若松オールレディース
準優日の5日目を迎えました。

 



(黒明花夢選手)

(中川りな選手)

(高憧四季選手と落合直子選手)

(田中博子選手)

(東本千佳選手)

(川野芽唯選手と遠藤エミ選手)

(冨名腰桃奈選手)



(池田浩美選手は5R3コース抜きで通算977勝目
 五反田忍選手は7R3コースまくりで通算957勝目
 宇野弥生選手は8Rイン逃げで通算945勝目をマーク。
 いずれも準優敗退に終わってしまいましたが、
 明日も白星を積み重ねるのか注目です)

(地元の竹野未華選手は1Rイン逃げで今節初白星。
 2連対率1位のモーター27号機を駆るだけに、
 明日も注目しておきたいところです)

(入船幸子選手は2Rイン逃げで今節初白星。
 次節は4/1からの地元唐津オールレディースなだけに
 明日も良い形で締めくくってほしいところです)

(廣中智紗衣選手は12Rイン逃げで今節初白星。
 今期勝率5.42でA1→B1降格の危機だけに、
 敗者戦でも気を抜けない戦いが続きます)

 

 

 


さて今日のレース結果は、

 

1R ①竹野 未華 1コース逃げ
2R ①入船 幸子 1コース逃げ
3R ①黒澤めぐみ 1コース逃げ
4R ①鈴木 成美 1コース逃げ
5R ③池田 浩美 3コース抜き (3連単17800円)
6R ③川野 芽唯 3コースまくり差し
7R ③五反田 忍 3コースまくり
8R ①宇野 弥生 1コース逃げ
準優9R ①佐々木裕美 1コース逃げ
準優10R ①落合 直子 1コース逃げ
準優11R ⑤黒澤めぐみ 5コースまくり差し (3連単58080円)
12R ①廣中智紗衣 1コース逃げ

 

【今節上がりタイムベスト5】
1 遠藤 エミ 1'49"0 (4日目12R)
2 遠藤 エミ 1'49"1 (3日目8R)
3 遠藤 エミ 1'49"2 (3日目12R)
4 日高 逸子 1'49"5 (初日12R)
5 落合 直子 1'49"6 (5日目10R)
5 五反田 忍 1'49"6 (5日目7R)
5 川野 芽唯 1'49"6 (5日目6R)
5 池田 浩美 1'49"6 (5日目5R)
5 五反田 忍 1'49"6 (3日目7R)
5 渋田 治代 1'49"6 (初日11R)
(※2周戦は除く)

 

【今節の部品交換状況】
角 ひとみ ②リング1本、④キャブレター
渋田 治代 ②クランクシャフト、③キャブレター、⑤電気一式
廣中智紗衣 ②リング2本
藤崎小百合 ②リング1本
深川麻奈美 ①新プロペラ、②キャブレター、③キャブレター
遠藤 エミ ②キャリアボデー
高田  綾 ②リング1本
高憧 四季 ④リング4本・ピストン2個・シリンダ・クランクシャフト、⑤キャブレター
(※○内の数字はシリーズ○日目)

 

【今節支部別1着回数】
福岡支部 16勝 (日高③、大橋栄②、藤崎②、川野②、深川②、渋田①、藤田①、武藤①、竹野①、中川①)
東京支部 6勝 (黒澤④、宮本①、廣中①)
静岡支部 6勝 (池田浩④、鈴木成②)
大阪支部 6勝 (五反田③、落合③)
岡山支部 5勝 (堀之内③、寺田②)
山口支部 5勝 (佐々木⑤)
愛知支部 4勝 (宇野④)
滋賀支部 3勝 (遠藤③)
香川支部 2勝 (西村美②)
広島支部 2勝 (角①、村上①)
佐賀支部 1勝 (入船①)

 

【今節コース別1着回数】
1コース 27勝 (逃げ26、抜き1)
2コース 9勝 (差し4、抜き3、まくり2)
3コース 10勝 (まくり差し4、まくり3、抜き3)
4コース 6勝 (まくり3、まくり差し2、抜き1)
5コース 3勝 (まくり差し3)
6コース 1勝 (まくり1)

 

 

 

 

さっそく話題は準優勝戦へ。
3個レースの結果は以下のとおり。

 

【準優9R結果】
1着 ①佐々木裕美 1コース ST.06
2着 ②日高 逸子 2コース ST.07

3着 ③西村美智子 3コース ST.06
4着 ④堀之内紀代子 4コース ST.06
5着 ⑤池田 浩美 5コース ST.11
6着 ⑥宮本 紀美 6コース ST.17
決まり手=逃げ

 

【準優10R結果】
1着 ①落合 直子 1コース ST.13
2着 ③藤崎小百合 3コース ST.18

3着 ⑤中谷 朋子 5コース ST.30
4着 ②深川麻奈美 2コース ST.27
5着 ④川野 芽唯 4コース ST.26
6着 ⑥角 ひとみ 6コース ST.19
決まり手=逃げ

 

【準優11R結果】
1着 ⑤黒澤めぐみ 5コース ST.11
2着 ②遠藤 エミ 2コース ST.13

3着 ③宇野 弥生 3コース ST.12
4着 ①寺田 千恵 1コース ST.17
5着 ④五反田 忍 4コース ST.13
6着 ⑥鈴木 成美 6コース ST.18
決まり手=まくり差し

 


9Rは①佐々木選手がイン逃げ快勝。
②日高選手が差して2着に入り、
2連単①②で260円の1番人気決着に。

 

10Rは①落合選手がインから逃げ切り、
3コースからまくり差した③藤崎選手が2着に。
2連単①③で520円の3番人気となりました。

 

11Rは⑤黒澤選手が圧巻の5コースまくり差しを決め、
準優4回目の挑戦でデビュー初優出の切符を獲得。

 

2番手争いは③宇野選手が先行するも、
猛追した②遠藤選手が3周1マークで逆転。

 

予選トップ通過の①寺田選手は4着に敗れ、
2連単⑤②で1万0070円
3連単⑤②③で5万8080円の大穴となりました。

 

 

 

 

優勝戦のメンバーが決まりました。

 

【優勝戦12R出走表】
①落合 直子 (優出55回目、優勝3回)
②佐々木裕美 (優出78回目、優勝8回、若松1V)
③黒澤めぐみ (初優出)
④日高 逸子 (優出361回目、優勝74回、若松4V)
⑤遠藤 エミ (優出100回目、優勝28回)
⑥藤崎小百合 (優出59回目、優勝9回)

 



落合直子選手は2・4・1・1・2・2・3・4・①着。
準優ではインからきっちりと逃げ切り、
昨日14万舟を献上した借りを返して勝ち上がってきました。

 

これが1月の常滑オールレディース(優出2着)、
2月の住之江特別ヴィーナスシリーズ(優出2着)、
2月の児島オールレディース(優出5着)に続く
今年4回目の優勝戦進出。

 

今年6節走って4優出と好調が続いており、
今年の勝率は7.35で堂々の女子3位です。

 

【20年勝率ベスト5(女子)】
1 寺田 千恵 7.51 (2優出1V)
2 平高 奈菜 7.42 (3優出1V)
3 落合 直子 7.35 (4優出)
4 岩崎 芳美 7.33 (2優出1V)
5 遠藤 エミ 7.28 (3優出)

 

若松では13年女子リーグ(優出2着)、
17年男女ダブル戦(優出2着)、
17年一般戦(優出5着)、
17年ヴィーナスシリーズ(優出2着)に続く5回目の優出。

 

当地では準Vが3回もある落合選手。
明日こそ若松初Vとなるでしょうか。

 

明日の優勝戦は1号艇で登場。
予選2位でポールポジションが巡ってきました。

 

落合選手の優勝戦1号艇は、
11年住之江男女ダブル戦、
15年福岡一般戦、
18年平和島オールレディース、
18年江戸川男女ダブル戦に続いて
約1年9カ月ぶりで5回目

過去4走は1・1・2・5着です。

 

15年5月の福岡一般戦以来となる
約4年10カ月ぶりの優勝へ。

 

今期イン19戦17勝で1着率89%を誇る落合選手。
イン速攻でオールレディース初Vを狙います。

 



佐々木裕美選手は1・3・1・2・5・1・1・6・①着。
今節単独トップの5勝をあげて勝ち上がってきました。

 

これが1月の大村特別ヴィーナスシリーズ(優出3着)と
1月の常滑オールレディース(優出4着)に続く
今年3回目の優勝戦進出。

 

若松では10年オール女子戦(優出2着)、
11年オール女子戦(優出6着)、
12年女子リーグ(優勝)、
(※参照、https://ameblo.jp/womenleague-cafe/entry-11226127469.html
18年オールレディース(優出6着)に続く
5回目の優出となっています。

 

明日の優勝戦は2号艇で登場。

 

今期2コースは21戦6勝で1着率29%
上々の成績を残しておりチャンス充分でしょう。

 

今節ここまで9走で展示一番時計6本という
快速パワーでどんな攻めを見せるのか楽しみなところ。

 

【今節平均展示順位ベスト5】
1 宮本 紀美 1.43
2 西村美智子 1.56
2 黒澤めぐみ 1.56 (優勝戦3号艇)
4 武藤 綾子 1.71
5 佐々木裕美 1.78 (優勝戦2号艇)

 

また前節の鳴門レディースオールスターでFを切ったばかりですが、
今節は3本のゼロ台スタートを決めるなど
平均STコンマ14と果敢な踏み込みも見せており、
明日もまずはスリットに注目です。

 

昨年11月の徳山オールレディース以来となる
約4カ月ぶりの優勝を狙います。

 



黒澤めぐみ選手は1・5・2・1・5・3・6・1・①着。

 

13年11月のデビューから約6年4カ月、
待望の初優出を飾りました。

 

113期女子レーサーでは、
高田ひかる選手(14優出2V)と
西舘果里選手(1優出)に続いて
3人目の優出者となっています。

 

今節は急遽の追加斡旋だった黒澤選手。
初日1Rで4コースまくりを決めて好スタートを切り、
3日目には3コースまくりも披露。

 

そして今日はイン逃げと5コースまくり差しで
自身3回目となる一日2勝の大暴れ。

 

前々節の住之江特別ヴィーナスシリーズで
自己ベストの節間4勝をマークしたばかりですが、
今節もベストタイの4勝をあげる活躍を見せてきました。

 

明日の優勝戦は3号艇で登場。

 

今節9走で6本の展示一番時計を出す快速ぶりで、
センターまくりを2本決めているだけに、
デビュー初優出初Vを飾っても不思議ではない機力でしょう。

 

また優勝すればレディースチャンピオンへの優先切符も。
地元多摩川での大舞台へ勝負駆けに挑みます。

 



日高逸子選手は3・1・4・1・2・1・3・2・3・②着。
2日目後半からオール3連対で勝ち上がってきました。

 

日高選手はこれが待望の今年初優出
優勝した昨年12月の下関男女ダブル戦以来、
11節ぶりの優出となりました。

 

そして若松では通算23回目の優出とし、
女子最多記録をまたひとつ更新。

 

明日は88・89・90・98年女子リーグに続く
当地約22年ぶり5回目の優勝を狙います。

 

【若松優出回数ベスト5(女子)】
1 日高 逸子 23優出4V
2 寺田 千恵 19優出6V
3 山川美由紀 13優出4V
4 谷川 里江 12優出3V
5 佐藤 幸子 9優出2V
5 藤家 妙子 9優出1V

 

明日の優勝戦は4号艇で登場。

 

昨日からコンマ07、01、02、07
凄まじいスタートを連発しているだけに、
まずはどんな踏み込みを見せるのか注目でしょう。

 

【今節平均STベスト5】
1 宇野 弥生 ST.11 ST順1.75
2 鈴木 成美 ST.11 ST順2.25
3 日高 逸子 ST.12 ST順2.40
4 堀之内紀代子 ST.13 ST順1.89
5 池田 浩美 ST.13 ST順2.38

 

もし優勝となれば15年芦屋オールレディースと
18年福岡オールレディースに続くVで、
史上初の"福岡3場オールレディース制覇"です。

 

ちなみに先日の鳴門レディースオールスターでは
選手代表を務めた地元の岩崎芳美選手が
劇的な優勝を飾ったのが記憶に新しいところ。
今節は日高選手が"選手代表V"の流れを引き継ぐのでしょうか。

 



遠藤エミ選手は3・3・2・1・1・2・1・2・②着。
2連対率37位の低勝率モーターを立て直し、
オール3連対と底力を見せて勝ち上がってきました。

 

これがデビュー通算100優出の節目に。

 

【遠藤エミ選手 レース場別優出回数】
桐生⑤、戸田⑤、江戸川④、平和島④、多摩川④、
浜名湖②、蒲郡⑥、常滑②、津①、
三国②、びわこ⑩、住之江⑥、尼崎④、
鳴門④、丸亀⑧、
児島④、宮島④、徳山③、下関④、
若松③、芦屋②、福岡④、唐津④、大村⑤

 

今年は1月の多摩川正月レース(優出3着)と
1月の浜名湖一般戦(優出2着)に続く3回目の優出。

 

若松では12年オール女子戦(優出6着)と
13年女子リーグ(優出6着)に続く3回目の優出です。

 

もし優勝となれば若松初V。
V歴のある水面が19場に増えます。

 

明日の優勝戦は5号艇で登場。

 

明後日からF休み(3/24~4/22)を控えていることもあり、
今節は平均STコンマ21と自重ぎみの遠藤選手。
まずはスタートがカギになるでしょう。

 

昨年11月の桐生レディースチャレンジカップ以来となる
約4カ月ぶりの優勝を狙います。

 



藤崎小百合選手は1・5・2・1・4・4・②着。
今期3コース2着率48%の力を見せ、
準優で3コースから2着を獲って勝ち上がりに成功。

 

今節手にしたモーターは2連対率42位のワースト機でしたが、
見事に立て直して地元の期待に応えてきました。

 

これが1月の大村特別ヴィーナスシリーズ(優勝)と
2月の尼崎特別ヴィーナスシリーズ(優出6着)に続く
今年3回目の優勝戦進出。

 

若松では11年男女ダブル戦(優出3着)、
14年一般戦(優出5着)、
15年ヴィーナスシリーズ(優出2着)、
17年お盆レース(優出4着)、
17年男女ダブル戦(優出4着)に続く
6回目の優出となっています。

 

明日の優勝戦は6号艇で登場。

 

通算59優出9Vの実績がある藤崎選手ですが、
若松は6優出0V、芦屋は5優出0V、
福岡は5優出0Vでまだ福岡3場で優勝歴なし。
悲願の地元初Vを狙います。

 

 

 

 

というわけで優勝戦メンバーが出揃った
若松ナイターのオールレディース。

 

ちなみに若松女子レース最近10大会の
優勝戦結果を振り返っておくと、

 

16年3月 男女ダブル 藤堂 里香 2コース差し
16年5月 レディース 田口 節子 4コース差し
17年2月 男女ダブル 長嶋 万記 1コース逃げ
17年6月 ヴィーナス 川野 芽唯 1コース逃げ
17年9月 レディース 寺田 千恵 2コース抜き
17年12月 男女ダブル 深川麻奈美 6コース抜き
18年9月 レディース 小野 生奈 1コース逃げ
18年11月 男女ダブル 田口 節子 1コース逃げ
19年6月 ヴィーナス 守屋 美穂 1コース逃げ
19年8月 男女ダブル 海野ゆかり 1コース逃げ

 

インが10戦6勝で現在4連勝中です。

 

果たして19年度オールレディース最終戦は
どんな締めくくりとなるのでしょうか。

 

 

【若松オールレディース 歴代優勝者】
14年度 田口 節子(岡山)
15年度 寺田 千恵(岡山)
16年度 田口 節子(岡山)
17年度 寺田 千恵(岡山)
18年度 小野 生奈(福岡)
19年度 ?

 

 

 

 


【'20 女子賞金ランキング】 (3/22現在)
1↑平高 奈菜 10,412,000円 (今年1V)
2↓小野 生奈 10,288,000円
3↓岩崎 芳美 9,763,000円 (今年1V)
4 香川 素子 9,175,000円 (今年1V)
5 寺田 千恵 8,550,340円★(今年1V)
6 長嶋 万記▼8,217,000円
7↑守屋 美穂 7,244,000円 (今年1V)
8↓松本 晶恵▽7,103,000円 (今年1V)
9↓平山 智加 7,084,000円 (今年1V)
10↓喜多須杏奈 7,041,000円
11↓田口 節子▽7,022,000円 (今年1V)
12↑日高 逸子 6,806,000円
13↓土屋  南 6,755,000円
14↓大瀧明日香 6,719,000円
15 落合 直子 6,675,000円
16 若狭奈美子▼6,386,000円
17 宇野 弥生 6,377,340円★
18↑遠藤 エミ▽6,324,340円
19↓樋口由加里 6,149,000円
20 大山 千広▼6,099,000円 (今年1V)

26 佐々木裕美▽5,590,600円
27 藤崎小百合 5,582,680円(今年1V)
67 黒澤めぐみ 3,560,400円
(※★は今節若松出場メンバー。
 昨日より順位が上がった選手は↑、下がった選手は↓。
 ▼はF休み中、▽はF休み未消化)

 

【'20 優勝回数(女子)】
優勝5回 ――
優勝4回 ――
優勝3回 ――
優勝2回 ――
優勝1回 寺田、岩崎、中谷、香川、田口、藤崎、松本、平山、平高、櫻本、守屋、大山


【F休み中の女子レーサー】
寺島 美里 2/27~3/27
森岡 真希 2/28~3/28
野田なづき 2/28~3/28
吉田 杏美 3/8~4/6
山川美由紀 3/9~4/7
長嶋 万記 3/9~4/7
土屋 千明 3/9~4/7
塩崎 桐加 3/9~4/7
渡邉 優美 3/9~4/7
水野 望美 3/9~4/7
大山 千広 3/9~4/7
関野  文 3/9~4/7
生田波美音 3/13~4/11
若狭奈美子 3/19~4/17
孫崎 百世 3/19~4/17
西岡 育未 3/22~4/20
加藤  綾 3/9~5/7(FL、60日間)
米井 里実 2/10~5/9(F2、90日間)
濱崎寿里矢 3/18~5/16(F2、60日間)
野田部宏子 3/4~6/1(F2、90日間)

 

【F休み未消化の女子レーサー】
西坂 香松★3/24~4/22
遠藤 エミ★3/24~4/22
勝浦 真帆 3/30~4/28
松本 晶恵 3/31~4/29
中北  涼 3/31~4/29
柳澤 千春 4/7~5/6
中谷 朋子★4/7~6/5(F2、60日間)
三松 直美★4/7~5/6
大豆生田蒼 4/7~5/6
冨名腰桃奈★4/13~5/12
佐々木裕美★4/20~5/19
竹野 未華★4/20~5/19
道上 千夏 4/30~5/29
土屋実沙希 5/3~7/1(F2、60日間)
田口 節子 5/6~6/4
(※★は今節若松出場メンバー)