お久しぶりです。

 

 

ご無沙汰しています。新型コロナがなかなか収まる気配を見せませんが、いかがお過ごしでしょうか?

 

今回は、【将棋フォーカス」でNHK杯の解説があった、屋敷九段と山本四段の対局から詰みを考えてみましょう。

 

既にご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、みなさんとご一緒に正解を導き出せたらいいな(正解までは解説がなかったので一所懸命、見い出しました)と思います。

 

山本四段には、う~悔しい・・・(*_*;

 

放送日:2020年8月23日

先手:屋敷伸之九段

後手:山本博志四段

 

 

【次の一手】

 

 先手69玉まで。 後手番。

 

 

私も事前に正解を承知している訳ではないのでご承知願います。

そこで、私が浮かんだ【詰み手順】をのち程記述します。

 

 

生ビール 片手にお気楽にどおぞ(^^♪

 

正解を見つけたあなたは素晴らしい。



ホント惜しい笑い泣き

 

秒読みに追われたのかなぁ?



▶95手目66角打ち

先手、山本四段は、

「眼から火が出る王手飛車」もあったりしました。

勝ちを意識したのではないでしょうか?




 

【私が考えた詰み手順】

☖79金打ち

☗59玉

☖48歩成

☗68玉

☖78金(下図)

☗同角

☖77桂成

☗69(又は79)玉

☖78成桂

まで9手詰め。

 

5手目☖78金が好手でしょうかね。

 

<図> 

 

 

 他にも「詰み手順」を見つけたという方は、お気軽にコメントやご感想をお寄せいただければ嬉しく思います。

なお、次にShogiguiによる解析を掲示します。

 

 

Shogiguiによる解析

▶最善手:196手目79金打ち(下図)。

 

ただし、本譜は☖75馬でした。

いったん、手を戻したのが運命の分かれ道となり、折角つかみかかった勝ちを逸してしまいました。

 

 

形勢判断グラフ(Shogigui+水晶2)では後手に勝勢のような途中経過も天と地のように大逆転を示していますね。

一手が惜しまれるけど、短い持ち時間の中では仕方ないのではないでしょうか。

 

 

コーヒー お知らせ

2020年10月、ホームページ【小太刀の迷手】では、将棋ソフト・水匠2から[YaneuraOu_NNUE_m-avx2.exe](やねうら) を解析ソフト・Shogiguiに次のとおり追加しています。

2020年5月3日、5月4日に行われた世界コンピュータ将棋オンライン大会で使用した評価関数+探索部を「水匠2」として公開いたしました。興味のある方は遊んでみていただければ幸いです。https://t.co/xu4GgUgHw9 — たややん@水匠(COM将棋) (@tayayan_ts) May 4, 2020

 

 

 

ご感想などお気軽にどおぞ。楽しみにお待ちしています。

 

 

【棋譜】

初手から終局までごゆっくりお楽しみください。

※2,3日noikeは大規模改変のため休止しています。タイミングが悪くてすいません。)

https://noike.info/kifup/2020/10/2020-10-18--19-22-45--613802/index.html

 

 

 

最後までお目を通してくださり有難うございました。

 

また、時々折を見てはアップさせていただきます。

よろしくお願いします。

 

 

では、ごきげんよう(^_-)-☆