熟成記事とメガネ選び | ダメ出し地獄はもう卒業 子育てをエンターテイメントに!

ダメ出し地獄はもう卒業 子育てをエンターテイメントに!

自分責めを自信に変える
5歳児ママ専門コーチ藤畑芙由子です。
オンラインでのコーチングセッションを行っています。

やんちゃな5歳男児の子育て中!!


テーマ:

1ヶ月前の話ですが・・・
6/23の朝6時に家を出て、
高速バスに乗り、
行ってきました友達(きみちゃん)がいる木曽福島!

この友達、知り合ったきっかけは子育て講座なんだけど、
会ったことは1度しかなく、
でもその時に「木曽リトリート」をするって話が出てて、
行きたい!と思ったので行ってきた。


今回の旅、楽しくて癒されたのは勿論なんだけど、
それ以上に自分の価値観を問われる、
気づかされるものだったなと思う。


木曽旅行の記事を出すのにも、躊躇してた。
なぜなら、旦那に息子をみてもらって、
私だけが遊んでることは、
一般的に考えて「良い母親」ではないよね。
批判・否定されても仕方ないことをしている
(と、私は感じてる)のに、そうされたら傷付く。
なら、わざわざそれを
知らしめる必要ないんじゃない?
私が気づいたことは、
私にとっては大きなことでも、
他の人から見たら
大したことじゃないかもしれない。
そもそも知りたいと思う人だって、
別にいないかもよ。
そんな考える程に落ちていく
ネガティブな感情もあり。


自分がご機嫌でいられる選択をするからこそ、
家族へもその幸せを還元できる。
母親の笑顔が大事!
やりたいことはやろう。
子供の面倒をみてくれて、
快く送り出してくれる旦那に感謝して。
そうありたい自分もいて、
もしその葛藤に同じように悩む人がいるなら、
背中を押せる自分でありたい。
なら、堂々と書かないと。
発信しないと私の経験も気持ちも、
誰にも伝わらない。


だいたい、書きたいけど書けない。
というのは、自意識過剰なんだよね。
他人は大して見てないし、
何とも思わないし、
私に興味もない。
と思っている自分もいて。


そんな葛藤の中で、
記事はできていたものの、
公開することができず、
facebookでは数日間寝かせてました。
ブログに至っては、1ヶ月経ちました。
長々と前置きでした(笑)


木曽到着時は雨だった。
私は基本的に晴れ女なので、雨って珍しい。
気持ちの良い青空の広がる2日目、
きみちゃんから
「雨の次の日は、緑が濃いんだよ」と聞いて、
だから雨降ったのね!
なんて好意的に解釈してみたり。


まずは、旧くて風情のある町並みを歩いて、
「くるまや本店」お蕎麦屋さんへ。
ざる2枚は多いかなーなんて思ったけど、
ペロリと食べられちゃった。
とろろも美味しかった😋


きみちゃんのメガネ屋さん、
アイショップコマツさんへ。
今回の旅の目的の1つ、
きみちゃんに世界が変わるメガネを
選んでもらうこと!!


私は、メガネをかけた自分の顔が嫌いだから、
極力必要な時しかメガネをかけない。
でもそれってもったいないなぁと。
普段裸眼で過ごせることに驚かれる程、
視力は低い。
要はボヤけた視界で常に過ごしてる。
それに不便は感じてなかった。
(たまにコンタクトもしてる)


眼からの情報って直接脳にいってるんだって。
で、ボヤけた世界にいる私は
眼からの情報がすごく少ないということ。
それは見たくないものを見なくて済む
ということもあるんだけど、
私が感動しづらい原因の1つは
見えてないからじゃないの?と。
友達と話してて、気づく。
次の日の朝に、それを実証する出来事が
あったんだけど、それは時系列で後程。


優柔不断な私はフレームもなかなか選べず。
きみちゃんが似合う候補をいくつか選んでくれて、
どんな時にかけたい?とか、
どんな風に言われたい?とか、
色々と聞いてくれた。
これぞメガネコーチング!
ちなみに私が何で選べないかって言うと、
基準が親や旦那にあるからだった。
私はこれがいいっていう
自分の選択に自信が持てない。
○○から見た私はこの雰囲気だと思うんだよ、
これかけてたらこう言われるかも、ってね。
すごく時間をかけて、
なかなか選べない私に
ゆっくりと色々と質問してくれながら
根気よく付き合ってくれるきみちゃん、優しい!


視力の計り方も、
縦方向に伸びて見える乱視とか、
ものすごい細かくみてくれる。
もちろん鼻あてや、
つるの部分も調整してくれて。
何事も情熱があるプロに任せるのが1番だよね。


結果、きみちゃんが1番最初に
これがふゆちゃんに似合うと思う
と候補に出してくれた眼鏡にした。
私的には結構冒険だし、
メガネ新しくするのが8年ぶりとかだから、
見慣れない。
けど、きみちゃんが教えてくれた
メガネで魅力をプラスする、
メガネで気持ちを切り替える、
を実感してみたいから。


その後は旅館で一緒に夕飯。
食事も美味しい。
人に作ってもらって、
色々なものを少量ずつ食べられる幸せ。


話も尽きない。
すっごい楽しい。
気づけば食事会場の大広間には
もう誰もいなかった(笑)


きみちゃんが家に帰った後は、
1人で温泉に。
貸切状態でゆっくり。
気持ち良かった~。


2日目へつづく。

藤畑 芙由子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス