今日はレンズについてもう少し
わかりやすく書きますね。
 ヽ(*^_^*)*(*^_^*)丿

 

11月は、物件写真について書いて
います。

 


今日も開封してくださって

ありがとうございます☆彡 


45340713_1046883568849112_7302359845414371328_n.jpg

 

このメルマガは、空室が埋まらない
悩みを持つ大家さん

空室が埋まるノウハウと写真を
紹介するメルマガです。

 

メルマガを読んで、是非
満室大家さんをキープ
してくださいね☆彡 

 

 

あらためまして

フィーリングリフォーム(R)
空室対策 いつも明るく元気な
満室カメラマン
福明美津枝です!
ヽ(*^_^*)*(*^_^*)丿


満室にすることにこだわり物件写真を撮っています!


昨日は、いきなりカメラの機材
レンズについて書きました。


 


わかりにくかったでしょうか?


 


わかりにくいですよね。
私も,???


 


まず、
写真は一眼レフカメラ、
ミラーレスカメラなど


レンズ交換できるカメラの場合は
撮りたいものに合うレンズを
選ぶことが重要なんですよねぇ。


 


特に、物件写真は
より広く見えるように撮りたい
のが大家さんの心情です。


 


で、
超広角レンズをおススメしました。


 


と、その前に
カメラのレンズは、


「単焦点レンズ」


「ズームレンズ」


の2種類あります。


 


そして、それぞれ


「広角レンズ」


「標準レンズ」


「望遠レンズ」



「マクロレンズ」


「魚眼レンズ」


などにわかれてあります。


 


レンズがたくさんわかれているのは
被写体=モデル=撮るもの
シーンによって使い分けする
からです。


 


???ですね。


 


物件写真で使うレンズは
より広く撮ることができる


広角レンズ、
超広角レンズを使う事で
物件をより広く撮ることが
できます。


 


望遠レンズは、遠くのモノを
撮ることに向いているレンズです。


広角レンズと望遠レンズの
間が標準レンズになります。


人物のポートレート写真は
中望遠レンズが向いています。


 


わかりにくかったので
実際の写真を出しますね。


 


冒頭のiPhone6+で撮った
物件写真がこちらです。
45329723_2178288975538112_4637017336107237376_n.jpg


 


スマホは、広角レンズが入っているので
1.明るく撮る


2.水平垂直を通してキレイに撮る


3.より広く撮る


を、守る事でキレイに撮ることが出来ます。


 


広角レンズは、○○㎜の小さい数字ほど
広角になります。


Eos5DMark4に24㎜をつけて同じ場所
から撮影したのが、こちらになります。
45437995_2178295258870817_5007950825121644544_n.jpg


 


三脚を使って、全く同じ位置と
高さで撮りました。


 


IMG_6958.JPG


 


超広角レンズは10-18㎜の10㎜で
センサーサイズがAPS-Cで撮りましたので
約1.6倍


EosKissX9に16㎜で撮りました。


45353095_2178295265537483_7741089569289797632_n.jpg


三脚を使って、全く同じ位置と
高さで撮りました。


が、


カメラボディはそれぞれ違います。


6N6A4070.JPG


 


 超広角レンズ10-18㎜のレンズの方が
24㎜よりもコスパが優れています。


 


大家さんの味方、ウチコミさんでも
推奨していました。


この超広角レンズ10-18㎜のレンズは
同じキャノンでも、フルサイズ用の
24㎜につけたEos5DMark4には
対応していないので撮れません。


このあたりが、???で写真って
わかりにくいなぁ…という部分ですね。


 


もし、
カメラとレンズを購入する場合は
同じメーカーでも対応していない
場合があるので注意が必要です。


 


とはい、


物件写真は超広角レンズが
広く撮れるので、20㎜未満の
レンズを選ぶ事をおススメします。


 


ちなみに、50㎜のレンズを使うと
こんな感じ…物件写真としては失格!
45263842_2178295318870811_7639450890511843328_n.jpg


 


ただし、
50mmというレンズは、
広角と望遠の中間です。



つまり50mmの特徴を一言で言うと
自然」です。


50mmという画角=レンズは
人間の視界の見え方に最も近いと
言われています。


 


私は、
写真のスタートがポートレート写真
でした。


50才の鏡に映る自分に近い写真
「自然」に近い写真に魅了されて
一眼レフ写真で撮り始めました。


2017.08.28.Before.jpg


 


スマホカメラの鼻が大きく写る
超広角レンズに写る自分も


アプリで目と肌を画処理した
自分の写真も嫌いでした。


 


空室対策のスキルを身につけ
物件写真を研究するうちに


人物=ポートレート写真も
物件写真も同じだという事に
気づきました。


 


2018.10.19満室カメラマン..png



私は、物件写真もより「自然」に
見えるように撮影しています。


 


何故ならば、実際と写真が
自然にリンクする事が重要だと
考えるからです。



特に物件写真は、入居者さんが
写真をみて、内見してお申込みを
頂く写真です。



不自然であってはならないと
考えています。


 


物件写真に合うレンズは20㎜未満の
超広角レンズです。



人物は50㎜、85㎜の標準レンズか
中望遠レンズが圧縮効果でキレイに
撮れます!


 


参考にしてくださいね。


 


 


 


大家さんの空室を埋める写真.png


 


 


【購入の注意!】


カメラが欲しくなった、
カメラの事を
全く知らない大家さん!


 


レンズ交換できるタイプの
カメラは


同じメーカーでも
カメラに対応している
レンズなのか?


よく、


店頭またはメーカーに
問合せてから購入してくださいね!




 

 

 

明日もまた、明るくなることを
紹介しますね。 

 

 



いつも明るくニコニコ元気が一番!
ヽ(*^_^*)*(*^_^*)丿


 



 

 


空室を埋めたお部屋が


954室になりました!

おめでとうございます☆彡 


.2018.10.31.954室.jpg


 



 


◆フィーリングリフォーム(R)空室対策とは


フィーリングリフォーム®とは? (1).png


 


私は母の築古物件を
満室にした2代目大家です。

 

母は80才を過ぎて安くはない額で
1975年築の貸家を

私ばかりか、妹まで連帯保証人にして
購入しました。
(反対すると秘密にする始末の悪さ…)

購入後は、母の勝手な思い込みのまま
多額のリフォームを行ないました。


IMG_9014.JPG

 

そこまでした物件は家族の予想通り
繁忙期なのに埋まらない状況に…

 

私は不安と恐怖を感じて
カメラマンをしていた時に起業家の
集まる集客Ⓡで一緒になった

フィーリングリフォーム®創始者、
空室対策コンサルタント山岸加奈さん

空室対策コンサルティングアカデミーに

参加しました。

 

 

繁忙期にかかわらず埋まらない状況に

いつしか母は

こんな家、私も住みたくない!」


と、前の持ち主まで批判するように
なりました。

 

 

私は
すごく悲しい気持ちになりました。

 

なぜならば、私は
母が欲しいというので連帯保証人になり

 

空室が埋まらない事を予想して
空室対策アカデミーに参加して
頑張っていたからです!

 

 

満室達成して
母はとても喜び「こんな…」を
言わなくなりました。


 

 

最高の物件を購入出来れば、
母も、私もうれしい!
すごく素敵なことです。

 



では、
最高の物件を購入できる方は

どの位いるのでしょうか?



ならば、
選んだ物件を
満室最高!に出来
れば、
どんなに素敵な事でしょう!







 





 

母のような大家さん、投資家さんは
とても多い事に気がつきました。

 


どのお部屋もキレイに貸し出せる状況
なのに「こんな…」という(涙!)

 

 

家族のために購入した大家さんに
心優しい気持ちを思い出してほしい!


そう想い、私は満室達成後も少しでも
満室最高!に近づくように


空室対策のスキルを発揮して

物件写真を撮っています!


個別相談会 


満室カメラマン8%2F10.png