レッテル

テーマ:

WK-Pでございます。<(_ _)>  
ご覧いただきありがとうございますっ
ヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノ




レッテルという言葉には
どうもマイナスなイメージがあるようです。
どうやら一方的、断定的な評価という点が
強調されているのでしょう。
( ̄○ ̄)

しかしこれは
あなたの中で分類を行う場合においても
全く同じことが言えます。
記憶はいつもあなたの主観に基づいて
分類されているからです。
それをどーこー言うつもりはありません。
( ̄∇ ̄)

だって…σ(^◇^;)私たち
人間ってやつは完璧ではないのですから。
間違って分類しちゃうこともあるわけです。
その間違いに気付いてすぐに修正できれば
何の問題もないのですが…
自分の中だけで半自動的に行われてるので
なかなかどうして手強いのです。(°∇°;)

他の人にとっては全然何てことないのに
何故かネガティブなレッテルを付けてみたり
色んな記憶を引っ張りだしては
根拠もないレッテルに納得してみたり…
そんな事をしてしまうんですね。
((((;゜Д゜))))

その部分を指して
そこから早く抜け出しましょう!
なんて皆さん仰ってる訳です。(ゝω・)

本来はあなたの記憶には
決まったレッテルなど存在しないのです。
あなたの好きなように
ラベルを貼り付ければいいのです。
しかし我々はどうしても
他人や世間の目を気にしてしまうのです。
中々自分の思い通りには行かないのです。

なぜなら
ポジティブ、ネガティブといったものが
最初から存在するものだと思っているから。
はじめに言葉ありきだからです。
でも、本当はそんな事ないのですょ。
(^∇^)
あなたがレッテル貼り付けることで
いろいろと分類されてるだけなのです。
つまり、全ては逆なのです。

あなたが記憶にネガティブという
レッテルを貼り付けることで
初めてネガティブという言葉の意味が
生まれているのですよ。

そう、つまり
レッテルに意味を与えているのは
あなたなのですょ。
(・∀・)


 
 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

AD