4月の様子 (変更)→ おもちゃ(教材)の紹介!! | 放課後等デイサービス ウィズ山越
新型コロナウイルスに関する情報について

 みなさんこんにちはニコニコ

 

 ついにやって来ました、梅雨です・・・☔

例年よりも20日ほど早い梅雨入りのようですね汗 (早すぎっ!!)

 

 移動するたびに濡れるし、外では遊べないし、洗濯物は干せないし・・・

と文句ばかり言っても何も変わらないので、恵みの雨だと割り切って、約一か月を過ごすしかなさそうです真顔

 

 

 さて、今回は4月の様子をお伝えしようと思っていたのですが・・・

4月に入りコロナの感染が増え、実施予定だったイベントやお出かけが中止になったことと、公園へのお出かけが雨天でお流れになったことなどが重なりまして、、、えーん

 

 

 と言うことで今回は、

 ウィズ山越にある教材(おもちゃ)の紹介をしようと思います ウシシ

 

 

 

 ウィズ山越では、SSTや教室内外でのイベントなどを通して、様々なスキルを身に付けたり経験をしたりする機会を設けておりますキラキラ

                

            しかし!!

 

それらを常に実施し続けるのは難しく、また、子ども達の息も上がってしまいますよね・・・汗

さらに、コロナの影響で教室で過ごす時間がおのずと長くなってしまっている現状 ぼけー

 

そこで、私たちが目を付けたのが、自由時間の充実ですビックリマークビックリマーク

具体的には、豊富な種類のおもちゃ(教材)の用意となりますグッ

 

豊富な種類のおもちゃによる自由時間の充実には、次のような狙いがあります ニヤリ

 

① 自分の「好き」や「得意」が見つかる!

 様々な物事に触れることで、新しい発見ってありますよね。

遊びの中でも、「これ楽しい!好き!」や「これ得意!」など多くの発見がありますニコニコ

それらの発見は、ウィズで楽しく過ごすことにつながるだけではなく、子ども達の可能性を広げるきっかけにもなりますビックリマーク

 また、遊びを通して「苦手」や「困難」、「今後の課題」なども発見することができます。

これらは今後の支援につながる貴重な情報となります ウインク

 

② 友達と関わる場(きっかけ)となる!

  教室には一人用のおもちゃだけではなく、2人以上で遊べるものもたくさんあります!

普段は友達との関わりが少ない(苦手な)子も、遊びを通して友達と関わることができます音譜

また、これまではあまり関わりのなかった友達どうしが、同じ遊びを一緒にして仲良くなったビックリマークというケースもたくさんあります 爆笑

 

③ 知育につながる!

 おもちゃの中には、思考力や集中力が必要となるものがたくさんあります!

ブロックは図形を把握したり組み立てたりする力、将棋やオセロは考える力や集中する力が必要となってきます。

楽しみながらこれらの力を育むことができるなんて、

おもちゃ、最高ほっこりキラキラ

 

 

 それでは、ウィズに置いている数あるおもちゃの中から厳選したものを紹介しますグッ

 

 

    

                 まずはこちら!!

    一家に一セット、トランプUNOでございますトランプハートトランプクローバー

      室内遊びの代名詞と言っても過言ではないですね !

 トランプは1セットあれば多種多様なゲームを楽しむことができます!中でも人気なのは、ババ抜きや大富豪、神経衰弱あたりでしょうか。UNOは1パターンの遊びではありますが、こちらも盤石な人気を誇りますキラキラ

 

双方ともにルールが簡単で遊びやすいことに加え、集中力や記憶力、思考力など様々なスキルを身につけ、伸ばすこともできる素晴らしいカードゲームですグッ

 

 

           

 「懐かしい!」と思われる方も多いのではないでしょうか。

              花札です🎴

 前々からウィズの教室にはあったのですが、あまり遊ぼうとする子がおらず、(できる子がおらす)長い間放置されておりました・・・汗汗

  

 しかし、ある日「やってみたいおーっ!との声があったことをきっかけに、現在では小さなブームとなっていますビックリマーク 私自身花札の遊び方は全く知らなかったのですが、子ども達が遊んでいるのを見て、「おもしろそうだなぁ~」と、自分でルールを覚えました チュー

 

簡単に説明すると、札を引いて、決められた形(役)を完成させます!   

                                      以上!

 

  運要素の強い遊びですが、自分や相手の札を見ながら戦略を考える場面もあり、また、狙っていた役が完成した時は思わず「よしっ!!」と声が出るほどでもあります星

 

 写真で完成している役は、猪と鹿と蝶の3枚を組み合わせた「猪鹿蝶(いのしかちょう)」という名前の役になります! 

花札を知らない方でも耳にしたことはあるのではないでしょうか!?

 

 

      

    こちらは「虹色のヘビ」というカードゲームです🌈🐍

  ここまでかなり有名なものを紹介してきたのですが、ここにきて   

突然の「なんやそれ!?」  そのお気持ち、よ~く分かります 照れ

 

  このカードゲームは幼児さん~中学年向けのゲームになります。ルールはとても簡単で、 写真のように色の付いたヘビの頭・胴体・しっぽのカードをランダムで一枚引いて、場に出します。

場に出ているカードと同じ色どうしであればつなげることができ、頭・胴体・しっぽまでつながれば、完成したヘビのカードを全てGETすることができます!!

 

 同じ色を見つけてつなげるというシンプルな遊びですが、誰でも遊べるゲームなので友達と同じ遊びをする機会づくりにはもってこいのゲームです ウインク

 

 

          

 こちらは「ボブジテンきっず」というカードゲームです !

 

       知る人ぞ知る名作カードゲーム

                       だと勝手に思っていますグッ

     

このゲームのコンセプトは、

 「カタカナ語(英語)をカタカナ語を使わずに

                     説明する」ですウシシ

 

 一人だけカードを見ることができ、カードにはカタカナ語のお題がいくつか書かれています。

山札の一番上の番号がその回のお題となり、写真の場合は3番の「グラウンド」がお題となります。カードを引いた人(親)は、

そのお題をカタカナ語を使わずに他の人に説明しなければいけません。

           「これは、運動場のことです。」・・・

           「ここで野球をします。」・・・

           「ここでサッカーをします。」・・・×

 

   説明の途中でカタカナ語を使ってしまった時点でアウトですブー

                ここが一番難しい!

        勝手にカタカナ語が口から出ちゃうんですよ笑い泣き

恐る恐る言葉選びをしながら、且つ分かるように説明しなければなりません・・・。

カードによっては、「色」を使ってはいけない縛りのある場合もあり、難易度が上がりますあせる

 

ゲーム名前に「きっず」が付いているのですがこちらは子どもバージョンで、通常版は大人でも頭を悩ませるものとなっています。

    そう・・・書かれているワードが難しすぎるのです・・・ゲロー

           そして、縛りが相当にキツイです・・・。

  言葉での説明すらも難しい英語のワードを身振り手振りだけで説明、なんてことも・・・汗

 

物事を説明する力や、その説明を聞いて考え、推理する力も必要となるカードゲームです!!

 

 

 

          

 こちらは「ロンポスピラミッド」という一人用のパズルゲームです!

            遊び方は・・・見た通りですゲラゲラ

      パーツをはめ込んでいき、完成させます!以上!

 写真は平面ですが、立体型(ピラミッド型)にも組むこともできますビックリマーク

 そしてこのパズルゲーム、正解のパターンが数万パターンにも

およぶらしいです ガーン  

 付録の用紙には、その中から101のパターンが出題されています。

 

  図形を把握したり考えたりする力はもちろん、簡単な問題は小さいお子さんでもできる難易度となっているため、指先を動かす練習にも活用できそうですねにやり

 

 

           

          こちらは「立体色(四目)並べ」です。

ルールは通常の四目並べや五目並べと同じで、縦・横・斜めのいずれかで、相手より先に決められた数のコマを並べることができれば勝利ですビックリマークしかし、コマを上から落として入れるので、 コマの置き方に独特な縛りがあります。

 

  2手3手先を読んで相手の邪魔をしつつ,自分のコマも並べなければいけないため、かなりの集中力と思考力が必要となってきます あせる

  

 超真剣にやっていても相手のリーチを見逃して負けてしまうことが多々あるため、「なんで気付かんかったんやぁ~おーっ!」と、数秒前の自分を恨むこともしばしば・・・汗

 

 子ども同士はもちろん、子どもVS大人でも本気(ガチ)の勝負を繰り広げることができるオススメのゲームですウインク

 

 

           

                最後はこちら、「ウボンゴ」でございます!

          以前ブログでちらっと出てきました・・・。

           サンタさんからのプレゼントです🎅

           

 先ほど紹介したロンポスピラミッドと同じようなパズルゲームですが、ウボンゴははめ込む枠の形が毎回変わります。また、持っているパーツを全て使うわけではないので、使うことのできないダミーのパーツも存在しちゃいます・・・あせる

  

 こちらは1人からでも楽しむことができ、最大4人まで同時に遊ぶことができます ウインク

              タイムを計ってもよし!

     同時にスタートして早く完成できた人が勝ちでもよし!

 

 戦略などは一切なく、頭の柔らかさがモノを言いいます。

 当然、このあたりになると子ども達のほうが断然早いです・・・笑い泣き

  

 子どもと遊びながら、カチカチになった頭をほぐすこともできる(大人にとっては)一石二鳥のゲームです音譜

  

     ※泥沼にハマると、いつまでも完成しないので注意・・・

 

 

  おもちゃの紹介は以上となりますバイバイ

 「おもちゃ」と一言で言っても様々な種類があり、使い方次第では子ども達にとって大きなプラスになる場合もあります。それこそ知育から始まり、集中力思考力などを伸ばすことにもつながりますし、ご家庭では親子の、施設では子どもどうし・子どもと指導員の

コミュニケーションツールにもなります!!  

おもちゃ、最高ほっこりキラキラ

 

 今回紹介したものはお店やネット販売で購入できますので、ぜひ参考にしてみてくださいウインク

 他にもウィズ山越にはたくさんのおもちゃや教材がありますので、

また機会があれば紹介したいと思いますニコニコ

 

 

 そうそう、4月と言えば、

      ウィズ山越に新しい仲間が増えました お祝い

今後のブログにて登場してくれると思いますので、お楽しみに~グッ

 

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございましたビックリマーク