伊藤史子(いとうふみこ)です。

 

満席にならなかったときに考えること

※2017年11月28日のブログを加筆修正しています。

 

 

お茶会やワークショップ。

セミナーや講座。

 

 

満席にしたいですよね。

 

 

でも・・・

 

 

集客は水物。

満席どころか、全く・・・ということもあるんです。

 

 

そんなときに出てくる、魅力的なFacebookなどでの広告ページ。

読んでいるメルマガの誘惑的なことば。

 


そこを見て、さらに落ち込み、心はザワザワする・・・
 

 

IMG_0270.jpg

 

 

皆上手く行っているのに、なぜ?

 

やり方が悪いの?

 

 

そして、

 

 

ホントはもっとラクに上手く行く方法があるんじゃない?

 

 

そんな風に思って、いろいろなところをさまよってしまう方が多いのです。

でも、そうやってさまよっても、なんです。

 

 

そういうときもあるということを理解すること。

 

それはお試しでもあること。

 

反省はしてもいいが、自分を責めるのではなく、次につながるよう考えること。

 

 

 

そのとき、どう動くかによって今後が変わってくる。

まずは、

 

 

ではどうやったらいいのか?

 

 

を考える。

そして、

 

 

どうやったら、伝わるか?

 

どうやったら、知ってもらえるか?

 

 

その先に、セミナーやコンサルで学ぶということがあれば、OKなんです。

でも、闇雲に、わからないから教えてもらおうでは、次に同じことがあっても、自分でどうしたらいいのかわからないのです。

 

 

まずは自分でどうするのか考える。

そこから、生まれるんです。

 

 

そして、足りないものが、

 

 

動線と、次へどういう行動をしてほしいかができていない

 

 

という方がとても多いです。

形やマインドを整えても、そこではないのです。

 

関連記事:

満席にこだわってたら見えないこと

 

花パソコンが苦手でも大丈夫!ビジネスブログ講座3ヶ月間コース