先輩社員インタビュー 【エンジンの流体解析】 | ワイズトレーディングの最新トピックス

ワイズトレーディングの最新トピックス

新着の求人情報や開発事例をお届けします。

2017年新入社員

神奈川工科大学 創造工学部 自動車システム開発工学科 出身

 

【これが私の仕事】

エンジンの流体解析!

 

次世代パワートレーンの先行開発においてエンジンの燃焼室やポート内の気流や燃焼を解析するために、CFDを用いて流体解析シュミレーションを行っています。世界中でガソリン車から電気自動車への移行を目指していますが、まだまだ課題は多く、すぐに移行できないのが現状です。一方、内燃機関はハイブリッド車やPHEVで発電機、補助動力としてまだまだ使われていきます。そのため、エンジンの高効率化やエミッション低減に取り組んでいます。

具体的な業務内容は、計算自体はコンピューター上でおこないますが、準備のであるモデル作成、条件設定計算結果の処理、報告書の作成をおこなっています。

 

CFD(computational fluid dynamics 数値力学)

 

 

【だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード】

常に考え、創意工夫が結果につながる

 

先行開発であるため、完全に決まった条件はなく、用途に合わせて、設定変更して計算を行います。結果も様々な角度から見るため、考えながら業務を行うことが面白いです。

 

 

【ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き】

目標の共有ができる

 

型にはまらず、新しいものに挑戦できる会社であること、社員一人一人が高い目標を持ち、熱意があることに魅力を感じ、この会社を選びました。