買い物の基準〜物を買う時に惑わされる3つのこと〜 | ワタナベ薫オフィシャルブログ「美人になる方法」Powered by Ameba

ワタナベ薫オフィシャルブログ「美人になる方法」Powered by Ameba

女性としての人生を精一杯に楽しみ美人になるために、容姿だけでなく、内面・言葉・立ち居振る舞い・ファッション・健康など、真の美を追求します。トータルバランスでの美をモットーに美意識改革を目指します。毎日感謝を忘れずに周りから愛される美人になりましょう!











忙しい時に限って、物を整理したくなる衝動が走ります。

今の私の気分は、来週の講演会のことで、

胸やら、頭やら、おなかがいっぱい状態です。





「練習しなきゃなのだ・・・練習・・・練習・・・」

とうなされたかのように、つぶやくはいいのですが、

何も練習しておらず、執筆、その他の雑用が

わんさかあったりするのです・・・





そんな時に限って、部屋中のあちこちあちこち目につきます。

ああ・・・本当に物を減らしたい。

もっともっと減らしたい・・・





この物を減らしたい、という気持ちが、

本当の意味で高まってきたのは、

買い物の仕方を変えてからのことです。

どういう買い物をしているかというと、





値段に振り回されず、

本当に好きな物だけを

買うようにしてから






・・・のことなのです。

安物買いの銭失いはほとんどしなくなりました。

上質な物を長く、大切に使うようになりました。

今は食器類を半分減らそう作戦を練っております。

いや、使っている物だけ残したら、半分どころか、

3分の2ほど減らしても生活には困らないことでしょう。





少しずつ、いらない物を処分しつつ、

超お気に入りの物だけをそろえています。満足度高し。

ただ、服だけは、まだまだ改善の余地90%くらいあり!





もし、自分が6帖一間のワンルームに住むとしたら、

一体自分は何を持って行くのだろう?と先日ふと思ったのです。

そうなると、着回しができる上質な物だけ厳選しなければなりません。

そういう視点で物を減らして行こう!と決意したところでした。





さて、先日読者さんからコメント欄から経験とご質問をいただきました。

今日はその点についての記事を書きたいと思います。

あ、コメント欄からご質問や問いを頂いた場合ですが、

気が向けばこうして記事にて回答します。

コメント欄は「公開」の部類ですので、このように

勝手に取り上げられることがございますので、ご注意下さいませ。

まずは、下記のコメントをいただきました。



================


10月か11月に、行きつけのブティックで、

あまり気にならなかったコートを、『元々数を作っておらず、

もうこちらのみで全国どこをさがしてもございません!』

と店員さんに言われ、それならと、購入しました。

暖冬で、着る機会もないまま、1月になり、そのないはずのコートは、

地方にあったとかで、すぐに30%オフ、またすぐに50%オフになり、

在庫あるしー、約9万円も差額あるしー、もう、二度と

あのお店では買わないわーま、差額9万円はお勉強代?

主人のスーツ買えたのにーと、納めようとしていますが、

薫さんなら、もっと別の考え方をなさるのでしょうね。

もし、機会がありましたら、こんな時の気持ちの持ちようを教えて下さいませ。

Yさん



=================



確かに悔しいですよね。

自分の買った物が、すぐに30%オフ、50%オフとかになったら。

ましてや、あまり気に入らなかったコートを購入したのですものね・・・





ん?あまり気に入らなかったコートを買った?

なぜに、結構なお値段がするのに、

あまり気に入らないコートを?





きっとここなのでしょう。

ご自身も「お勉強代」としていますが、本当にお勉強代だと思います。

私も、同じく「お勉強代」というふうに思い込みます。

しかも、9万円なら、断然お安いお勉強代と言えると思います。





というのは、残りの人生、そういう買い物の仕方をしなくなるなら、

9万円はお安いです。これが、車だったり家だったりしたら、

あまり気に入らなけど、限定品だから・・・とかなったら

数万円とかでではすまないわけです。何十万、何百万なのです。





また、こういう損失をせず、気に入らなくても買うクセは、

今後の、失敗することがずっと続くかもしれない可能性を考えたら、

今回のたったの9万円の損失があったおかげで、

もうしなくてすむのです。人生と言う長いスパンで考えたら

私なら、やっぱりお安い勉強代だったと思います。





本当の学びは、こうしてお金の損失や、

身を切られるような心痛などで、学ぶ事の方が多いから。

そして、9万円の損失、ということですが、

ご主人のスーツを買うことよりも、どこか温泉に行く事よりも、

今回の学びは、教訓の方が大きいので、今後の買い物の

仕方を変えるために必要な教訓だったのかもしれません。





私も、過去に買い物で大分失敗してきました。

ネットショップで、詐欺にもあったことがあります。

金額振り込んで商品がこなかった、ってやつね。

警察に訴えに行きましたが、お金は戻ってこないばかりか、

事情聴取ってやつですか?何時間もかかり、苦労ばかりでした。

逆に、何十万円、何百万円の損失ではなかった事を喜びました。





私なんて、商品すら来なかったわけです。笑

Yさんは、正規のお値段の上質なコートを手にしているので、

実際のところ損失ではないのです。しかも、その後寒くなったので、

着用する機会も何度もあったことでしょうし、

そして、もしかしたら、いい感じの着用の仕方や、

スタイリストなどからの何かのいいファッションアドバイスで

もっと素敵に着こなせる可能性もありますものね。





私なら、教訓も拾いはしますが、もう1つは、

何とか素敵に着ることも考えます。

そして、バーゲンで手に入れたものではない、

正規のお値段を身につけているのだ、と思うようにします。





実際の所、私はバーゲンやセールでは買いません。

お金があるからとかではなくて、もう、セール時には、

お気に入りの物がないケースがほとんどだからです。

だから、正規の値段を出してでも、お気に入りのものを買うようにします。

もちろん、その後、安くなることもしばしばありますが、

常々お伝えしている通り、その送り出したお金は、

誰かの笑顔のために使われていると考えます。実際にそうだし。





もちろん、行きつけの所からはお得意さんに送られる

シークレットセールの案内状が来ますから、それは

ありがたく活用させて頂いていますが。

買い物をする時に、以下の3つは注意してください。






【限定品】

【超お買い得】

【値札】






これらは、欲しい、という自分の感覚を鈍らせるものなのです。

値段を見た途端、欲しいという感覚よりも、

買えるのか?買えないのか?お得か?お得じゃないのか?

というフィルターがしっかりかかってしまい、

本当に欲しいのかどうかが、わからなくなってしまうのです。

もちろん、最終的には実際の予算、というのを検討する

必要があるのですが、最初から値札を見ない、ということ。

そこで欲しいとか欲しくない、の判断が鈍ってしまうからなのです。





物もご縁です。

ビビビビ!と感じるものや、

心地いいもの、萌える感覚、

ウットリする感覚、ときめく感覚、

腸がねじれる感覚・・・






人によっては感じ方が違うのですが、

物との共鳴をしている感覚を研ぎ澄ますためには、

自分の感情がどう動くかを観察して、本当に本当に本当に

欲しい物で必要な物だけを買うようにすると、

物も少なく、そして好きな物だけに囲まれる、

上質な空間となっていくのでしょう。





今日の記事書いていたら、もう、

片付けたくて仕方がなくなってきました。

特に服!!まだまだ改善の余地ありまくり。





買い物は妥協で買わないようにしましょう。

妥協で買うくらいなら、ないほうがましなのです。



=============


【名古屋会場のお申込みの皆様】

もう、ほとんど全員に案内状が届いていると思います。

もし、決済がしっかりされたのに、案内状が来ていません、

と言う方はお問い合わせ欄からお知らせ下さいませ。

また、大阪会場の案内状も、昨夜投函いたしました。

数日後に届きます。




それでは本日はここまでです。

まった明日。