ジャイアン理論 | 為せば成る、為さねば成らぬ何事も

為せば成る、為さねば成らぬ何事も

5歳男児を育てるアラフォー母の日常や、気づき、気持ちを正直に書いています。


テーマ:

思考整理・価値観探索で

自分らしく生きよう!!

認定プレシャス・マミー コーチの
藤畑 芙由子です。

 

 

自分の子どもが周りの人に迷惑をかけるのが嫌、

周りに迷惑をかけないように見張ってなきゃ!!

それがしんどい、つらいって思ってる人へ。

 

私は、周りの人に迷惑をかけてはいけません。
そんな風に思い込んで生きてきた。

その思い込みのもとは、親からの言葉だったり、

今までの経験だったりいろいろ。

じゃ、実際に迷惑をかけてないか?

相手が本当に迷惑だと思うのか?

とかは実際のところわからないのだけど。
だから、私の思い込み。

子供が騒ぐ時、

走り回る時、

物に触ろうとする時、

ぶつかった時、

人の邪魔になっている時。

 

色々な時に、

周りの状況を見て!!

気を使って!!

って思う。

 

そんなこと、子どもには無理だとわかっていても。

 

子どもに無理なら、私がそれをさせないようにしなきゃ。

 

だから、子どもの失敗は私の責任。

私が見張ってなかったから、

私が止められなかったから、

私がその場に行かせてしまったから。

 

 

苦しいよねー。

すっごくわかる。

私もそこから、いまだに完全に抜け出せてはいないから。

 

いくら、子どもの失敗は子どもの失敗で、

そこから学ぶことがあるって

理屈ではわかっていても、

子ども本人で完結するものならまだしも、

周りの誰か(特に第三者)を不快にすることは、

しちゃいけないと思ってしまう。

 

私も場所や、周りにいる人を選びながら、

子どもを信用して、子どもの自由にさせるを

少しづつ、挑戦しようとしているところ。

 

 

ところで、今、子どもの成功はどう思ってる?

 

私はそれを聞かれて、時が止まったんだよね。

 

子どもには良いところ、できることもたくさんあって、

そこに目を向けるっていうことはしてた。

でもさ、そこは子どもがすばらしいから。

 

 

子どもの失敗は私の責任。

だけど、子どもの成功は子どもが頑張ったから。

 

あれ、これジャイアン理論と一緒じゃない?

「お前のものは俺のもの、俺のものも俺のもの」

理不尽だと思う。

だけど、自分に対してこれと同じこと、してるよね。

それは苦しくなるよねぇ。

 

 

子どもの失敗を自分の責任だと思ってるなら、

子どもの成功も自分のおかげだと思おう。

子どもの良いところは、子どもに伝えることも大事だけど、

私がこうしたからだって自分も褒めてあげよう。

 

 

本当は子どもの成功も失敗も子どものもので、

親は影響はするけど、責任を取るのは自分。

それがわかってて、そうしたいと思っても、

一朝一夕にできることじゃないから。

 

まずは、自分を責めるだけじゃなくて、

自分を認めてあげる、もしてみよう。
そしたら、少しは苦しいのが楽になる。

 

もし、1人じゃやっぱり無理だって思うなら、

一緒にどうしたいかを考えて

少しづつ変わっていくをやってみましょう。

 

藤畑芙由子のコーチングセッション

https://ameblo.jp/winter-lotus/entry-12401766803.html

藤畑 芙由子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス