シングルマザー、住宅ローンを組むには年収いくら必要? | 離婚とお金の悩みから卒業!安心して子育てしたい女性のための「お金のルール」

離婚とお金の悩みから卒業!安心して子育てしたい女性のための「お金のルール」

離婚を経験したシングルマザーFPが「お金」「離婚」「子育て」「仕事」の不安にお答えします


テーマ:
 
 
 
こんにちは!
ファイナンシャルプランナーの
久保田あきです。
 
 
 
新学期、毎日弁当作りの
日々が始まりました汗
 
 
中3になった息子、
弁当箱がまあデカい!!
 
 
入れても入れても
いっぱいにならない!!
 
 
とはいえ、昼ごはん代で
1000円とか要求されるのもツライえーん
 
 
日々、量高くて安いおかずを
模索しています…
 
 
 
****
 
 
 
さて、不定期開催、
メルマガ読者さんからの
質問にお答えするコーナーゲラゲラゲラゲラ
 
 

今回のご質問は
「シングルマザーですが
年収がいくらあれば
住宅ローンが組めますか?」
 
 
 
 
 
 
<お答え>
 
シングルマザーさんで
住宅ローンを組んでらっしゃる方、
私のお客さまにも
多くいらっしゃいます。
 
 
離婚の際にそれまで住んでいた家の
ローンを自分名義で組んだ方、
新たに家を購入された方も。
 

では、住宅ローンを組むには
年収がいくら必要か?
ですが、
 
はっきり
「いくらから」
というのはありません。
 

というのも
銀行で融資が通るかどうかは
年収だけでなく
いろんな要素をチェックされるからです。
 

・年収に対する返済の比率はどれくらい?
・他にローンはないか?
・今の職場は勤続何年?
・一部上場企業?中小企業?
・買おうとしている不動産の価値は?
・いくら頭金を入れられる?
などなど。
 
 
銀行によっても基準が違います。
一般的に、
大手都銀や金利が低いネット銀行は
審査がきびしめ、
地銀や信用金庫の方がゆるめと言えます。
 

勤続年数が少なくても
看護師や教員免許など
持っている資格や職種によって
ローン審査が通ることも。
 

なので、一番確実なのは
お近くの信用金庫などで
 
「住宅購入を考えているんですが
いくらまでならローンが組めますか?」
 
と聞いてみることです。
 
 
 
 
 
 
とはいえ、
「何か自分で分かる目安は?」
というのも知りたいところですよね。
 

年収にもよりますが
だいたい30%くらいの
返済率であれば、
ローンを組める事が多いです。
 
 
例えば、
 
・年収350万円
・年齢40歳
 
の方が、
 
・変動金利0.8%
・65歳まで25年ローン
 
とすると、
 
毎月返済額:8.5万円
(ボーナス払いなし)
返済比率:30%
借入額:2300万円
 
なので2300万円まで
借り入れできるということになります。
 
※金利や条件は銀行によって違います。
 
 
 
とはいえ、
注意しないといけないのは
「借り入れできる」のと
「無理なく返せる」は
は別だということ!

 

いくら借入できても
返せなくなっては大変ですので
FP的には
 
「手取りの25%~30%まで」
「現在の家賃から、
修繕積立金や税金分など引いた額まで」
 
が安心な借入額と言えます。
 
 
例えば、
 
・現在の家賃が8万円
・年齢40歳
 
の方が
 
・変動金利0.8%
・65歳まで25年ローン
・修繕積立金や固定資産税で月3万円かかる
 
物件を買うとすると
 
毎月返済額:5万円
(ボーナス払いなし)
借入額:1350万円
 
ですので、
今の住居費と変わらず住宅ローンを組むなら
1350万円まで、
ということになります。
 
 
他にも、
諸費用や引越し代などで
物件の約5%~10%のお金が
必要となりますので
その点もお忘れないように。
 
 

このような形で、
「無理なく買えるのは
いくらくらいの物件なのかな?」
の見当をつけてから
物件を探すと良いですね。
 
 
 
それでは平成最後の1か月、
元気に過ごしましょうね~爆笑
 
 
 
 
 
 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

 

 

離婚を考えている女性のために

7日間の無料メールレッスンを配信しています。

登録はこちらへどうぞ。

矢印矢印矢印

 

子育てと暮らしに役立つお金の情報を

無料でお届けしています。

登録はこちらへどうぞ。

矢印矢印矢印

 

 

サービスメニューマネー講座プロフィールお客さまの声お問い合わせ

 

ファイナンシャルプランナー 久保田 あきさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります