こんな時に思うこと・・・ | ワタナベ薫オフィシャルブログ「美人になる方法」Powered by Ameba

ワタナベ薫オフィシャルブログ「美人になる方法」Powered by Ameba

女性としての人生を精一杯に楽しみ美人になるために、容姿だけでなく、内面・言葉・立ち居振る舞い・ファッション・健康など、真の美を追求します。トータルバランスでの美をモットーに美意識改革を目指します。毎日感謝を忘れずに周りから愛される美人になりましょう!


テーマ:





また、デッカな地震が起きましたね・・・

昨日は地震のことで地元の方々はとても

不安な夜をお過ごしだったことと思います。

東日本大震災の時のことを思い出します.





昨日のお財布の記事は、前もって書いてて何も考えずアップし、

熊本の地震の安否を気遣うこともしなかったことに

不快に思われた方もいらっしゃるようで、

「こんな時にこういう記事は不謹慎です」などの

コメントもツイッターに書き込まれていました。(お財布の記事ね)

もちろん、地元でもなんでもない方からでしょうが。





多くの人がSNSで安否を気遣う言葉や、

「大丈夫ですか?」「心配です」の書き込みを拝見しました。

こんなことを書くと嫌われるかもしれませんが、

心配したってしなくても同じであり、

心配の波動は心配の現実を招くからです。

他の人への心配な気持ち 余計なお世話 いやむしろ危険





一つ思うに、安否を気遣う優しいと、

回復を祈る気持ちは本当に大切でして、

「きっと大丈夫!」というその想念が

回復につながるのだと思います。


それは、東北大震災の時もずっとお伝えしてきたメッセージです。

皆様にお願いがあります(2011・3・15)

音声 被災地にいない人々へのメッセージ





そして、これは昨日、私も失敗してしまったことがあり、

大反省だったのですが、地震直後とっさに、

そこに住むクライアントを心配するあまり、

何も考えず「大丈夫?」ってメッセージを

衝動で送ってしまいました。やっちまって、

返事もらって安心した後に、

「アチャーーーーー」と思い出しました。





これはハッキリ言ってエゴだわよね。

家族や親族、親友など以外やってはいけないことです。

東日本大震災でわかったことなのに、忘れてしまっていたバカ。

いちいち、返事するのも大変でしょうし、

実際のこうしたメッセージがたくさん行ってしまい、

本当に受け取らなければならないメッセージを

逃してしまうからです。かさこさんのブログでもありましたが、

まさにおっしゃる通りなのです。※個人メールは害悪である 





それと、情報をあちこち流すのも注意が必要。

もし、その情報が間違っていたら?

情報のシェアも慎重に・・・です。

だから私は、いつもこういう状況では特に

何もしない、ということを決め込んでいます。





そして、心配しています。大丈夫?の「不安」の想念の

メッセージは心配の優しい気持ちからだと理解できますし、

本当におっしゃる通りなのですが・・・

次に書くことキツイよ・・・心の準備して




「同情するなら金をくれ」じゃなくて

(家なき子のセリフね)

「心配するなら金送れ」なのです。






結局、一番のできることはお金が助かるわけです。

(その送り先も、被災地に人に聞かないように)

回答している余裕がないのと、実際、知らないと思うから。

ネットがあるわけですから、調べて調べて

周りの情報を鵜呑みにしないで、いいと思った

機関に送ったらいいです。





5年前に、実際に避難所にボランティアに個人的に行った時、

責任者に、「個人的にできる範囲だけど必要なものがあれば、

言って欲しい」と聞いた時に言われたことはこうでした。

「公平に全員の手に渡るものじゃないと、もらっても混乱を招く」と。

つまり、誰かはもらって、誰かはもらえなかった、という

状況が非常に混乱を生む、ということ。





もちろん、譲り合いの精神を多くの方が持っていましたが、

実は、実際の話、奪い合う人もいました。

渡される物資に文句を言っている人も。





あと何かしたいという衝動のままに、

被災地にすぐにボランティアに個人の判断で

いくことなどもお勧めしません。

正しい情報を待ってからじゃないと足手まとい。





実際に、本当に苛酷な辛い状況にあるお方々は、

こうしたブログですら読めない状態です。





なので、ブログでは安否を気遣う優しい言葉の一つもかけずに

今まで通りに普通のブログをいつも通りに更新して

不快な思いさせてしまったね・・・なのですが、

人それぞれできることは違う、ということ。

SNSでヤンヤヤンヤと「心配です」「心配です」と

心配の念を送りまくるよりは(動機は良かったとしても)

できることをやっていた方がいいよね。





こういう時に、人間の心理に働くものは、

こんなに周りで熊本の地震について書いている、

私も書かなきゃ!と安否を気遣う投稿もするようですが、

あなた自身ができることでいいのと、

そして、それを書いていない人が、冷たい人、

というわけでもなくて、その人がどういう思いで

いるかなんて、わからんよ?ってことです。





私は冷たい人間なのですが、こう思うのです。

「私が心配してもどうにもならない。

大丈夫にしかならない」ということ。





心配は心配を生む。





こう書くと「亡くなった方や怪我をされている方もいるのに!」と

正義感を振りかざす部外者もいるのも存じておりますが、

当事者でもない部外者が吠えてもね・・・

ごちゃごちゃ言うよりも、そんなこといいから

じゃあ、お金送りなさいな、ということ。

震災の時も書きましたが、いつの時代も地球の裏側でも

日本のどこかでも、今、この瞬間も多くの人々が亡くなっていて、

そして、泣いている人はいつもいるのです。




・・・と東日本大震災の時にも思ったのでした。

心配の投稿したり、ブログに不安を書いたりはもういいから、

たくさん東北のためにお金を寄付してくれって。

・・・正直思いました。





その震災の時に、私は本当に、お金が必要・・・と

強く思いました。復興にはお金がかかるんですわ。やっぱり。

そして、被災地にいる人々ももらって嬉しいのは、

ユーズドの服とかよりも、お金です。

送られた誰も着ないような古着の処分で

大変だったところもあるのです。

当面はそうしたものも必要ではありますが、

ある程度復興した時に現実的に必要なのは、お金です。




金金言ってごめんなさいね。

寄付しようよ、の記事ではないんですよ。

私は、冷たいので、これまでもいちいち災害のたびに、

「祈っています」ともこれまであまり書いたことがありません。

実は、被災地にいる人たちは、敏感になっているので、

何も語らないほうがいい場合もあるのです。




震災の時に、ある人は東北に寄付をしたことが書いてありました。

「10円寄付した。俺ってすごい!」って。

10円て・・・飴玉一個も買えんわな~・・・

お金がない方ではなかったので、それを読んで

悲しくなるほど、当時は心が疲弊していました。

書かなくてもいいよ、10円て・・・






とうことで、

今日の記事はここまでです。

では、また明日。


ワタナベ薫さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース