民間国内初、ロケット宇宙空間に  北海道、MNM03号機 | 税理士ゆーちゃん・こーちゃんと男女7人の○○な話

税理士ゆーちゃん・こーちゃんと男女7人の○○な話

大阪府寝屋川市の長瀬会計事務所のスタッフブログ。楽しくやってまーす!
税務、会計だけでなく事業再生支援など会社経営のサポートに力を入れてます。


テーマ:

民間国内初、ロケット宇宙空間に  北海道、MNM03号機

 YAHOOニュース

 

元ライブドア社長で実業家の堀江貴文さんが出資するベンチャー、インターステラテクノロジス(IST)の小型ロケット「MO(も)MO(も)」3号機が4日午前5時45分、北海道大樹町から打ち上げられた

 

ロケットは数分後、民間単独のロケットとして国内初めて高度100キロの宇宙空間に到達。打ち上げは成功した。機体は太平洋上に着水した。

 

堀江さんはツイターに「宇宙は遠かったけど、なんとか到達しました。高度113km」と投稿した

 

MOMO3号機は全長9・9メートル、直径50センチ、重さ1150キロの液体燃料ロケット。

 

市販の部品を使うなど低コストで開発した。

 

今回の打ち上げ費用は数千万円。当初4月30日に打ち上げる予定だったが、燃料の液体酸素漏れが直前に発覚。部品の交換や発射場近くの強風のため、3度延期していた。

 

ISTは、前身企業が始めた宇宙事業を継承して2013年に設立。

 

MOMOで高度100キロ超の宇宙空間への到達」を経て、高度500キロに重さ100キロ程度の小型衛星を打ち上げる新型ロケット「ZERO(ゼロ)」の開発をめざしている。

 

中略

 

ISTが狙うのは、重要が高まってきた小型衛星の打ち上げ事業への参入だ。

 

部品の高性能化により、衛星の小型化が進み、年間数百機が打ち上がる一方で、打ち上げは大型ロケットに頼っている。ただ、コストは最低数十億円と高く、他の衛星との相乗りで待ち時間が長いなどの不都合がう多く、世界中で安価で小回りのきく小型ロkrットの開発が進んでいる。

 

ISTは、今回の成功を機にZEROの開発を加速させたい考えだ。

 

商業化すれば、1回のコストは6億円以下、年数十回の打ち上げ需要を見込んでいる

 

早ければ22年末に打ち上げる予定。

 

 以上

 

打ち上げの発表があってから、結果の発表が無かったので心配していたのですが、成功して良かったです。

堀江貴文さんが当初宇宙に興味をもっていることを、知ったとき、現実になるとは思っていませんせした。

これからも新しい事に挑戦し、日本を引っ張ってください。

 

 

 

 

最後まで読んで頂き、有難うございます
人気ブログランキングに参加しています

クリックお願いします。 ↓

         人気ブログランキングへ
 

税理士ゆーちゃんの記事一覧

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO2

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO3

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO4

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO5

WINWINKJさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります