7回めを迎えた「流産・死産した方の心をはなす会」が終わりました。
今日は小さないのちのことだけでなく、もっともっと前にさよならした命のこともお話ししました。

あるものを見て、なつかしい人を思い出すこと、ありますか?


いつも、ご一緒している松丸さんがお花を準備してくださるのですが、
この黄色いお花が偶然思い出のお花だったかたがいらっしゃって、しみじみと昔を振り返る時間になりました。



私がいなくなったあと、子どもたちは何を見て私を思い出してくれるかな~と考えたりしました。


普段使っているお箸、コップ、好きな食べ物、におい・・・・・


お別れした命が、どのくらい自分を励ましてくれているかに気がつくと、少しだけ強くなれますね。


そして、自分もそあうありたいと思うのです。

子どもたちを、家族を 姿は見えなくても励ませる存在になりたいな・・・と。


ご参加ありがとうございました。

次回は7月2日です
ゆっくりお話しにいらしてくださいね。