短時間正社員制度  「導入」上昇21・2% | 税理士ゆーちゃん・こーちゃんと男女7人の○○な話

税理士ゆーちゃん・こーちゃんと男女7人の○○な話

大阪府寝屋川市の長瀬会計事務所のスタッフブログ。楽しくやってまーす!
税務、会計だけでなく事業再生支援など会社経営のサポートに力を入れてます。


テーマ:

短時間正社員制度  「導入」上昇21・2%

 日本経済新聞 掲載

 

育児や介護といった理由以外でも短時間で勤務できる「短時間正社員制度」への注目度が高まっている。

 

厚生労働省の2016年度の調査によると、短時間正社員制度を導入する事業所の割合は21・2%と、前年比に比べて6・2ポイント上昇した。

 

育児などが影響しているためか、利用するのは女性が約85%と圧倒的に多い

 

短時間正社員は通常のパートタイム社員と主に2つの点で異なる。

 

厚労省の定義では、企業との労働契約に機関の定めがなく、時間あたりの基本給や賞与・退職金の算定方法がフルタイム正社員と同等になっている。

 

パートやアルバイトに比べて企業の負担は重くなるケースも多いが、人手不足が続いているなか「短時間でもいいので、しっかり働ける優秀な正社員を確保したい」といった企業の重いが見えてくる。

 

ただ、中小企業にはややハードルが高い制度でもある。

 

調査では事業所規模が500人以上の場合は導入率が4割近くに迫るが、500人未満では3割を切っている。

 

一方、厚労省の17年の調査では完全週休2日制より「休日日数が実質的に多い制度」を導入する企業は6%にとどまる。

 

そもそも毎週必ず2日間が休みとなる「完全週休2日制」の導入企業は依然として46・9%と半数以下。

 

週休3~4日という休み方が一般化するにはまだ時間がかかりそうだ。

 

 以上

 

当事務所も、完全週休2日制にして30年以上にはなります。

開業当初は土曜日も午後3時まででした。次第に事務員の要求に答え完全週休2日になってゆきました。又社会保険加入での準社員制度も導入し、一日6時間の勤務です。

 

 

 

最後まで読んで頂き、有難うございます
人気ブログランキングに参加しています

クリックお願いします。 ↓

         人気ブログランキングへ
 

税理士ゆーちゃんの記事一覧

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO2

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO3

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO4

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO5

 

 

WINWINKJさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります