久しぶりの日記というか体験談。

てか韓国に友達もいるのに休日合わない休み合わないで、全然遊べなくてせっかくの休日も1人。(笑)

仕事中は日本語しか使わないし、休日もこんなんだと韓国語能力全然伸びない。。。韓国来て1ヶ月経ったけど全然成長見えなくてあせるし、友達欲しいーーーえーんえーんえーんえーんえーん


毎週毎週アプリでいろいろ交流はあるんだけど会うってなった時に怖気ついて(笑)変な人だったらどうしようってモチャモチャしてるうちに疎遠になってく。。。。滝汗滝汗滝汗滝汗


んんんんーー外国の生活はこんなものなのでしょうか。。。誰か外国生活経験者の読者の方いたらアドバイスくださーい

(1人しかいないけど。。)
てか韓国来てから胃の調子おかしい真顔
絶対腹壊してんなこれ




ということで前置き長くなったんですけど、韓国のワーホリきてからすぐ、私は宗教勧誘にあいました!

ワーホリ前にも韓国には7、8回来ててしかもホンデだったんで。。。最初は疑いもせず普通についてったんですけど、あとあとむむ??って感じしました。(笑)


ことの発端は、ホンデのあの有名な観光客通り?(笑)の少し外れたところを一人で歩いてたんです。その日もともと友達だったアメリカ人の友達と遊んでその帰りでした。

韓国語通じなくてワーホリきて早々落ち込んで、ゲストハウスもなんといいますか長期滞在の仲間の輪みたいなのがあって馴染めないし居場所ないと思って結構落ち込んでたんですよね






で、歩いて帰ってたら急に前から来た女の子2人に声をかけられて"スタイルナンダってどこにあるかわかりますか?"って言われたんですよ。






そもそもファッションにも疎いしわかりませーんっていってその韓国語がいかにも日本人の喋る韓国語で日本語しゃべれる!っと思ったら嬉しくてとっさに日本の方ですか〜??って聞いたんですね。





そしたらそうですーってなってそこで少し話が弾んで"実は私たち韓国の文化を観光客の方にお伝えするボランティアみたいなのやってて今から場所変えてやるんですけど来ませんか〜?"と言われたわけです。


  



私もそのあとやることなかったし、まぁ暇つぶしに行こうかな〜ということで行ってみることに!






で京畿道よりの文化体験の場所に移動して、いろいろ説明されるわけです。。





名前は忘れたんですけど、一生に一度の儀式らしく、なぜそれを行うか、どういう経路でその儀式が始まったのかなど、由来を教えられました。


して、後から紙に家族の名前と住所と願い事を書いてもらうって言われて、、自分の名前ならまだしも家族の名前と日本の住所って怖くないですか!?!?笑い泣き笑い泣き


今までに私結構なんどもその宗教系の類に縁あってそういうのにはかなり用心深くなってます。なのでそこははっきりちょっと怖いので教えられませんって言ったんですけどね。(笑)



一応事情説明するとわかってくれるみたい。(笑)


そしてから、その団体で用意してる韓服に着替えて、儀式が始まります。
あの、韓国の伝統的な挨拶の仕方あるじゃないですか!?よく宮廷ドラマとかで王様に挨拶したりするときに立ちの姿勢からあぐらして挨拶して〜みたいなやつですね 何通りもあるみたいで、それを教えてもらっていざ始まります!

結構汗かきます。(笑)ニヤニヤ

終わったら最初に住所とか名前とか書いた紙を燃やして終わり。


そのあとは果物やクッキーなどをみんなで食べて解散。悪い人たちの集まりって感じはしないんですけど、やっぱり宗教的な感じのやつなんだなぁーと。

該当者たちは宗教ではないと言ってましたけどね!でも素人がはたから見たらそう感じると思います。


解散する前に任意の募金もあります。
だらせんだけ募金しときました。

その募金でそのような儀式を行うことができたり、果物や食べ物を買うことができるんだそう。

その時はカカオトークも教えたんですけど、毎日生活慣れましたか〜みたいな軽いラインと、いついつまたこの間みたいな文化体験あるんですけど来ませんか〜??って来るんですね



最終的にはブロックしましたけど、まぁそんなこともありましたよ

でも韓国でそういうことあるとは想像もしてなかったんです。なんせ今まで韓国来ててそんなことなかったし。(笑)


でも私が思うのはモロ日本人の格好もろ観光客って感じの雰囲気出してると声かけられると思います。
昔は韓国にかぶれて服から何から化粧から何からぜーんぶ韓国!って感じだったんですけど年が経つにつれて全然そんな感じなしに行ってたんで、
こいつなら釣れそうとか思われたんでしょうね。お願い



そういうのもあって、あとホンデの、客引き日本人と思われるとマジでめんどくさいっていうのもあって次の日韓国コスメ買って馴染むための努力しました。えーんえーんえーんえーん


そんなこともありましたので皆さんもお気をつけください