僕は悲しい | もんもんブログ~ヲタク道~

もんもんブログ~ヲタク道~

自分のアツいモノ★高まるもの★を
ただひたすら紹介するブログ・・・・
自己満ブログです。


テーマ:


僕は今
すごく複雑な心境でございます











悲しい
嬉しい




いや

どちらかと言うと凄く悲しい
















それはこのニュース↓









◆小森美果「AKB48のみんな!私、メンバー初のママになります!!」 


{2FFF6B54-50CB-4294-84F3-238062760AE6:01}


“恋愛禁止”という鉄の掟で知られるAKB48。2年前にそのAKB48を卒業して芸能界を引退した元人気メンバーが、 
なんと“極秘結婚&妊娠”していたことを本誌はキャッチ! 

この元人気メンバーとは、派生ユニット『渡り廊下走り隊7』でも活躍していた小森美果(20)。 

「お相手は、4歳年上のスポーツジムのトレーナーです。2人は昨年のクリスマスに入籍し、 
現在、彼女は妊娠6カ月。2人は東京都内のマンションで暮らしていますよ」(芸能関係者) 

小森は’13年8月、「留学したい」という理由で芸能界を突然引退している。 
2年前に小森が引退を発表したのは、インターネット番組『松原夏海の723チャレンジ!』の生放送中のこと。 
その思い出の番組がこの3月31日に最終回を迎えることとなり、番組最後のゲストとして、小森が生出演した。 
無事に出演を終えて、夜11時半、大きなお腹を気遣いながら帰路についた小森。 
彼女は地下鉄で1人の男性と合流した。この男性こそ、小森の結婚相手だった。2人に声をかけた。 

――小森さん、おめでとうございます。結婚して、妊娠中とお聞きしました。 

「はい」と答える小森を、夫は笑顔で見守っていた。 

――ご主人ですか? 

夫は「初めまして」とにっこり笑って、感じがいい。小森は夫といつ知り合ったのだろう。まさか現役当時からの付き合いでは……。 

――芸能界を辞めるときに、結婚は決まっていたんですか。 

すると小森はしっかりと「まだでした」と答えた。夫も苦笑しながら付け加える。 

「まだそのときは出会ってなかったので……。きっかけは、芸能界を辞めた彼女がウチのジムに通い始めたことなんです」 

最後に、改めて「もう芸能界への復帰はないんですか?」とも聞いてみた。 
すると彼女は本誌記者の目を見つめると、「そうですね、考えてないです」と言い切った。 

凛としたその表情には“AKB48メンバー初のママ”になる歓びがあふれていた――。 

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150407-00010002-jisin-ent 
女性自身 4月7日(火)0時0分配信 













かつての僕の推しメン
元AKBこもりんこと小森美果





{1B2233AA-174F-4459-B538-79D8A75DC56B:01}

{EC1DDE27-A623-4933-A748-5AF8903352B0:01}






彼女が
お腹に新たな生命を宿していてもうすぐママになるとのこと…













このブログでも
こもりんのことはさんざん取り上げてました








かつて、
指原と小森の『さしこもり』というコンビが物凄く大好きでした




{83F8E7C5-B91F-4156-9BD6-2C7B8446AEF3:01}

{481FA591-C39B-4830-9972-A9299F9B20C2:01}

{6E75C336-476C-4E2F-97C9-D4322926A632:01}









このブログもかれこれ5年くらいやってますが

こもりんを叫び続けたこのブログの序盤




そこから僅か数年で
アイドルからママに…










はぁ…











せつない…


悲しい…


しにたい…











あのこもりんが
どこの誰とも知らないジムトレーナーなんていう底辺野郎に中出しされたなんて…











セクロスの意味さえ知らなかったあのこもりんが…






ほんと





アイドルを追いかけることの
お金と時間の無意味さを改めて思い知らされます




















握手もたくさんしたのに…

写メもたくさん撮ったのに…

サイン貰うためにDVDも買ったのに…







はぁ…



渡り廊下走り隊
懐かしいなぁ…













もう
いろいろやだ…




もんもんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス