Mon, February 05, 2007 21:40:35

おセンチな気分

テーマ:ブログ

久しぶりに月9ドラマを見ています。



「東京タワー」



これをみていると、回を重ねるごと涙がこぼれる。

特に、オカン役の倍賞美津子さんがめちゃくちゃいい味を出しています。

自分のことは棚上げにしてでも、我が子のことを第一に考え、

狂おしいまでに我が子を愛して止まないその姿には、切なささえ感じる。

親ばかといえばそこまで、けれど母親としての理想像がそこにある。



数年前に放送されていた「優しい時間」では、渋さで魅せる寺尾聰氏がとても魅力的にみえた。

父親としての理想像は、寡黙であるが哀愁を奏で背中でモノを語る人。

本能的にそういうものを求めている自分がいる気がします。




「孝行したい時に親はなし」



この言葉がリアルに心に響いてくる年代。こういった親子の愛を描いた作品が、今の自分には心に響く。

ドラマでの設定と自分との年代が近いからか?リリーフランキーさんの実体験に基づくお話だからか?



頭ではわかっていても、きっと自分自身が両親に対して何一つ報いることができていない現状があるために、

喚起される感情も少なからずある。この機会に小さなことでもいいので何かしら形のあるものでも、

そうでないものでも何かしたいなぁと想う今日この頃。心に残るような何かを。


小さい頃っていうのは、不思議なものだ。マザコンだと人を馬鹿にしたり、されたり、それに対して、恥かしく想ったり。

母親が好きだという感情をどうして、否定するのか?今考えるとほんっとに馬鹿げている。

むしろ馬鹿げているのは、それを否定する感情の方。

照れもあるだろうけど、親を大切に想うこと自体何一つとして恥かしいことじゃない。

そんな風に想う自分もまた大人に近づいてるんだろうか。



親とは、本当に偉大な存在だと想います

親がいなければ、自分もいないし

今も昔も、何も無かったのだから

当たり前なことなんて何一つない










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sun, February 04, 2007 02:20:12

灰色

テーマ:ブログ

決して楽じゃない暮らしの終わりに

彩りのようなやさしいKissをしよう



MUSIC LOVERSという番組で久しぶりに「GLAY」をみかけた。

黒(ロック)でもなければ白(ポップ)でもない灰色。

彼らの奏でる音楽に相応しいバンドネーム。

今や、黒でも白でもなんでもいい「GLAY」という名のジャンルといってもいい。



中学高校時代よく聞いていたバンドの一つのグレイ、GLAY。

なんでも一時期活動を休止していたとのこと。八ヶ月程。

世の中の移り変わりってほんっと早い…



そもそも才能があるとは、どういうことなんだろう?

プロとしてやる以上、自己満足で終わらない音楽を創れる人のことをいうのかな?

結局は、いわゆるニーズを的確に捉えて曲を描くこと、売れる曲を描くこと!なんだろうか。



あれだけ一世を風靡したバンドが表舞台に出てこない!活動休止中は、ラルクにしてもそうだったけど。

だけどそんなことが気にならないほど、相変わらず世の中は動き続けるし、どんどん新たなアーティストも出てくる。

そんな早い時代の荒波の中で、居場所を確保しつづけることって本当に難しいことだと想う。



バンドで何十年も同じメンバーでやれるって自体奇跡といってもいいんじゃないかなぁと想います。

4、50歳になっても彼らにはバンドを続けて欲しいと心から想います。



夏音、百万回のKissにしてもGLAYらしい曲で好きです。

やっぱりGLAY王道は、ミディアム系だと想う。一番落ち着きます。








AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。