ガンマ、サス・カスタム フロントフォーク編 & チャック・マンジョーネ | あつあげのブログ

あつあげのブログ

70's,80'sの洋楽、Jazz、フュージョン等昔の名曲を紹介します。僕がいいなと思った曲をチョイス♪そんな独断的なブログです。
あとイラストも描いてます。


テーマ:
 
こんばんは~、あつあげです。ご訪問ありがとうございます。

今日は時間が無かったのでモノクロで仕上げました。(過去絵ですが(;^_^A)

今日の記事はガンマ仲間が※SPフォークとオーリンズリアサスに変えたのに触発されて僕も変える事にした時の事です。
 
(※ SPフォークとは、SP=スポーツプロダクションと言うカテゴリーのレースが当時あり、レース用にサスの減衰調整を出来る様にしたレース対応のサスペンションです。)


おねえさん 1

























 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここ最近会社が忙しく、(9月まで)連日激務が続いている。
それで資金の方も行けそうなので、電撃ガンマ・サス・カスタム計画を実行する事にした
それでR&RにSPサスとオーリンズ・リアサスを頼みに行った。(3回払い)

SPサス











 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

リアサスー1













 
 
 
 
 
 
 
 
 



 
 
 


リアサスー2















リアサスー3












 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
しかしSPサスアッシーは既に廃盤に成っていてインナーパーツでのみ取るしかない。(インナー・チューブ、ダンパー・カートリッジ、アジャスター、オイルシール等)アウターチューブも廃盤に成っていた
 
SPサスー2
 
 














 
 
 
 
 
 
 
 
 


しょうがないので今のサスをバラして、2個1で造るしかない
僕にこの大仕事は本当に大丈夫なのか

ガンマは既に底無し沼に入ってしまった
 
 
僕は気が短いのか、もう少し話がまとまってから書き込みすればいいのに、事有る毎に書いてしまう
そんな訳でガンマSPフォーク・インナーパーツ入荷しました。
 
SPフォーク・インナーパーツ
 














 
 
 
 
 
 
 
 


SPフォーク、パーツリスト










 
 
 
 
 
 
 



 
 
 
未だ欠品もありそうオイルシールは別のパーツが来てしまった

問題はFサスをとった後の車体をどう支えて置くかだ。
一応自在キャスター×4ヶと20mm厚の板を買ってあるので自家製キャスターに車体を載せてしまっておく積もり
 
 
今日からうちは夏休み。今日は夜勤明けではあるがAM9:00起床、家の掃除を済ませガンマのFフォークを抜くため、暑くて汗だくになりながら
専用の台車作成から始めた。(画像ナシ)
 
 
明日赤城、榛名山ツーを控えているのでアプの整備もしながらガンマのフォーク抜きをした
フォークキャップボルトを抜く段になってこのサイズのソケットが無く、買出しに行ったが元がでかすぎて使えなかった

現在の状況:フォークを抜いた、車体はメンテスタンド、台車、ジャッキで保持されています。
もう直ぐSPサスが着くぞ~
 
昨日(8/9)赤城、榛名山ツーリングは天候不順で見送りに成ってしまった。
そんな訳で朝はのんびり寝て、AM11:00からウルフの整備をした。
訳有りでいろいろ弄ってやっと完成ウルフが動かないと買い物に行くにもTIIDAを出さなければ成らなく面倒臭いのだ

ウルフが治り使えなかった32mmディープ・ソケットの代わりを買いにホームセンターへ行った。
ラチェット・ハンドルの19mm>12.7mmアダプター成る物がありこれを買った(\2,000-)。
(うちのラチェットハンドルは12,7mmで19mmが使えなかった
 
ガンマサス 1
 
 
 











 
 
  
 
 
 
 
 
 
 ガンマサス 2













 
 
 
 
 
 
 
 
次にぶち当たった壁はスプリングを如何に縮めるかだった。
良くHPに出てくる“やぐら”みたいのを造るかとも考えた。
しかし自前の“がらくた”で行けそうな気がしてやってみたら巧く行った

ガンマサス 3











 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
SPのインナーチューブとSP用ダンパー・カートリッジ、アジャスター等を組み、フォークオイルを入れるところ。(家にある傘立てを使用。
 
    ガンマサス 5
 
 
 
 
 













 
 
 
 
一応完成。(画像がみんなピンボケだ
先ず大まかに作業の流れを言うと、
1 Fホイール、フェンダーを外しトップブリッジ、ハンドルのクランプボルト緩める。(アンダーステムは締めたまま)

2 フォーク・キャップを32mmディープ・ソケットで緩める(KTC製\2,500)
アンダー・ステムを緩めてフォークを抜く。

3 スプリングを縮じめる。僕は2番目の画像の方法で縮じめた。

4 イニシャル・アジャスターを22mmソケットで外す。

5 ダンパー・ホルダーからフォーク・キャップを切り離す。(17mmレンチと32mmソケットで緩める)

6 ダストシール、オイルシール・ストッパを外しアウターチューブとインナーチューブを切り離す。(手でパンパンやると外れる

7 インナーチューブからダストシール、オイルシール・ストッパ、オイルシール、オイルシールスペーサー、スライド・メタル、ガイドブッシュを外して洗浄する。

8 SP用インナーチューブに外したものを順番通り組む。(オイルシールは今回再使用した。傷が付かない様にビニールテープをインナーチューブに貼り、外す時と組む時にやった。)

9 SP用ダンパー・カートリッジをインナーチューブにボルトで固定する。(ネジ・ロック使用)

10 アウターチューブにSP用インナーチューブを入れる。(オイルシールを規定位置まで押し込む。オイルシールストッパ・リングを嵌める。)

11 スプリング、スプリング・スペーサーを入れてまたスプリングを縮じめる。

12 規定のオイルを規定量入れる。僕はカワサキのフォークオイル、倒立用KHL15-10(\1,890-)にした。458cc入れる、油面109mm。

13 ダンパーカートリッジにSP用ダンパーホルダーを締め付ける。フォーク・キャップも締め付ける。イニシャル・アジャスター・ピン、イニシャル・アジャスターを22mmソケットで締め付ける。ダンパー・ホルダーにクリップ・リングを嵌める。

14 アウター・チューブにフォーク・キャップを32mmソケットで締め付けて完成。
 

120202 ナップス幸浦
















 
 

 
 
 
この日は(日を跨いでしまった)ここでエネルギー切れで終了
家はベランダから廊下、部屋までパーツと工具でごった返しです
自己流なので真似しなで下さい、参考程度に。

バイク屋さんて大変な商売ですね
 
 
 
ガンマで名栗峠を走った時の動画です。 14 05 24 名栗峠

今日の選曲はチャック・マンジョーネで you're the best there is をどうぞ音符


 
 
 
ブログランキング宜しくお願いしますおねがい

イラストランキング

あつあげさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス