2019.06.01 若林くんゲーム | 放課後等デイサービス ウィズ・ユー小山の日記帳

放課後等デイサービス ウィズ・ユー小山の日記帳

はじめまして!栃木県小山市の放課後等デイサービス ウィズ・ユー小山です。こちらのブログでは、私たちの日々の活動を日記帳の形式にして皆様にお届けして参ります。

公式HP : https://with-oyama.club



いつものように宿題、お勉強を頑張ったあとは、調理実習ウインクお料理は、段取り、手先の器用さ、食材の理解、お行儀、成長に役立つ作業の総合デパートですねニコニコしかも美味しいお願いどんどんやりますよお願いやらない手はないお願い今度手巻き寿司なんてどうでしょう酔っ払い


そして運動だチューそれにしても子供達は本当に身体を動かすのが好きですね♬公園お願いボルダリングお願いボール投げお願い結局この瞬間が一番輝いているように見えるお願いまず、身体が資本ニヤリ身体や体幹、HPを、遊びの中でどんどん強化していこう!


scratchもやります口笛写真は山崎講師作『ゴールキーパー若林くんゲーム』。ただ、学校がプログラム必修になるといっても、それはゲーム開発者になるためのプログラムスキル、BASICやC言語を学ぶものではなく、論理的思考 と パソコン等に慣れ親しむ事 が目的と言われており、確かにscratchは良い題材でブログ等でも見栄えはするし、施設でも遊びとして取り入れはするけれど、当施設は『パソコンと友達になって、就労まで見据えた時の応用可能な日常的パソコンスキルを身に付ける』という地ならし、地味で目新しさもなく、ブラインドタッチもオフィスも今さら見栄えがする題材ではありませんが、こうした基礎力強化により力を入れていきたいかなと考えております。


もちろん、scratchもどんどんやってOKてへぺろ先生も協力するので、若林くんゲームに対抗して日向小次郎ゲームを作ろうぜ!!一人一台なので、施設のパソコンを家に持ち帰っても構いません。というよりも、施設滞在の数時間でやり込み系はやり込めません。無理です。でも、本当に興味を持ったら、やり込むべきと私は思います。そのための一人一台でもあります。どんどん持ち帰って大丈夫だ🙆‍♂️僕が小学生の頃なんて寝ても覚めてもpc9801にかじりついていたさてへぺろぶっ壊しても構わないから自分のマシンを愛してやってくれラブ

教員出身の指導員による学習支援、パソコン支援、全体を統括する児発管、この陣容で、学習支援&自立支援に特化してウィズユーは6月も頑張っていきまーす!!