事業承継税制と株式の担保提供 | 税理士ゆーちゃん・こーちゃんと男女7人の○○な話

税理士ゆーちゃん・こーちゃんと男女7人の○○な話

大阪府寝屋川市の長瀬会計事務所のスタッフブログ。楽しくやってまーす!
税務、会計だけでなく事業再生支援など会社経営のサポートに力を入れてます。


テーマ:

事業承継税制と株式の担保提供

 

いわゆる事業承継税制(一般措置)を適用するには、猶予税額等に相当する担保を提供することが必要だ。

 

担保として株式を提供する場合、「株券発行会社」であれば、法務局への“株券”の供託等が必要だが、「株券 発行会社」であれば、税務署への一定の書類の提出で足りることになっている措令40の8 ③等)。

 

過去に株券を発行したことのない中小企業であっても、会社法上の「株券発行会社」に該当する場合には、法務局への株券の供託等が、株式を担保として提供するための要件となる。

 

平成18年の会社法施行後に設立された会社は、「株券 発行会社」に該当することが原則とされている一方で、旧商法では,「株券発行会社」に該当することが原則とされていた

 

旧商法時代から、定款変更を行っていない会社は、現在も「株券発行会社」に該当することになる

 

「株券発行会社」とは、会社法上、“株券を発行する旨の定款の定めがある株式会社”とされているため( 会社法117 ⑦)、実際に株券を発行しているか否かは関係ないことになっている

 

そのため、過去に株券を発行したことのない「株券発行会社」が、法務局への株券の供託等をせず、一定の書類(非上場株式に税務署長が質権を設定することについて承諾した書類等)の提出により株式を担保提供するには、定款変更により「株券 発行会社」になる必要があるわけだ

 

ちなみに、平成30年度改正で創設された事業承継税制の特例(特例措置)でも、猶予税額等に相当する担保の提供が適用要件とされている。

 

株式を担保提供する場合の要件についても、前述の一般措置と同様となる措令40の8の5 ③等)。

 

 

最後まで読んで頂き、有難うございます
人気ブログランキングに参加しています

クリックお願いします。 ↓

         人気ブログランキングへ
 

税理士ゆーちゃんの記事一覧

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO2

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO3

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO4

税理士ゆーちゃんの記事一覧NO5

 

WINWINKJさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります