尼崎ヴィーナスシリーズ
準優日の5日目を迎えました。

 



(来田衣織選手)

(宮地佐季選手と水野望美選手の109期勢)

(前田紗希選手)

(塩崎桐加選手と小野真歩選手)

(中村かなえ選手)

(鈴木祐美子選手、津田裕絵選手、加藤綾選手)

(小池礼乃選手)

(西坂香松選手は1Rイン逃げで今節2勝目。
 今節は予選21位で惜しくも敗退となりましたが、
 次節7/17~22の地元丸亀ヴィーナスシリーズに向けて
 明日もリズム良く締めくくりたいところです)

(深見亜由美選手は4R2コース差しで2万舟を提供。
 昨日に続く連勝でデビュー通算6勝目をあげ、
 これが2コース初勝利、スロー初勝利となっています)

(島田なぎさ選手は1Rイン逃げで今節2勝目。
 ちなみにデビュー通算では97勝まできています)

(昨日6着6着で予選20位まで大きく後退し、
 準優進出を逃すまさかの結果となった高田ひかる選手。
 3Rイン逃げで意地の今節2勝目をマークです)

(小野真歩選手は7R5コースまくり差しで3万舟を提供。
 昨年11月の宮島戦以来となる1着で、
 デビュー通算8勝目となりました)

(予選19位で悔しい次点に終わった深川麻奈美選手。
 8Rイン逃げで今節2勝目を飾っています)

(中村桃佳選手は9Rで4コースまくり差し一閃。
 3日目から怒涛の5連勝とリズム上昇の一途だけに
 初日の妨害失格が悔やまれるばかりです)

 

 

 

さて今日のレース結果は、

 

1R ①西坂 香松 1コース逃げ
2R ①島田なぎさ 1コース逃げ
3R ①高田ひかる 1コース逃げ
4R ②深見亜由美 2コース差し (3連単25430円)
5R ④竹井 奈美 4コースまくり
6R ①西村美智子 1コース逃げ
7R ⑤小野 真歩 5コースまくり差し (3連単34620円)
8R ①深川麻奈美 1コース逃げ
9R ④中村 桃佳 4コースまくり差し
準優10R ①守屋 美穂 1コース逃げ
準優11R ①浜田亜理沙 1コース逃げ
準優12R ①竹井 奈美 1コース逃げ

 

【今節の部品交換状況】
若狭奈美子 ①リング1本、④キャリアボデー
真子奈津実 ⑤新プロペラ
宮地 佐季 ①新プロペラ
水野 望美 ①新プロペラ
竹野 未華 ⑤キャブレター
小野 真歩 ⑤新プロペラ
森田 太陽 ②電気一式・キャリアボデー
田中 博子 ④新プロペラ
(※○内の数字はシリーズ○日目)

 

【今節支部別1着回数】
福岡支部 17勝(竹井⑤、大橋栄③、深川②、真子②、藤崎①、小池①、竹野①、小野真①、森田①)
香川支部 10勝(中村桃⑤、西村美③、西坂②)
愛知支部 8勝(水野④、深見②、清水さ②)
埼玉支部 7勝(浜田③、島田②、中田②)
岡山支部 6勝(守屋⑤、若狭①)
三重支部 4勝(高田ひ②、加藤綾①、塩崎①)
滋賀支部 3勝(白石佳③)
広島支部 2勝(宮地①、新田有①)
山口支部 2勝(津田②)
群馬支部 1勝(今井裕①)

 

 

 

 

さっそく話題は準優勝戦へ。
3個レースの結果は以下のとおり。

 

【準優10R結果】
1着 ①守屋 美穂 1コース ST.15
2着 ③白石 佳江 3コース ST.12

3着 ⑤藤崎小百合 5コース ST.22
4着 ⑥若狭奈美子 6コース ST.13
5着 ②大橋栄里佳 2コース ST.15
6着 ④中田 夕貴 4コース ST.19
決まり手=逃げ

 

【準優11R結果】
1着 ①浜田亜理沙 1コース ST.16
2着 ②水野 望美 2コース ST.18

3着 ③西村美智子 3コース ST.18
4着 ④島田なぎさ 4コース ST.15
5着 ⑤津田 裕絵 5コース ST.14
6着 ⑥清水さくら 6コース ST.09
決まり手=逃げ

 

【準優12R結果】
1着 ①竹井 奈美 1コース ST.19
2着 ④塩崎 桐加 5コース ST.09

3着 ⑥小池 礼乃 4コース ST.09
4着 ②真子奈津実 2コース ST.19
5着 ⑤鈴木祐美子 6コース ST.10
6着 ③前田 紗希 3コース ST.22
決まり手=逃げ


10Rは①守屋選手がインから逃げ切って快勝。
③白石選手が3コースから握って回って2着に入り、
初日2連勝発進だった2人のワンツー態勢に。

 

11Rは①浜田選手がインから逃げ切り、
②水野選手が2マーク混戦をさばいて2着入線。
"6連単①②③④⑤⑥"の決着に。

 

12Rは①竹井選手がイン逃げ快勝。
2着には5コースから差した④塩崎選手が入り、
前節常滑一般戦の準優10Rを再現するワンツーに。

 

 

 

 

というわけで優勝戦のメンバーが決まりました。

 

【優勝戦12R出走表】
①竹井 奈美 (優出41回目、優勝3回)
②浜田亜理沙 (優出19回目、優勝3回)
③守屋 美穂 (優出53回目、優勝6回)
④水野 望美 (優出11回目、優勝1回)
⑤白石 佳江 (優出2回目)
⑥塩崎 桐加 (優出10回目、優勝2回)


A2級4人、B1級1人、B2級1人で
A1級不在の優勝戦に。

 

また今節は尼崎V歴のある選手が一人もいなかったため、
もちろん明日は誰が勝っても当地初優勝です。

 



2日目からの出場だった竹井奈美選手
1・1・1・2・2・1・①着でポールポジションに。

 

2日目からの出場組14人のなかで優出したのは竹井選手ただ一人。
初日から出場している選手たちに比べて
一日遅れて調整作業を始めるハンデがありながら、
圧巻のオール2連対でV戦線を引っ張ってきました。

 

これでびわこヴィーナスシリーズ(優出2着)、
桐生ヴィーナスシリーズ(優出4着)、
常滑一般戦(優勝)に続く近況4節連続優出に。

 

尼崎では16年ヴィーナスシリーズ(優出2着)以来、
2回目の優勝戦進出となっています。

 

明日の優勝戦は白いカポック1号艇で登場。
優勝戦1号艇は過去6回あり、
6・4・1・3・6・1着とやや苦戦ぎみ。

 

しかし前節の常滑一般戦で優勝戦1号艇に乗り、
インからコンマ02の弾丸ショットを決めて
道中接戦を制して1着を奪ったばかりです。

 

近況絶好調モードの竹井選手が
自身初の2節連続Vとなるのでしょうか。



浜田亜理沙選手は2・2・2・2・1・1・2・2・①着。
竹井選手と浜田選手の104期勢がともにオール2連対で勝ち上がり、
優勝戦内枠に並んで直接対決することになりました。

 

今節2人は2日目11Rの1・2号艇で対戦。
インの浜田選手を2コースの竹井選手が差し、
道中大接戦の末に竹井選手が1着というレースでした。
優勝戦は枠番を入れてのリターンマッチです。

 

浜田選手は3日目あたりから一段とパワーアップし、
4日目には1分49秒0の今節最速ラップを出すなど
上り調子の印象だけに楽しみなところ。

 

上がりタイムでもしのぎを削ってきた2人が
優勝戦でも一騎打ちのムードを漂わせています。

 

【今節上がりタイムベスト5】
1 浜田亜理沙 1:49.0(4日目8R)
2 竹井 奈美 1:49.3(5日目5R)
2 竹井 奈美 1:49.3(2日目5R)
4 竹井 奈美 1:49.4(5日目12R)

5 浜田亜理沙 1:49.6(3日目10R)
5 水野 望美 1:49.6(初日7R)

 

13年9月の桐生女子リーグを最後に
しばらく優勝から遠ざかっている浜田選手。
約4年10カ月ぶりの栄冠を狙います。



守屋美穂選手は準優をイン逃げで快勝。
これで準優1号艇は7連勝という見事な勝負強さです。

 

今節は1・1・1・5・2・2・1・2・①着。
開幕3連勝でシリーズ序盤を引っ張り、
その後もポイントを重ねてきっちり勝ち上がってきました。

 

優出は6月の浜名湖ヴィーナスシリーズ以来で4節ぶり。
今年5回目の優勝戦進出となりました。

 

尼崎では15年ヴィーナスシリーズ(優出2着)と
今年2月の男女ダブル戦(優出2着)に続いて3回目の優出。
今度こそ準V返上で頂点に立ちたいところです。

 

明日の優勝戦は3号艇で登場。
16年児島オールレディースでは
3コースまくりで優勝している守屋選手だけに
どんな攻めを見せてくるのか目が離せません。

 

昨日も書きましたが守屋選手の前回の優勝は
昨年7月13日の芦屋ヴィーナスシリーズ。
ちょうどピッタリ1年が経ちました。

 

今節一日順延で優勝戦が7月13日に変わったのも
何かの縁なのかもしれません。



水野望美選手は1・3・1・1・4・1・5・3・②着。
通算11回目の優出で、尼崎初優出となりました。

 

今年の優出はもう8回目という好調ぶり。
これは中谷選手と松本選手の9優出に次ぐ女子3位タイの数字です。

 

【18年優出回数ベスト5(女子)】
1 中谷 朋子 9優出5V
1 松本 晶恵 9優出1V
3 長嶋 万記 8優出2V
3 水野 望美 8優出1V
5 藤崎小百合 7優出3V
5 細川 裕子 7優出
5 落合 直子 7優出

 

明日の優勝戦は4号艇で登場。
今期に入ってから4~6コースは28戦0勝
ダッシュ戦でやや苦戦ぎみなのが気になるところ。

 

ただ今節に限ると、スロー発進ではスタートで
コンマ20台が4回とやや不安定なのに対し、
ダッシュ3走のSTはコンマ06、18、08と上々。
明日はカドから攻め手になる可能性充分でしょう。

 

4月の多摩川ヴィーナスシリーズに続く
通算2回目の優勝を狙います。



白石佳江選手は1・1・5・1・6・3・6・②着。
16年1月の大村「夢の初優勝男女W決定戦」(優出5着)以来、
自身2回目の優出を果たしました。

 

約1年6カ月ぶりの復帰戦だった
前節のびわこヴィーナスシリーズでは
2・2・6・4・5・3・5・2着と
惜しくも白星を奪えずに終わりましたが、

 

復帰2節目となった今節は初日からいきなり
イン逃げと2コースまくりで2連勝をマークする快走。
その後も随所で持ち前の積極果敢な攻めを見せ、
シリーズを大いに沸かせる存在となりました。

 

明日の優勝戦は5号艇で登場。
デビュー初Vへチャレンジします。

 

初日1Rでイン逃げを決めてオープニングカードを制した白石選手が、
最終日12Rのファイナルカードも仕留めるのでしょうか。



塩崎桐加選手は3・1・2・4・3・6・2・2・②着。
白星は初日11Rの4コースまくりだけですが、
要所できっちり着をまとめて優勝戦に進出してきました。

 

前々節の津男女ダブル戦(優出3着)は節間1勝、
前節の常滑一般戦(優出6着)は節間2勝で優出しており、
勝ち上がる術を身につけてきた印象も。
これで近況3節連続優出となっています。

 

明日の優勝戦は6号艇で登場。
15年11月の江戸川ヴィーナスシリーズと
今年1月の宮島男女ダブル戦に続く
3回目の優勝に向けて大外枠から挑みます。

 

 


というわけでいろいろあった尼崎ヴィーナスシリーズですが
いよいよ残すところあと1日に。

 

ちなみに最近の尼崎女子レース優勝戦を振り返ると、

 

15年1月 男女ダブル 鎌倉  涼 イン逃げ
15年1月 ヴィーナス 片岡 恵里 イン逃げ
15年2月 レディース 三浦 永理 イン逃げ
15年5月 レディース 池田 紫乃 2コース差し
16年1月 男女ダブル 宇野 弥生 イン逃げ
16年6月 ヴィーナス 遠藤 エミ イン逃げ
17年1月 男女ダブル 水口 由紀 イン逃げ
17年2月 レディース 長嶋 万記 イン逃げ
17年8月 レディース 中谷 朋子 イン逃げ
18年2月 男女ダブル 佐々木裕美 イン逃げ

 

インが10戦9勝と圧倒的に優勢。
2連単①②決着が実に7回もあります。

 

果たして明日は内枠の104期コンビがワンツーを決めるのか、
それとも中枠勢がセンタープールらしい決着を生むのか、
それとも外枠のB級勢が波乱の展開を作るのか。

 

見逃せない頂上決戦は発売締切16時25分の予定。
オーシャンカップ5R発売中の時間ですのでお見逃しなく。

 

 

 


【'18 女子賞金ランキング】 (7/12現在)
1 中村 桃佳 19,350,000円★
2 長嶋 万記 18,365,000円 ('13,16,17)
3 中谷 朋子 18,039,000円 ('12,16)
4 小野 生奈 17,997,532円 ('14,15,16,17)
5 藤崎小百合 17,393,866円★
6 松本 晶恵 17,039,000円 ('15,16,17)
7 細川 裕子 15,458,051円 ('17)
8 竹井 奈美 15,397,400円('16)
9 日高 逸子 15,039,000円 ('12,13,14,15,16)
10 遠藤 エミ 14,917,800円 ('15,16,17)
11 守屋 美穂 14,675,266円('13,14)
12 落合 直子 14,499,800円
13↑水野 望美 13,371,000円
14↓海野ゆかり 13,352,066円 ('13,14,16,17)
15 津田 裕絵 12,789,000円★
16 山川美由紀 11,885,584円 ('12,13,15,16,17)
17↑川野 芽唯 11,734,500円 ('15,17)
18↓寺田 千恵 11,677,000円 ('12,13,14,15,16,17)
19 森岡 真希 11,432,800円
20 宇野 弥生 11,358,000円 ('12)

27 浜田亜理沙  9,919,000円
35 塩崎 桐加  9,152,500円
190 白石 佳江    910,000円
(※★は今節尼崎出場メンバー。
 カッコ内はクイーンズクライマックス出場歴。
 昨日より順位が上がった選手は↑、下がった選手は↓。
 ▼はF休み中、▽はF休み未消化)


【F休み中の女子レーサー】
樋口由加里 6/15~7/14
西舘 果里 6/15~7/14
渡邉 優美 5/17~7/15(F2、60日間)
大山 千広 6/24~7/23
清水 沙樹 5/31~7/29(F2、60日間)
平川 香織 7/2~7/31
孫崎 百世 7/5~8/3
下野 京香 7/10~8/8
瀧川 千依 7/13~8/11
山本 梨菜 5/17~8/14(F2、90日間)
大豆生田蒼 6/6~9/3(F2、90日間)
平高 奈菜 3/12~9/7(F3、180日間)

 

【F休み未消化の女子レーサー】
野田部宏子★7/14~8/11
福岡 泉水 7/23~8/21
堀之内紀代子 7/26~8/24
西岡 育未 8/2~8/31
岩崎 芳美 8/6~9/4
向井 美鈴 8/6~9/4
田口 節子 8/6~9/4
金田 幸子 8/6~9/4
高田ひかる★8/6~9/4
倉持 莉々 8/16~9/14
森下 愛梨 8/16~9/14
松瀬 弘美 8/23~9/21
新田 有理 8/25~9/23
(※★は今節尼崎出場メンバー)

 

【女子レース斡旋停止】
藤原 菜希 4/12~10/11(6カ月間)
今井 美亜 4/21~10/20(6カ月間)