アカシック・ストーリーテラー&

エグゼクティブ・コーチのAkiyoです。


ニュースレター読者限定の

「私が作るライフ・ストーリー」
有料モニターに参加してくださった

 

PRプランナー、渡邉陽子さんから

ご感想をいただきました。

 

——————————————————————

 

 

セッション後、

見える世界が一変しました
 
 
”持って生まれたもの”が目の前に示され、
やるべきことがクリアになり、
 
 
何よりも
 
「自分が本当の意味で望んでいる豊かさ(目的)」と
「そのために取るべき手段」が
ぴったり、合致
 
 
「あとはやるだけだよ」
 
強く背中を押してもらった気がします。
 
 
 
 
「両輪」というのは
 
「目的と手段」
「精神世界と物質世界」
「直感とロジック」
 
 
 
いろんなカウンセリングや
コーチングを受けてきましたが
 
 
■アカシックリーディングで
自己の深淵を掘り下げ
 
■ハイレベルのコーチング技術を駆使して
具体的かつ現実的な行動指針を練る
 
 
この両輪を回せる人って、
私はAkiyoさん以外に知りません。
 
 
 
「どんな未来にいたいですか?」
と、聞かれて出した答えが
 
 
知らず知らずに
本音とかけ離れていることって
 
実は多いものです。
 
 
▼世間体や人の反応を気にしたり
▼一般論や常識の範囲内に囚われてしまったり
▼自分のコンプレックスを願望にしてしまったり
 
。。。
 
本当はやりたくないのに、
「そうすべき」にとらわれて目標設定をしてしまうこと、
 
私はよくあります。
 
 
 
でもそうすると、
やっているうちに
自分が苦しくなってくるんですよね。。。
 
 
 
▼お金は稼げるけど全然幸せじゃない
▼何かがずれている気がする。。。
▼この日常の先に、果たして理想の未来があるのかな?
 
 
 
。。。。
 
セッションを通して
もたらされたのは
 
 
 
★「感情」を「行動」の指標にする★
 
 
 
という
これまでとは真逆のアプローチ
 
 
 
 
この意識があるのとないのとでは
 
選択の仕方にも
計画の立て方にも
到達する未来にも
幸せの度合いにも
 
雲泥の差が出ると
確信しています。
 
 
 
もし、
以前の私と同じくモヤモヤしている人がいるなら、、、
 
 
今がタイミング、かもしれませんね。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 
一般的に自分の本音というものは
 
自分で言葉にできるもの全てが
「本音」とは限らず
 
言葉とは裏腹に
複雑な感情や想いが絡み合って
自分ではない自分を
日常で演じてしまっている事があります。
 
 
例えば
本当は負けん気や闘争心が強いのに
人によく見てもらいたいが為に
「優しい人」「いい人」を演じている。
 
 
例えば
本当は自由になりたいのに
自由になることへの不安感や罪悪感があり
自分の想いとは別に
世間一般の「成功」「常識」の中で動いてしまう。
 
 
例えば
本当はやりたくない事なのに
周りの期待に答えたい。そして
できないやつと思われたくない、と
つい自分に無理をして、やってしまう。
 
 
こういう事は多かれ少なかれ
 
誰しもあること。
 
 
 
しかし今回の陽子さんのように
 
 
『私はこんなところがあるのかも知れない』と
 
自分の感情をごまかさずに
 
且つその感情がどこから来ているのかを客観視し
 
「そこに何があるのか」を抽出できるのは
 
全ての人が、いつでもどこでも
 
できるものでは無く
 
 
 
「自分の本心から逃げない」という
 
彼女の揺るがない意思が
 
もたらしたもの。
 
 
そう。「やる」と決めた
 
彼女の「本音と感情」が動かした
 
現実でした。
 
 

*****
Akiyo 

 

PS:今回の「私が創るライフ・ストーリー」

正式な一般公開は4月になります。

事前の発表日やその他の

FBやブログでは書かない情報は
こちらから
 

 

雪雪雪 サービスメニュー 雪雪雪

雪クリエーション 
『望む理想を実現させる』自己実現プログラム。

雪アカシックリーディング
必要な情報をあなたに。

雪Discover Compass 
あなたの本当の羅針盤を探しだす。

雪お申込み
雪スケジュール
雪お問い合わせ
(私の個人メールに届きます)