コーチングを受けるメリット②~コーチの必要性とは?~ | 為せば成る、為さねば成らぬ何事も

為せば成る、為さねば成らぬ何事も

5歳男児を育てるアラフォー母の日常や、気づき、気持ちを正直に書いています。


テーマ:

思考整理・価値観探索で

自分らしく生きよう!!

認定プレシャス・マミー コーチの
藤畑 芙由子です。

前記事では、コーチングが何か、
コーチは何をしてくれるのか
について話してみました。


今日はなぜコーチが必要かについて。


馬車で着きたい行き先(目的地)とは、
コーチングで言うと、

自分の「なりたい姿」です。

「なりたい姿」って何??

「なりたい姿」なんて、
普段あまり考えないし、
口に出したりもしないよね。

でも、その答えは必ず
クライアントである

あなたの中にあるんです!!


例えば、
いつも子供にイライラして

怒鳴っちゃうのが嫌!!
という悩みがあったとして。

どんな時にイライラするの?と聞かれれば、
言うことを聞かない!とか、
道を真っ直ぐ歩いてくれない!とか、
集団行動に参加せずに走り回ってる!とか。
具体例が出てくる。

この時点で「なりたい姿」を聞かれても

わからないよね。
子どもが言うことを聞けばいい。
子どもが道を真っ直ぐ歩いてくれればいい、
子どもが走り回らなければいい

って思うもんね。

でも、そこで、
とはいえ、いつも言うことを聞かない?
イライラしても怒鳴らなかったこと、ない?
子どもが同じことをしても

イライラしなかったこと、ない?
って聞かれると、一旦考える。

こんな時には言うこときいてくれる時もあるな、とか、
自分が満たされてる時はイライラしない、とか、
子どもが何故それをしてるかがわかればイライラしない、とか、
思いつくかもしれない。

そして、
親の言うことをきかないって、

本当にいけないこと?
道を真っ直ぐ歩かないって、

本当にいけないこと?
集団行動って

本当に参加しなきゃいけないの?
走り回るのはいけないこと?
言われてみると、え??って思って
自分の価値観や判断材料について

考ちゃうよね。

そういう話を踏まえたうえで、
じゃ、どんな風になりたい?

って聞かれると、
答えに近づかない?

子どもを笑顔で見守れるママかもしれないし、
子どもと一緒に楽しめるママかもしれないし、
もっと全然違う答えかもしれない。

そこに「正解」はない。
人それぞれ、なんだっていいから。


自分の考えを言葉に出すことで、
聞かれることで、
またその質問に対して考えることで、
「気づくこと」が絶対にある。


だから、「なりたい姿」、
答えを見つけるためには
パートナーであるコーチが必要なの。


私と一緒に、あなたの中の答えを

探してみない?


少しでも気になったら、
お気軽にお問合せを♪

 

藤畑 芙由子のコーチングセッションはこちらから
https://ameblo.jp/winter-lotus/entry-12401766803.html

藤畑 芙由子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス