火災保険料5~9%上げ 10月から損保4社 昨年の風水害で | 税理士ゆーちゃん・こーちゃんと男女7人の○○な話

税理士ゆーちゃん・こーちゃんと男女7人の○○な話

大阪府寝屋川市の長瀬会計事務所のスタッフブログ。楽しくやってまーす!
税務、会計だけでなく事業再生支援など会社経営のサポートに力を入れてます。


テーマ:

火災保険料5~9%上げ 10月から損保4社 昨年の風水害で

 日本経済新聞 掲載

 

大手損害保険4社は10月から火災保険料を5~9%引き上げる方針だ

 

2018年7月の西日本豪雨など国内で相次いだ風水害で保険金支払いが増えているためで、大手の一斉値上げは4年ぶり。こうした風水害が今後も続けば、家計や企業の保険料負担が増える基調が続く可能性がある。

 

東京海上日動火災保険は全国平均で6~7%の引き上げとなる。

 

損害保険ジャパン日本興亜は5~7%、三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険は6~9%の範囲で引き上げ幅を調整している。

 

18年度の大手損保4社の風水害に伴う保険金支払額は1兆円台に上り、過去最大規模になった。

 

西日本豪雨のほか、台風21号や台風24号が各地に大きな被害をもたらした。

 

こうした風水害が続けば、20年以降も火災保険料は引き上げ基調が続く公算が大きい。

 

損保各社でつくる損害保険料算出機構は18年に各社が」保険料を算定するもととなる参考純率を平均で5・5%引き上げた。

 

損保各社はこれを踏まえ、保険料引き上げに向けた検討を重ねていた。

 

風水害が相次いでいることを受け、参考純率を上回る引き上げを実施する方向となった。

 

 以上

 

昨年度は高槻を震源とする地震に始まり、台風21号・台風24号と連続して関西地方直撃しました。

今までは、大きな被害はなかったのですが、昨年は違いました。又世界の各地でも風水害ので被害のあったニュースをみます。

異常気象が続く昨今、地球温暖化について各国ももっとより深い議論、実践して欲しいですね。

 

 

 

最後まで読んで頂き、有難うございます
人気ブログランキングに参加しています

クリックお願いします。 ↓

         人気ブログランキングへ
 

税理士ゆーちゃんの記事一覧

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO2

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO3

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO4

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO5

 

WINWINKJさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります