血液1滴で卵巣がん99%発見 | 税理士ゆーちゃん・こーちゃんと男女7人の○○な話

税理士ゆーちゃん・こーちゃんと男女7人の○○な話

大阪府寝屋川市の長瀬会計事務所のスタッフブログ。楽しくやってまーす!
税務、会計だけでなく事業再生支援など会社経営のサポートに力を入れてます。


テーマ:

血液1滴で卵巣がん99%発見

 夕刊ウジ 掲載

 

血液1滴で卵巣がんを判別ー。国立がん研究センター(東京都中央区)は17日、わぞかな量の血液からがんの有無を調べる新しい検査法で、卵巣がんを99%の発見率で見つけることができたと発表した。

 

診断が難しい卵巣がんの早期発見と生存率向上につながると期待され、同センターは、さらに開発を進めて「5年以内の実用化を目指したい」としている。

 

チームは、がんが血中に分泌する「マイクロRNA」と呼ばれる物質に着目。冷凍保存された卵巣がん患者428人分を含む計4046人分の血液を使って、卵巣がんに特徴的なマイクロRNAを調べた。

 

10種類を特定し、これらの分泌量を調べることによって、99%の卵巣がん患者を正しく発見できた。

 

がんでない人を誤って陽性と判定するケースはほぼ0%だった。必要な血液の量は0・8ミリリットルだった。

 

卵巣がんは年間新規患者が約1万人。自覚症状が乏しい上に有効な検針方法もないため、進行してから見つかるケースが多く、死亡率が高いことが問題となっている。

 

同様の手法でがん研究センターは、胃がんや肺がん、肝臓がんなど計13種の検査法の開発を目指している。

 

 以上

 

がんの発見率が99%とは、すごいですね。 それも血液1滴で。

他のがんの検査法も、同じ方法で早く開発されればいいですね。

 

 

最後まで読んで頂き、有難うございます
人気ブログランキングに参加しています

クリックお願いします。 ↓

         人気ブログランキングへ
 

税理士ゆーちゃんの記事一覧

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO2

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO3

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO4

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO5

 

 

 

 

WINWINKJさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります