弱い人は弱い人なりの『強み』がある | ワタナベ薫オフィシャルブログ「美人になる方法」Powered by Ameba

ワタナベ薫オフィシャルブログ「美人になる方法」Powered by Ameba

女性としての人生を精一杯に楽しみ美人になるために、容姿だけでなく、内面・言葉・立ち居振る舞い・ファッション・健康など、真の美を追求します。トータルバランスでの美をモットーに美意識改革を目指します。毎日感謝を忘れずに周りから愛される美人になりましょう!

 

ここで言う『弱い人』とは…

弱いとは、

本当は弱いわけではないのですが、

わかりやすいようにあえて、

この『弱い人』と言う言葉を

使わせてもらいます。


気が弱いとか、体が弱い、

とか、頭が弱いとか(これ私 笑)
地理に弱いとか…結論から言いますと、

 

弱い人は誰かに支えてもらって、
その支えている人の存在価値を
高めていることもある。

 

強い人は、弱い人を支えることで、
何らかのご奉仕をさせてもらえる立場に
なることができているので。


つまり、自分がある分野において

「弱い」ということは、
誰かの役に立っている、

ということなのです。


逆に、強い人は強い人なりの

弱みがあったります。


強い人に憧れている弱い人からしたら、
強いのに弱み?強いんだから

弱みなんてないのでは?


とか思われると思うのですが、

強い人の弱みと言うのは、
強いゆえに「あなたなら大丈夫よね」

と思われ、強い人ほど助けてもらえず、

何でも一人でこなさなければ

ならない人も多いのです。

強がっている人もそうです。


もちろん、「助けて」って

言えればいいのですが、
強い人、と、周りからも思われている、
自分のセルフイメージもそう、

ということで、弱々しい感じがいやだ

と思う気持ちが、

 

 

人に弱みを見せられないという、

弱みがあったりします


弱い人とは、実は弱くはないと

冒頭に書きましたが、
弱く見えるひと程、忍耐強く、

そして、淡々と物事をやり通し、
感情を素直に表すことができて、

つらい時に「つらい」って
言うことができるので、

誰かの力があるので結局強い。


そして、それが

誰かのためにもなっているわけです。
支えている人は、

自分が誰かを支えることで
自分の存在意義を認めたり、

自己の重要感を感じたり、
はたまた、他の人のために

何かができている、というのは
結局は気持ちがいいのです。


弱い人は、強い人の気分を

あげることに寄与しているのです。
なので、「できない…助けて~」

と言える人、それでいいのです。

というより、それがいいのです。


強い女性から見たら、
「男に媚び売っちゃって、

そんなの自分で出来るでしょ!」と
思われることがあるのですが、

いいのです。思われても。



媚びじゃなくて、正直にできない、

出来るかもしれないけど、
手伝って欲しい、と言う気持ちを

言えるのは、世の中の男性のためにも

なっています。


強い女性が好きな男性も

もちろんいますが、弱い女性を支えたい、

と思っている男性はもっと多いはず。
なぜなら男女の役割って、

補い合うようにできているから


一般的に男性の体の方が、

大きくて力があるのはなぜでしょうか?
女性は、やわらかい体で男性よりも、

手も足も小さくて力がないのはなぜでしょうか?

 

 

それは支え合いお互いない部分で、

補い合っているから。


女性は癒しを与え、

男性は力強さで女性を引っぱり支え・・・
みたいな、相互での関係が成り立っています。
(逆もあるかもですが・・・

女性が強くて男性が弱いってね)
 

 

ですから、弱いというのは、

ある意味強みなのです。
強い女性でも、自分の愛する人にだけ弱い、
というのも、これまた、そのお相手にとっては
萌えポイント旧上昇になるわけでして、
やっぱり弱さは、ある意味強みなのです。


今、記事打ってて、

フッと聖書のある言葉を思い出しました。
パウロの言葉に次のような言葉があります。


私は、弱い時に強い
大いに喜んで自分の弱さを

誇りましょう


そのパウロが言った言葉の背景を書くと、

すごい長いので割愛しますが、
パウロには「肉体のとげ」があったと

自身が言っています。


それが何かは聖書には

書いていないのですが、もしかしたら、
肉体的にしんどいこと、

視力の弱さ、またはもしかしたら、
身体に障がいがあったのかもしれないと

言われています。


パウロは何度もこの肉体のとげを、

のぞいて欲しいと祈るわけですが、
そこでキリストがパウロに答えるわけです。
聖書の全文思い出せないので調べましたけどね。
それは・・・(二重の『 』の部分がキリストの言葉)


「しかし、主は、

『わたしの恵みは、あなたに十分である。
というのは、わたしの力は、

弱さのうちに完全に現われるからである。』
と言われたのです。ですから、私は、

キリストの力が私をおおうために、
むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。」


キリストは、パウロの肉体のとげ

そのままで十分だと言われています。
そして、今日の記事の要点にも通じる部分なのですが、
弱い人の強みはこうです。この言葉を借りれば、


「わたし(キリスト)の力は

弱さのうちに完全に現れる」
「キリストの力が私(パウロ)を覆う…」


ここではキリストになっていますが、

何でもいいです。つまり、

弱い人は大いなる力が、

弱さをカバーしてくれるのです。


ま、カバーしてくださいな、

と、オーダーすることが必要ですが。
そうすることで誰かが助けてくれます。


助けてって言えるのは、

実は、弱いのではありません。
逆に強いのです。

 

 

強いふりして何でも出来るようにしている人こそ
実は孤独で寂しい気持ちを抱えて、顔で笑って
陰で泣いている人、たくさんいます。


独身で一人で何でもこなしてきた

ある女性経営者の一人は、
「誰かに頼ると、今まで

築き上げてきたものまで全部崩れそうで・・・
一人で生きられなくなるのが

こわいからこれからもたぶん、
強がって生きて行く。

でも疲れるんだよね~」と言っていました。


1つの弱い自分自身を私に開示したわけですが、
それを私に言うよりも、男性に言ったら
男性は、その女性を好きになると思います。
もしくは、助けてくれることでしょう。


自他共に強い、と思っている人もまた、
自分の弱さを認めることで、

もっともっと強くなり、
そして、誰かに頼れる、助けてもらえる、
そんなお得なこともあったりします。


弱い、と言う表現使いましたが、
大いなる力がまっとうするなら

弱い人は最強じゃないですか。
体の弱さも、肉体のとげがある人も、

気が弱いのも、すべて強みに

転換するものなのです。


欠点が魅力になり、つらい経験が、

後に多くの人へのメッセージとなり、
自分にとって欠けている、と思える部分が、
実は、自分にとっての存在意義

だったりすることもあるのです。



あ、最後に、

今日の最初の画像はなぜ赤ちゃんかわかりますか?
赤ちゃんは、一番弱い立場でありながら、

一番強き者、最強の存在です。

話すわけでもなく、命令するわけでもなく、
周りの全ての人々をコントロールする

力を持っている人なのです。

 

 

二日間続けて聖書の言葉からの

記事でしたが、いつかそんな本も書きたいな、

と思っています。では、また明日。
 

■ハーブティ■

本日より、ハーブティーの一般販売を

開始いたします。

ハーブティー詳細はこちら

 

定期の分の方の分の数を

確保しているため、一般販売分は

数が限られていますので、

お早めにどうぞ。

 

尚、定期の方の発送が本日より

始まりますので、もし、まだご入金

されていらっしゃらない方は

お早めのお振込をお願いいたします。

 

ハーブティー販売期間は、

リアルローズご注文の際は

こちらのサイトからお願いいたします。

ブックマークしていてくださいませ。

プレミアムリアルローズシリーズ

 

オーディオプログラム
ワタナベ薫著書一覧

LINEブログ ワタナベ薫 ←毎日更新しています
Instagram kaoru4374 ←こっちもほぼ毎日
Facebook ワタナベ薫
Twitter ワタナベ薫

上記のSNS、フォロワー募集中です。

あなたのLINEに
ブログ更新のお知らせが届きます。
よかったら友だち追加してね。

  友だち追加


ワタナベ薫おすすめ商品
補正下着LALA

弊社が管理するウェブサイトに関する免責事項