本日発売のAERA with BABY6月号
【帝王切開で母になった私の気持ち】で、コメントを書かせていただきました。


 
5名の方のお産を振り返りのあと、私の活動の思いなどをお伝えしています。

なんと、大好きな助産師のやまがたてるえさんも思いを書かれていらっしゃいますよ~!
http://ameblo.jp/birth-therapist/entry-12026903110.html

 

こうして帝王切開について取りあげていただく機会も少しずつ増えています。

情報がないから選べない。
選べないから納得がいかない。
納得がいかないからモヤモヤする。

納得のいく出産にするために、ぜひ私たちも情報収集していきましょう!



 

AD
お世話になっているseemom,bemomさんがまた主催してくださり、誕生学をお伝えします。
産後のママ向け・・・にはなっていますが、少し先輩のお子さん育て中の皆さまもぜひいらしてくださいね。


詳細・お申し込みはこちら


http://seemombemom.blog46.fc2.com/blog-entry-573.html
AD

【山梨にて帝王切開講座です】
少し先の講座ですが、今からぜひ予定を空けておいていただきたいのでご連絡です。

前回、体験者や医療者や妊婦さんや体験したママのお母さまなど、本当にいろいろな立場の皆さまが集まってくださって、それぞれの思いを共有させていただきました。


そして、「その時に参加できなかったので・・」という声をたくさんいただき、2回目を開催させていただくことになりました。

 
体験者の立場でお伝えする帝王切開講座です。
お近くの皆さま、どなたでも参加できる講座です。
お会いできるのを楽しみにしております!

詳細・お申し込みはこちら

http://www.pref.yamanashi.jp/challenge/calender_detail.php…

AD


 
ママに寄り添うお仕事をされている方たちも気づいていらっしゃいました。



帝王切開ママが増えていること。
帝王切開ママが涙されること。
そしてどうしてあげたら良いか、真剣に考え寄り添ってあげたいと思っていらっしゃいます。

 
産後ドゥーラの皆さんに、帝王切開についてお話しささていただきました。

産後のママたちを、いろいろな方向からケアしていらっしゃる皆さんからの「帝王切開について聞きたかったです」という声がうれしかったです。

ご自分の経験と重ねて涙される方もいらっしゃったり、「今 担当しているママにすぐ伝えます!」と言っていただいたり。
本当に心強い皆さんです。


もちろん帝王切開ママばかりが辛いわけではありません。
初めてお付き合いする赤ちゃんのことを知るには、やっぱりある程度の時間は必要。
そのすぐそばに、ドゥーラさんという 「親」とはまた違う立場の人がいることも大切だな~と感じました。


今回は、帝王切開ママにどう接してあげたらいいか知りたいということで、大切な同期の集まりに声をかけていただきました。

 
お昼は有機野菜などを使ったお弁当。
彩りもきれいで美味しくいただきました(^o^)

ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。