先輩社員インタビュー 【トランスミッションの先行開発】 | ワイズトレーディングの最新トピックス

ワイズトレーディングの最新トピックス

新着の求人情報や開発事例をお届けします。

2016年新入社員

神奈川大学 工学部 機械工学科 出身

 

【これが私の仕事】

トランスミッションの先行開発

 

トランスミッション内に存在する潤滑油による燃費悪化の影響を小さくするような潤滑の評価解析を行っています。自ら評価条件を考え、事前に結果を予想します。

評価結果が事前の結果予想と一致した時は、技術者としてとても自信になります。

 

また同プロジェクト先のリーダーとしてエンジニア業務以外にも関わっております。

私は特にメンバーの意見吸い上げによる相談事解決や、上司とのリンク役に注力しています。

基本的に平日は、プロジェクト先でのエンジニアとしての業務であり、上司や同期と顔を合わせることが少ない本事業体では、すぐに自社社員へ相談できず、不安を感じることもあると思います。リーダーとして相談事の聞き取りなどにより、困りごとの解決に努めています。

自社社員同士が共同で外勤先の業務を行うことはほとんどないため、話ができる時間は業務外となってしまいますが、プライベートな時間でも、なんでも相談されるリーダーでありたいと思っています。

 

また、2ヶ月に一度の土曜出勤日に実施される定例会での社内教育の講師や内容の決定、新事業の立ち上げなどの会社規模拡大へ向けたプロジェクト等、会社運営にも携わった業務も行っています。 

 

 

【だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード】

入社4年目からリーダーとしてマネージメントを任せてもらいました。

世間的には、若手と言われる年齢ながら、責任も大きくやりがいもあります。

後輩や部下の困りごと解決や、教育体制などの会社運営に対して、自分の意見が受け入れられた時、外勤先で得た技術(機密に触れない範囲)を自社社員へ還元できたときには、会社の成長に貢献できたと感じ、嬉しく思います。

 

 

【ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き】

大手メーカーでの開発に従事でき、エンジニアとしての成長できると感じました。

私が入社した当初に比べて従業員数・売上や取引先数も増加しており、会社の成長を肌で感じております。

前述した定例会では、世間話などのコミュケーションもあり、雰囲気が良く気に入っています。

また、プロジェクト期間に応じて、様々なメーカー部署へ配属される可能性があるため、

多くの会社を知ることができる点に魅了を感じています。