キャッシュレス決済 25年までに普及4割目標 | 税理士ゆーちゃん・こーちゃんと男女7人の○○な話

税理士ゆーちゃん・こーちゃんと男女7人の○○な話

大阪府寝屋川市の長瀬会計事務所のスタッフブログ。楽しくやってまーす!
税務、会計だけでなく事業再生支援など会社経営のサポートに力を入れてます。


テーマ:

キャッシュレス決済 25年までに普及4割目標

 日本経済新聞 きょうのことば

 

現金を使わない決済手段のこと。

 

代表例としてクレジットカードのほか、スマートフォン(スマホ)によるQRコード決済や電子マネーがある。

 

銀行口座と結びつけて後払いや即時払いで利用したり、利用金額を事前にチャージしたりして使う。

 

NIRA総合研究開発機構が2018年8月に実施した調査によると、日本では36%の人が現金の利用を好む傾向にあり、お金の使いすぎへの懸念やセキュリティー面の不安がネックになっている。

 

主要国のキャッシュレス比率は韓国が約9割、中国が6割、米英が5割程度なのに対し、日本は2割にとどまっている。

 

キャッシュレス決済を導入すればレジの締めなど人手と時間がかかる業務を効率化できる。

 

キャッシュレスに慣れた外国人観光客による消費の拡大も見込める。

 

利用者が何をどこで買ったノカトイウデータを使った販売促進も期待されている。

 

政府は25年までにキャッシュレス比率を4割まで高める目標を掲げている。

 

 以上

 

日本はこの面でも遅れていますね。

政府は消費税率を8%から10%に上げることにあわせた消費の下支え策として、買い物などでキャsッシュレス決済をした消費者に決済事業者などを通じてポイントを還元する。期間は」10月から20年6月までの9カ月間。

なにか中途半端なきがしてなりません、又販売店等の事業者のクレジットカード手数料負担はどうなるのでしょうか。

 

 

 

最後まで読んで頂き、有難うございます
人気ブログランキングに参加しています

クリックお願いします。 ↓

         人気ブログランキングへ
 

税理士ゆーちゃんの記事一覧

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO2

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO3

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO4

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO5

WINWINKJさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります