毎月勤労統計 雇用保険の算定基準に | 税理士ゆーちゃん・こーちゃんと男女7人の○○な話

税理士ゆーちゃん・こーちゃんと男女7人の○○な話

大阪府寝屋川市の長瀬会計事務所のスタッフブログ。楽しくやってまーす!
税務、会計だけでなく事業再生支援など会社経営のサポートに力を入れてます。


テーマ:

毎月勤労統計 雇用保険の算定基準に

日本経済新聞 きょうのことば

 

※・・労働者の賃金や労働時間などの変化を把握するための統計。

 

厚生労働省が毎月公表しており、国が重要な統計と位置づけている基幹統計の一つだ。

雇用保険や労災保険などの給付額を決める際の算定に使われるほか、働く人が受け取る報酬の総額を示す「雇用者報酬」の算出にも用いられる。

 

従業員500人未満の事業所は抽出調査だが、500人以上の大規模事業所に関しては、全て調べるルールになっている。

 

※・・今回の不正は、東京都内の大規模事業所について、全数調査の対象にもかかわらず」2004から3分の1程度を抽出して調査してたことが発端。

 

18年調査からは実態に近づけるための復元加工を無断でしていた。

 

04~17年は賃金の高い都内の大規模事業者が抜け落ちたことで賃金が低く公表され、雇用保険や労災保険の給付が過少になった。

 

厚労省は、過少給付の対象がのべ約2015万人、追加給付額は約564億円にのぼるとみている。

 

※・・・厚労省は1月に外部有識者で構成する特別監査委員会を設置し、同月22日に報告書を公表し「組織的な隠蔽は認められない」とした。

 

しかし関係者の聴取に同省幹部が同席していたなどで中立性に疑義が生じ、再調査に追い込まれている。

 

  以上

 

別の記事で「厚労省の不正は{賃金構造基本統計}でも明らかになった。この調査は調査員が事業所に出向いて調査票を配布するのが決まりとなっているが、同省は郵送に変更していた。政府の一斉点検でもこの違反は報告されなかった。

最近各省庁からのアンケート調査票が郵送されてきます。手渡しでなくても良いのですが、結果を正確に分析して、行政に役立てて欲しいです。

 

 

 

最後まで読んで頂き、有難うございます
人気ブログランキングに参加しています

クリックお願いします。 ↓

         人気ブログランキングへ
 

税理士ゆーちゃんの記事一覧

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO2

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO3

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO4

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO5

 

WINWINKJさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります