2017年11月17日(金)6日目

そう言えば、
手術前にこれまでの症状を分かる範囲で、ノートの紙にまとめて先生に渡しました。
先生の質問に答えられない自分が情けないのと、娘の為に出来る事、私にしか出来ない事はそんな事でした。

娘の腫瘍は左にあるので右に影響が出るそうです。
その他に後頭葉は目にダメージが出るようで、腫瘍は全摘できますが、右目の半分は見えなくなります。と言われました。
しかし、お子さんはまだ小さいので、今見えなくなってもかなり順応できると思います。
と言われました。

命があるなら、何でもいいです。
逆に視力だけに済んで良かったと思っています。
娘の命を救う事しか考えていませんから。

朝ICUから病棟の個室に戻って来ました。
じじ、ばばも昨日はホテルに泊まって、娘の
無事を見届けてから帰って行きました。

娘の様子はかなりぐったりしています。
もう不安しかない。少し期待しすぎたのか、よけいに怖くなりました。
しかし夜になると目を覚まし、少しですが変化がみられました。
お話もゆっくりで声は震えていますが、しっかり出来ています。

痛みで何度も目が覚めますが、すぐにナースコールして、痛み止めで楽にしてもらって、ゆっくり休んで欲しいそれだけです。

脳の腫瘍が取れたら痛みも無くなると思っていましたが、そんな訳ないですよね。
術後の痛みなのか、未だ手のつけられていない脊髄や播種のせいなのか、体を動かす事はかなり痛そうで、オムツを替えるのも痛そうで可哀想でした。

手だけはモゾモゾと震える手で、自分の顔や点滴の管やわたしを触ったりしていました。
自分の身に何が起きてるのか分かってないので、どんな気持ちだったのかなぁ。

もう少し大きかったら、もっと自分の気持ち言えるんだろうなぁ。

まずは痛みを消してあげて、早く楽にしてあげたい。
今はずっとそばにいて、自分ができる事を精一杯やるしかない。
と言いつつも、風邪引いたっぽく最悪だぁガーン
本当自分そうゆう所だよ👊と思うガーン