愛犬と温活ハーブボール★ドライとウェットの違い | 動物と人の自然療法『Wof!の毎日』

動物と人の自然療法『Wof!の毎日』

飼い主さまとペットのための植物療法。
家庭でできるハーブ・アロマ・ナチュラルケアで心も身体も健康に♪
わんこと私のしあわせ療法を提案しています♥

昨日のハーブボールってどんなもの? の続きです。
そちらからお読みいただくとより分かりやすいかと思います。

 



一般的に流通しているハーブボールは蒸して使うウェットタイプ。

蒸して使うことによってこれから来る乾燥の季節には
心地よい暖かさと香りに加えて潤いを与えてくれます。

湯気がふわふわと上っていくのもビジュアル的に癒されます。
 

ただし、「ハーブボールはすごくいいけれど、忙しい日常ではなかなか使えない。(使う気にならない)」という方も周囲に少なくなくて。。。。

というのは、蒸すことによってのデメリットも大きかったんです。

①準備に時間がかかる。
カッチカチになるまで詰め込んだハーブに水分が十分に含まれるまで蒸す必要があります。 基本は蒸し器で蒸します。
10~15分ほど水に漬けて、レンジでチンするという使い方もあります。
 

②使用回数は5回程度
毎回蒸して香りを飛ばすので、香りがなくなったら終わりです。

使用後は水分を含んでいるので、カビないように保管の注意が必要。 → またすぐに使う場合は冷蔵庫へ。しばらく使わない場合は冷凍庫へ。

 

水分を含むため、犬猫の場合は被毛も軽く湿ります。
 よって使用後、湿った箇所を乾かさないとそこから冷えてしまう。
 

これらのデメリット解消をねらったのが ドライタイプのハーブボール!!


 

下準備の必要がないので、レンジで約1分ですぐに使えます。

蒸さないので、5回と言わず、何度も繰り返し使えます。
 メンテナンスをすれば、永久とは言いませんが、かなりの回数使えると思います。(私が作ったものはすでに50回以上使っています。)

簡単に作り直せるし!!

 

水分を使わないので、保管はある程度冷めてから(使っているうちに冷めます) チャック付ビニール袋に入れて常温保管でOK。
10秒かかりません。笑

 

犬猫の被毛は濡れないので乾かす必要も冷える心配もありません照れ

 

わんこの順番待ち、できちゃうくらい。チュー

 

さらに言うと、好きな香りを追加することができるので、
自分好みの癒し効果たっぷりなハーブボールになります。
そのための秘密の工夫もしております音譜ウインク

 



自分で作ると愛着がわく~♪というご感想も。
すでに職場の人が気に入ったので、キットが欲しいとのリクエストもいくつか。照れ

ほんのちょっとの手間で取り入れられるのがナチュラルホームケアでは大切なこと。
私自身が実際に使っていて「良いな。紹介したいな。」と思うものをお伝えしています。

人&わんこだけでなく
にゃんこさんや 鳥さんにも 広がっています。

*わんこ以外の動物さんに使いたい場合は申告していただけると助かります!
 

 

11/23(土) 豊島区雑司ヶ谷で開催予定。
レンジで1分!簡単温熱療法♪ 

ドライハーブボールケア ワークショップ

使いこなし術シリーズ第4弾のこの講座では
ハーブボール作成プラス生活に取り入れやすい和のアロマについてもフォーカスしています。
これがまた 思いもよらないもののようで、かなり好評なのです。
チュー

 

 

詳細・お申込みはこちら → Click★

お席が少なくなってまいりました!!ニコ

 

 

カウンセリング・施術・講座など仕事内容につきましては HPをご覧ください。

 飼い主さまとペットのためのフィトセラピーWof!
http://wof-life.com

お問い合わせはこちら →Click★