結婚したいのに相手がいません!どうしたらいいの? | ワタナベ薫オフィシャルブログ「美人になる方法」Powered by Ameba

ワタナベ薫オフィシャルブログ「美人になる方法」Powered by Ameba

女性としての人生を精一杯に楽しみ美人になるために、容姿だけでなく、内面・言葉・立ち居振る舞い・ファッション・健康など、真の美を追求します。トータルバランスでの美をモットーに美意識改革を目指します。毎日感謝を忘れずに周りから愛される美人になりましょう!

【ソフィールe買うともれなくソフィールミニもらえる企画】

■プレゼント期間 3月27~31日までの間です。
■プレゼントをいただける条件 一か月間使用しメールで感想を送ること
■現金価格:33,600円 送料・手数料会社負担(代金引換のみ)

詳しいことは、こちらのブログの冒頭で扱っております。
ご覧くださいませ。「美人になる方法」seesaa
=====================================





最近、出会いがない、とおっしゃる方がとても多いように感じます。

そして、どんどん年齢が行けば行くほど、出会いの確率は

下がっていくかもしれません・・・しかし、ご心配なく。




どこかで、自分は結婚できない、とか思っていませんよね?

まず、そのブロックを外すことです。大丈夫。

中国のことわざだったかなんかでしたが、誰でも結婚できることについて、

どんな鍋にも必ず蓋がついているって。男女、どっちが鍋で

どっちが蓋かはわかりませんが。極論、もう一人でもいいや、

と執着が取れたときに見つかったりもします。




出会いがない人の中には、合コンとかは行かれる方も多いですが、

合コン行っているのに、なかなかいい人がいない、と

おっしゃる方も多いですね。




その際に、何となく気に入ったお方と、お付き合いすることになれば

ラッキーっちゅーものでしょうが、しかし、合コンしても

なかなかお相手が見つからない、という人も多いようです。

基準が高いのは結構なこと!ご自身を安売りしなくてもいいです。




ご自身の真の価値がわかっていれば、

妥協する必要なんてないですから。




ただ、一つの情報として捉えていただければ、と思うのですが、

なかなかお相手が見つからない場合に、一つ考えられることは、

理想が高いこともあるのですが、もう一つ考えられる点として

自分のレベルにあっていない、ということも考えられるのです。




それは、自分のレベルが低い?というだけじゃなくて、

客観的に、皆さん女性の側のレベルが高い場合も、

男が寄ってこないこともあるのです。




「類は友を呼ぶ」とか「同類の原理」って

お聞きになったことがおありかと思いますが、

心理学用語では、「マッチング仮説」とか言うのですが、

人は、無意識か意識的にか、社会的地位とか、

価値観や容姿が似た相手を選んでしまう
、という仮説です。




こんな話、聞いたことがあるかもしれません。

超美人で、気さくなのに、あまり告白されないという女性。

しかし逆に、顔も一般的、性格も普通なのに、やたらとモテる女性。




これは、性格の良し悪しももちろん関係するのですが、

容姿は一般的レベルの人のほうが断然多いので、

自分に見合う相手に告白したケースなのかもしれません。




$美人になる方法




8:2の法則から考えますと、世の中の2割が美男美女

世の中の8割は普通の容姿だとすると、私たちが出会う人たちの容姿は、

圧倒的に、8割の普通の容姿の人が多いわけです。




ゆえに、普通の人は、マッチング仮説からすると、

美人に告白したりはせず、自分に見合った普通の容姿の人に

告白することがあるのです。




ただし、男性が社会的地位やお金持ちなどの場合は

自分の容姿は関係ありません。それが基準となっているので、

不細工でも、それらが自信となって美人を口説きます。




その件について、アメリカである実験をしたそうです。

心理学者キースラーという人の実験によると、

男子学生が女子学生をデートに誘うとき、成績に自信を持っている男性は、

とても魅力的な女性を誘っていたのに対し、成績に自信のない男子生徒は、

それほど魅力的じゃない女子生徒を誘っていたそうです。




きっと皆さんの周りにもいらっしゃることでしょう。

美人で気さくでいい感じ、さらには、高学歴、お家柄もよく

品性も知性もバッチリなのに、独身の女性が。




高嶺の花だと思われていることがあるのです

ゆえに、そのような女性には、それに釣り合う、

男性が近づいてくる可能性大です。




で、結ばれる率を高めたい場合は、マッチング仮説からすると、

自分と似たような人に近づくか、もしくは、ちょっと高嶺だな、

と思った場合は、自信満々に、そう、その人と同じレベルであると

思い込んで近づくといいかもしれません。

(結ばれても長続きするかどうかはわかりませんが^^;)




マッチング仮説といわれているくらいですから、

これは仮説なんでしょうが、しかし、みなさんも

思い当たる節、ありますよね?

付き合う友達も、自分と似たような人を選んでしまう。




また、似たもの夫婦が多いというのも、

このマッチング仮説が真実であることの証なのかもしれません。




婚活やまた彼氏募集中の方たちは

どうぞ参考になさってみてくださいませ^^

なので、自分の理想が高すぎやしないか?

つまり、2割の条件のいい人ばかりを狙ってはいないか?

もしくは、高嶺の花と思われ過ぎて、一般の8割の

普通の男性が告白できないと、思われていないか?

ちょっとご自身を吟味してみるのはいいかもしれません。




理想が高いのはいいかもしれませんが、

例えば、キムタクみたいな何もかもパーペキな人と付き合うって

結構大変だと思いませんか?それよりは自分とつりあった人と

一緒にいるほうが、やすらぐものです。



今一度、ご自身を顧みたり、自分の理想をあらいなおすのもよいかもですよね。

ということで、今日の記事はここまでです。

明日の訪問もお待ちしております。