ダブルで病人。その後 | Happy Go Lucky

Happy Go Lucky

2015年5月生まれ
特別養子縁組で授かった21トリソミーの男の子と一緒に

ブログ説明の無い方、記事の無い方の
アメンバー申請はお断りしています。


テーマ:

インフルの母の熱はさがらず、食事もとれず水分だけ。

水分補給さえできていれば、大丈夫なはず。

でも、譫妄なのか変なことを言って不安がつのる。

 

「ごきえ洗濯するの?」

「たーが暖かいの」

などなど、、、

ごきえって何?たー?

半分通じる分、怖さが倍増です。

病気やケガが元でアルツハイマーが発症するのはよくある話らしいので

もしそうだったらどうしよう?と、こっちの心配もしました。

幸い、熱が下がったら譫妄の方は収まりほっ。

 

翌日水曜日。

少しさがりましたが、まだ母の熱は38度。

でも昨日よりは少ししっかりしています。

なので、朝と昼のお薬を母にのませてから、るるるの付き添いいってきました。

 

病院のベッドでは拘束を解かれていました。

でも、両手に筒状のものをはめられていてロボットみたいに。

それをはずしてもらったら、両手をあげて抱っこサインのるるる。

久しぶりに抱っこしたるるるの暖かさに涙がでそうに。

 

3時過ぎに先生が回ってきてくれて、病状の説明を受けました。

熱はもう下がって酸素はまだ3リットル、抗生物質と、ステロイドでの治療を継続中。

誤嚥が怖いので食事はだしていない、今日の夜からとのこと。

保育士さんが遊ぼうとしても、辛いのかすぐにべたっと前に倒れこむように寝てしまうそうです。

 

確かに、ずーっと

「ううううー」ってうなって歯ぎしりも止まらないし、大好きないないいないばあや、ハイタッチもしてくれない。

ベッドの上で虚ろな目でぼーっとしている。

 

何よりも笑顔が全くなし。

るるるは愛想のよい子でちょっとこのことで笑ってくれるし、その笑顔が可愛い子だったのに何をしても笑わない。

そんな状態のるるるをみているのが辛くて辛くて。とにかくいっぱい抱っこして、ぎゅーってして過ごしました。

 

{BEED8D6A-93A5-4478-B03D-77CFB5251CBE}

 

 

 

 

6時過ぎに久しぶりのご飯がきました。

その量をみてビックリ。

普段食べている半分もない!?

 

てか、本当はこれが適量????今まで食べさせすぎ?

いや、そんなことはないはず。

一か月違いのお友達も同じくらい食べているし、太ってもいないし(逆に痩せているくらい)。

 

入院前は食べ物を受け付けなくなっていたので食べるか心配でしたが、ペロリと完食。

そして、足りない泣き。ですよねー。この量じゃ。

お茶を飲ませてごまかして、なんとかごちそうさまをさせました。

でも、入院前は食べられなかったので、口から栄養を取れるようになって良かった。

 

食べるって大事だと思うんです。

食べる気持ちがある=回復してきているだと。

 

食事の後、鼻水を引きにきた看護師さんに食事の量がすくないんですけど。。。

って聞いてみたら、まだ慣らしだから。

明日には普通量になりますよ。って言われてちょっと安心。

毎回足りない泣きをごまかすのは大変だから笑い泣き

 

母親も心配なので、ご飯を食べさせて帰ろうとするとギャン泣き。

というか、柵をあげるだけで毎回ギャン泣きでトイレも一苦労です。

 

入院して気が付いたことは、母子分離は楽というのは思い込みだったということ。

 

面会時間は朝9時から夜21時まで

ずっと付き添うなら12時間病院、往復の時間を入れると一日の半分以上を外で過ごすことになります。

 

私の場合、朝母親のご飯と薬の服薬を確認。

その後大体お昼ご飯くらいのタイミングで病室にいき、夕飯を食べさせて帰るのが付き添いパターンでした。

12時~7時過ぎまで約7時間。

これが意外ときついです。

 

今回るるるが入院したのは大部屋なので、音や咳にも気を使います。

↑気にしすぎと、旦那ちゃんに言われたけど。

 

イヤイヤ、ほとんどの親は気にすると思いますよ。
この辺が男親の無神経?
 

ちょっと思ったのは、母子分離と母子入院どちらが楽なんだろう?

 

7時間ほとんどの時間座って、誰とも喋らずにいるのがこんなにしんどいとは・・・

母子入院なら、少しは体を横にできて楽なのかな?

こちらは経験したことがないのでわからないです。

 

隣の芝生・・・なのかもしれませんね。

らららさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。