WIN'S BALLOON SCHOOL 主宰 kaharaのブログ

WIN'S BALLOON SCHOOL 主宰 kaharaのブログ

2016年で開校20周年。
バルーンのお仕事をしたい人のための大阪のバルーンスクール。
バルーンギフト、デコレーションの分野で初心者をプロに育てます。

バルーンの基礎知識、技術、そしてビジネスに必要な経営者目線の思考など、教えること、育てることに全力を傾けることが僕の生きがいです!本当の成長は修了後に訪れますから、その時にその人の目線で寄り添い力になることが、次のステップへの階になると考えます。ウィンズバルーンスクールは、あなたの成長を支えることを目的にしています!

ウィンズバルーンスクール 主宰 加原勝彦
http://www.wins-co.com

ウィンズバルーンスクール 主宰Kaharaのfacebookもチェック!
http://www.facebook.com/katsuhiko.kahara
修了生、卒業生の皆さん友達申請お願いしますね!

テーマ:

先日のブログで「2極化する業界」「無能化させるSNS」という言葉を使いました。

それに対しての意味を教えてくださいと受講生から連絡をいただきました。

 

そこで今日は「2極化する業界」について触れてみたいと思います。

 

基本的には「流通」が大きくかかわってきます。

 

商材の仕入れにはまず問屋さんが欠かせません。

メーカー直で仕入れようものならロットが半端ではありませんからね。

そんな問屋さんを利用するのは、本来その道の「プロ」です。

 

しかし、このバルーンの業界。

何をもってプロと称するのでしょう。常に疑問です。

 

流通に話を戻すと

与信管理を徹底する問屋さんもあれば

プロ、趣味、何の境界線もなく仕入れを可能にする問屋さんもあります。

 

その結果、後者の問屋さんの場合

知識経験が希薄な方への業界参入を許してしまい

結果的に価格競争を生み出し

本来の商品価値を損ねるという事態に発展しています。

 

そこで今回のキーワードの2極化。

 

素人レベルのビジネス参入の激化と

プロレベル醸成の必要性。

 

バルーンを使えば売れる…という発想

バルーンを使って価値を創造するという発想

 

現在は圧倒的に前者が増加しています。

 

問屋さんはバルーンが売れて売り上げが上がれば

それでビジネスは成立するわけです。

 

プロの小売の人たちは、素人相手に不要な努力を強いられます。

 

誰にでもホイホイと商材が手に入る業界を作ったのは

新たに参入する人ではなく業界の要となる問屋さん。

 

そういった中で「何の目的でバルーンの仕事をしているのか」

「本質は何か」をよく考えることが必至です。

 

 

ところで話は変わりますが

先日あるイベントでイベント会社の社長さんが

進化について語っておられました。

 

例えば

「このパフォーマーは常に進化してオーディエンスの獲得に常に積極的」

「このパフォーマーはずっと同じネタで進化がない」

 

業界では賞賛されていても

業界外の評価は異なるということを客観的に知ることも必要。

それは何故か…。

 

進化は生命線だからです。

 

これからの時代は一部SNSに助けられることもあるのでしょうが、基本はオリジナリティやアイデンティティーの構築。人のマネや模倣ではなく、あなただからできることを常に追求することが重要。

 

厳しいようですがお手本がないと進めない人、長いものに巻かれて安住し生息する方には、今後ビジネスという切り口は難しいかもしれませんね。

 

どんな業界でも2極化は進行しています。

 

結果だけをみて模倣し過程を考えない人。

結果をイメージして過程を考えながら結果を導く人。

 

負の事態を正当化する人。

負の事態にならないように対策を講じる人。

 

2極化といえどもその良し悪しについてはなんとも言えません。

本人が評価するわけではありませんから。

 

肝心なのはスタンス。

もっと言うと翻弄されないほどのスタンス。

 

です。

 

そのために努力をしてください。

なりたい自分をイメージしてください。

 

自信のないまま仕事を取らないでください。

お客様に失礼です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

バルーンが裾野に広がることは、事実として市場の拡大につながることもあり、それは違うやろ!とか違和感を覚えるようなことも、特にネタにはせずに大概のことはスルーしてきました。

 

 

マーケットを錯乱させる極めて厄介な状況になってきましたので、ズバッと言うことにします。

 

まあ、これがブログ復活の起爆剤となったのですが…ニヤリ

 

ただ悪口や誹謗中傷ではありません。

他人の意見に対しての「別の見解」というだけのことです。

 

今後、このブログ内容を見て

「非難されてる……ガーン」とか

「攻撃されてる……ガーン」とか

 

思う人も多々いると思いますが

そう思った方が仮に万が一、億が一いらっしゃった場合は単に経験不足、知識不足と真摯に受け止めてくださいおねがい

 

 

先日とあるバルーンショップの方のページを拝見したところ

補充用の「風船ヘリウム」(ガス)11.6Lの定価が1本600円との記載を見つけました。他店がもっと安く販売されていたことに対しての見解を綴っておられましたが、定価は600円じゃないですよね??

 

定価=参考上代=標準小売価格=希望小売価格 はほぼ1000円です。

 

この方の定価は何を基準に決めていらっしゃるのでしょうか?

他店が安く販売していたことに『ありえない」との表記。

一般的な小売店からすると上代600円でも「ありえない」価格です。

 

これは「定価」でなく「特価」ですね!

この店だけの設定価格です。

 

誰も訂正してあげている気配がないので老婆心ながら記事にさせていただきました。

 

こう書いてしまうとなんだか逆にセンデンになりがちですが

そうでなくて一般的なビジネスの常識では理解し難い自由奔放な方々が多いこの業界。

その真相には追い追い迫ってみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

新年明けましておめでとうございます。

ほぼ1年ぶりのブログです。

 

この1年いろいろなことを考えさせられました。

2極化するバルーンの業界。

無能化させるSNS。

 

結局、本質を見失わない←これしかないという現在の結論。

 

以下、元旦に送ったある卒業生へのメッセージです。

 

大切なことが失われていく世の中です。

手の掛かることめんどくさいこと、自分が尺度の中心になるとすべてネガティブに、自分以外の誰かの笑顔、喜び、幸せを尺度に考えるとポジティブな思考になる可能性が高くなります。

 

自分至上主義になるのもならないのも自由ですがどうするかはその方のスタンスです。

 

あなたならどうしたいですか?

 

 

本年もよろしくお願い申し上げます。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス