畑岡奈沙プロのスイング  左前腕部の旋回 | 税理士ゆーちゃん・こーちゃんと男女7人の○○な話

税理士ゆーちゃん・こーちゃんと男女7人の○○な話

大阪府寝屋川市の長瀬会計事務所のスタッフブログ。楽しくやってまーす!
税務、会計だけでなく事業再生支援など会社経営のサポートに力を入れてます。


テーマ:

畑岡奈沙プロのスイング  左前腕部の旋回

 夕刊フジ 掲載  一部抜粋

 

畑岡は、ライさえ良ければ、フェアウエからのショットと同じでいいという。

クリーンヒットといっても、ボールだけを打つイメージを描くと、アッパーブロ^になって、ひとつ間違えるとダブリ、トップのミスになってしまう。ここでいうクリーンシットとはダウンブロー軌道でボールをとらえ、そこから先の砂を削っていくのが正しい動きになる。

畑岡のスイングを見ていると、しっかりフェースをターンさせている。

ダウンスイングから打ち抜くまで、左前腕部を時計と反対回り(自分から見て)に旋回させるのだが、ここで大事なポイントがある。

それは、左親指を地面に向けていくようにすることだ。

いわゆるサムダウンという動きなのだが、これによって、左前腕部が旋回し、フェースターンも自然に行われる。

左親指でボール前後の地面に半円の線を描くようなつもりで、ゆっくりとハーフスイング以下の大きさで素振りをくりかえしてみるといい。この感覚をつかめる。

  以上

 

私もこの練習をしだしてから、ゴルフらしいゴルフができるようになりました。

Y・E・ヤンの記事にもにたようなことが書いてありましたので、来週でも紹介させてもらいます。

 

 

最後まで読んで頂き、有難うございます
人気ブログランキングに参加しています

クリックお願いします。 ↓

         人気ブログランキングへ
 

税理士ゆーちゃんの記事一覧

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO2

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO3

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO4

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO5

 

WINWINKJさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります