来日旅行者おもてなし活動で、世界中に友達つくろう!

来日旅行者おもてなし活動で、世界中に友達つくろう!

国籍気にせず友達づきあい楽しむ仲間 『WISH CLUB』 ブログ

「世界中に友達つくりたい!」そんな願いを実現するために、様々な国から日本にやって来る旅行者との交流イベントを開催しています。

あなたも「いろんな国の人たちに会ってみたい」と思ったら、一度遊びに来てみませんか?

英語が話せないとか、関係ありません。

世界中に友達の輪が広がります☆


【2019年 活動予定】

・8月-9月・・・イタリア着物ワークショップ&ヨーロッパ訪問旅行




伊豆下田市の養蜂農家『下田みつばち』のキセザトさん宅を訪ね、巣箱観察&はちみつ採取体験をしてきました。

 

見学させていただいて、これまでに見てきた稲作や畑作、畜産などの産業化された本格的農業従事に比べ、趣味からでも始められそうな多少の敷居の低さを感じました。

 

とはいえ、それも実際の敷居の低さではなく、個人的主観からの”好み”からくるものだとは思うのですが。。。

 

数年前ヨーロッパ家族旅行をした時にも、ドイツで遊びに寄らせてもらったユヌスのお父さんが、趣味的な感じでこじんまりと養蜂をやっておられて、お土産に自家製ハチミツをいただいたり、去年マレーシアに行った時には、面倒を見てくれたシーミンのお友達のお父さんがハニーハンターをしていて、そのハチミツをいただいたりもして、”身近で自然な農産物”でもあることが思い返されて、なんか自分も養蜂やってみたくなりました。

 

 

 

 

11月13日から23日にかけてマレーシアの友人たちの再会ツアーと、インドネシアの友達家族ご挨拶訪問をしてきました。

 

華ちゃんが生まれてから初めての訪問だったので、約6年ぶりでした。

 

クアラルンプールのダニエル&キャリーさんの息子さんは驚くほどに成長していたり、タパのシーミンがちょっと太っていたり(私もですが・・・)、ジョホールバルのジェニーには華ちゃんと同級生の娘さんがいたり、ほかの三姉妹のジョセフィン、キャサリンの子供たちも見違えるほどに大きくなっていました。

 

今回の旅では、その変化を楽しむ事が出来たのと同時に、わが家の子供たちを連れて見せられたことは、大変有意義であったと実感しました。

 

というのも、帰国後に華ちゃんのfacebookページにリンクしてある成長記録のスライドショーに対して、みんながイイネしてくれたり、コメントを寄せてくれたりしたからです。

 

おそらくですけど、子供たちの存在は知ってはいるものの、会ってはいないので、私がアップする写真や動画に対しても、なんとなく実感がわかなかったけれど、今回の訪問旅行で、子供たちと直接対面したことで、良い点悪い点を直接目にして、実感したことで、今回のアクションに至ったのだと思います。

 

特に、クアラルンプールのキャリーさんは、『華ちゃんの周りの人たちへの適応能力は、あなた達から受け継がれているね。これからが楽しみだね』とコメントしてくれ、友達訪問(ミッション引継ぎ)の旅の重要性を再認識させてもらいました。

 

次男大和くんは、まだ歩けないものの、少しずつ子供たちも成長し、一緒に旅をすることもしやすくなってきたので、これを弾みに、国外活動も積極的にしていこうと思います。

 

いっそのことマレーシアに中長期滞在すれば、子供にとって更なる成長の機会になるかなとか。。。考えたりもしています。

 

知人・友達も多くいますし、そこをハブにしながら周辺国の友達を訪問したり、世界各国の友達をそこに呼ぶというスタンスも面白い。

 

ともあれ、そんな時期がいつ終わるかもわからない人生の中にあっても面白いかなというノリで真剣に検討中です。

 

 

ジョホールバルの三姉妹ファミリーと記念撮影

 

 

 

先日、マイとフレデリックが、静岡に遊びに来てくれました。

 

2006年の日本旅行中に遊びに来てくれ、その後2013年にタイを訪れた時に再会を果たしていて、今回は3度目となります。

 

タイでの再会の時には、彼らには長男プリンストンのみでしたが、今回は、彼らに二人、僕たちにも3人の子供がいて、滞在中はとても賑やかな感じでした。

 

これからの変化と友情の継続が楽しみです。

 

また、フレデリックに世界の文化を子供たちに学ばせたい親子による『World Schoolers』という団体のことを教えてもらい、自分たちが行ってきた活動にかぶる部分も多いので、ちょっと詳しく掘り下げてみようと思います。

 

■2006年7月新婚当初の日本旅行中で静岡に立ち寄ってくれた時の二人

 

■2013年チェンマイのマイの実家を訪ねた時の写真

 

■2019年静岡にて