを決めました。

前々節の平和島オールレディースでは
初日6着4着で得点率34位発進
(2日目から3・3・1・3・1・3・③・3・3着)、

前節の児島オールレディースでは
初日3着5着で得点率21位発進
(2日目から2・1・3・2・1・1・③・2・1着)と、

初日に出遅れて2日目から巻き返すも
優出を逃すという悔しい展開が続いていた長嶋選手。

今節は一転して初日2連勝発進とし、
得点率トップに立つ絶好の滑り出しとなりました。

ちなみに長嶋選手の初日2連勝は、
19年9月の浜名湖オールレディース以来で
(※参照、https://ameblo.jp/womenleague-cafe/entry-12529402398.html
実に約1年10カ月ぶりと意外にも久々。

あの浜名湖戦では1・1・4・2・1・2・1・1・1・①・①着で
見事に地元Vを飾っているだけに、
今節はその再現を狙いたいところです。

明日は7R5号艇と12Rドリーム戦4号艇で登場。
シリーズリーダーの座を守るのか注目です。



浜田亜理沙選手は5Rでイン逃げ快勝。
これで近況イン9連勝という鉄壁ぶりです。

そしてこのレースの勝ちタイムが1分48秒2
今日二番時計の選手より1秒2も早い
圧巻の初日最速ラップでした。

【今節上がりタイムベスト5】
1 浜田亜理沙 1'48"2 (初日5R)
2 長嶋 万記 1'49"4 (初日11R)
2 清埜 翔子 1'49"4 (初日8R)
4 孫崎 百世 1'50"5 (初日9R)
5 海野ゆかり 1'50"7 (初日10R)

浜田選手は今年ここまで17節走っていますが、
そのうち実に6節で節間トップタイムを記録。

1月の鳴門一般戦(1分45秒8)、
2月の常滑レディースVSルーキーズバトル(1分46秒6)、
3月の戸田オールレディース(1分46秒3)、
5月の徳山オールレディース(1分50秒5)、
7月のびわこ一般戦(1分49秒5)、
7月の児島オールレディース(1分48秒1)で
誰よりも早いタイムを叩き出しています。

特に近況はその速さが目立っており、
前々節のびわこ戦、前節の児島戦と
2節連続で節間トップタイム中。

今節も女子屈指のスピードスターが
どこまでタイムを伸ばしてくるのか注目です。






初日を終えての得点率ランキングと、
2日目の出走レース(※○内の数字は枠番)は、

1 長嶋 万記 11.00 7R⑤ 12R④
2 海野ゆかり 10.50 5R① 12R③
3 土屋実沙希 10.50 9R④
4 浜田亜理沙 10.00 7R④ 11R⑥
5 孫崎 百世 10.00 1R③ 11R⑤
6 末武里奈子 10.00 4R④ 8R⑤
7 富樫 麗加 10.00 2R③ 10R①
8 中村 桃佳 8.50 3R③ 11R①
9 向井 美鈴 8.00 4R③ 12R②
10 池田 紫乃 8.00 8R①
11 渡邉 優美 8.00 3R② 12R⑥
12 西 茂登子 8.00 2R④ 6R⑥
13 田口 節子 7.50 8R③ 12R①
14 橋谷田佳織 7.50 6R①
14 倉田 郁美 7.50 6R⑤ 11R②
16 大山 千広 7.50 6R③ 10R⑥
17 宮本 紀美 7.00 2R⑤
18 水野 望美 7.00 9R⑥
――――――――準優ボーダー――――――――
19 茶谷  桜 7.00 3R⑥
20 清埜 翔子 6.00 5R⑤
21 高田  綾 5.50 3R④
22 武藤 綾子 5.50 7R②
23 中田 夕貴 5.50 6R②
24 津田 裕絵 5.50 7R①
25 木村紗友希 5.00 4R②
26 谷川 里江 5.00 4R① 11R④
27 菅野はやか 4.00 5R③
28 久保田美紀 4.00 4R⑤
29 中澤 宏奈 4.00 9R①
30 松尾 夏海 4.00 9R② 12R⑤
31 松瀬 弘美 4.00 2R① 11R③
32 福島 陽子 4.00 1R⑥ 6R④
33 加藤  綾 4.00 4R⑥ 10R④
34 赤澤 文香 3.00 1R① 10R⑤
35 笠野友紀恵 2.50 5R②
36 藤崎小百合 2.50 5R④ 10R②
37 矢野真梨菜 2.00 8R②
38 伊藤 玲奈 2.00 2R② 7R③
38 深尾 巴恵 2.00 3R① 10R③
40 森田 梨湖 2.00 5R⑥
41 藤田 美代 1.00 1R⑤ 8R④
41 中北  涼 1.00 1R② 9R③
41 野田 彩加 1.00 1R④ 7R⑥
41 坂野さくら 1.00 3R⑤ 8R⑥
41 池田 なな 1.00 2R⑥ 9R⑤
(※赤字はA1級、青字はA2級。
 ◆は不良航法で-10、■は待機行動違反で-7、▼は失格で-5の減点)



なお今節の予選順位の決定方式は、
得点率→上位着位→最高タイム→番組編成委員の選考指名です。





(伊藤玲奈選手が帰ってきました。
 昨年3月の児島一般戦以来となる
 約1年4カ月ぶりのカムバックです)

(12Rのドリーム戦は大波乱決着に。
 土屋実沙希選手が5コース差しを決め、
 3連単7万4660円の大穴となりました。
 土屋選手は初日2着1着で得点率3位の好発進です)

(海野ゆかり選手は2Rで5コースまくり差し、
 10Rで2コース差しを決めて初日2連勝発進。
 海野選手の初日2連勝は昨年4月の
 宮島オールレディース以来で
 約1年3カ月ぶりと意外にも久々です)

(地元の末武里奈子選手は3Rで2コース差しを決め、
 3連単2万5930円の高配当を提供。
 これが昨年6月の下関ヴィーナスシリーズ以来となる
 約1年1カ月ぶりの白星でデビュー通算6勝目
 6勝のうち4勝が2コースです)

(地元の向井美鈴選手は7Rでイン逃げ快勝。
 今年1月の下関オールレディースでは
 減点15が響いて予選35位に終わっただけに、
 今節は雪辱を目指したいところです)

(高田綾選手は1Rでイン逃げ快勝。
 これが3節ぶりの1着で、
 デビュー通算98勝に伸ばしています)

(田口節子選手は6Rで4コースまくりを決め、
 前節から節またぎで9連勝に。
 しかし後半10Rは4着に終わり、
 連勝がストップしています)

(清埜翔子選手は8Rでイン逃げ快勝。
 コンマ01の弾丸ショットで逃げ切りました。
 ちなみに清埜選手は最後に切ったFが
 16年12月の若松一般戦で、
 約4年7カ月間もFがありません)

(孫崎百世選手は9Rでイン逃げ快勝。
 3月の児島ヴィーナスシリーズ以来となる
 4節ぶりの準優出に向けて好発進です)


(大山千広選手)

(中村桃佳選手)

(松尾夏海選手と西茂登子選手)

(水野望美選手)

(中澤宏奈選手)

(長嶋万記選手と渡邉優美選手)

(野田彩加選手)
(坂野さくら選手)
(森田梨湖選手)
(池田なな選手)
(今節デビュー初1着を目指す選手は4人。
 山口126期の野田彩加選手、
 福井127期の坂野さくら選手、
 福岡127期の森田梨湖選手、
 大阪127期の池田なな選手です)








【'21 女子賞金ランキング】 (7/25現在)
1 平高 奈菜 29,919,000円  (今年4V)
2 小野 生奈 26,694,266円  (今年2V)
3 遠藤 エミ 24,485,000円  (今年4V)
4 田口 節子 20,604,000円★ (今年3V)
5↑寺田 千恵 19,326,000円  (今年1V)
6↓三浦 永理 18,961,000円
7 細川 裕子 18,721,000円
8↑守屋 美穂 18,673,000円  (今年4V)
9↓竹井 奈美 18,547,000円  (今年2V)
10 西村美智子 17,618,000円  (今年1V)
11↑浜田亜理沙 16,910,595円★
12↓鎌倉  涼 16,817,000円  (今年3V)
13↑渡邉 優美 16,788,266円★ (今年1V)
14↓松本 晶恵 16,692,000円
15 宇野 弥生 16,669,000円  (今年1V)
16 海野ゆかり 16,523,000円★
17↑平山 智加 16,411,000円  (今年1V)
18↓大瀧明日香 16,241,000円
19 中川 りな 15,264,999円  (今年1V)
20 中村 桃佳 15,094,000円★
(※★は今節下関出場メンバー。
 昨日より順位が上がった選手は↑、下がった選手は↓)


【'21 女子優勝回数】
優勝4回 平高、守屋、遠藤
優勝3回 田口、鎌倉
優勝2回 香川、小野、竹井
優勝1回 寺田、淺田、池田浩、宇野、落合、西村美、
       平山、渡邉優、森、中川、高田ひ、出口

【F休み中の女子レーサー】
垣内 清美 6/29~7/28
上田 紗奈 5/30~7/28 (30日間+30日間)
宮崎 安奈 6/29~7/28
鈴木 成美 7/1~7/30
實森 美祐 7/1~7/30
島田なぎさ 7/5~8/3
吉田 彩乃 7/6~8/4
原 加央理 7/7~8/5
蜂須 瑞生 7/7~8/5
薮内 瑞希 7/7~8/5
中尾 彩香 7/7~8/5
松本  怜 7/7~8/5
田中 博子 7/10~8/8
三松 直美 7/13~8/11
大瀧明日香 7/13~8/11
佐々木裕美 7/13~8/11
野田部宏子 7/13~8/11、8/20~10/18(30日間・60日間)
清水さくら 7/13~8/11
山川 波乙 7/13~8/11
清水 愛海 7/13~8/11
藤本紗弥香 7/16~8/14
土屋 千明 5/19~8/16 (F2、90日間)
野田なづき 7/19~8/17
今井 美亜 5/24~8/21 (F2、90日間)
前田 紗希 7/23~8/21
赤井星璃菜 7/23~8/21
滝川真由子 7/24~8/22
吉田 杏美 7/25~8/23
塩崎 桐加 6/18~9/15 (F2、90日間)

【F休み未消化の女子レーサー】
西岡 成美 7/28~8/26
間庭 菜摘 7/29~8/27
武井莉里佳 7/31~8/29
福山恵里奈 8/4~9/2
後藤 美翼 8/9~9/7
五反田 忍 8/10~9/8
中谷 朋子 8/10~9/8
長嶋 万記★8/10~9/8
川野 芽唯 8/10~9/8
水野 望美★8/10~9/8
富樫 麗加★8/10~9/8
出口舞有子 8/10~9/8
新田 芳美 8/13~9/11
大石 真央 8/19~9/17
安井 瑞紀 9/1~9/30
清水 沙樹 9/2~10/1
山下 奈緒 9/6~10/5
谷口 佳蓮 9/7~10/6
松尾 怜実 9/11~10/10
清水 未唯 9/13~10/12
大山 千広★9/27~10/26
(※★は今節下関出場メンバー)