京都市西京区 小さな旅行会社のブログ

京都市西京区 小さな旅行会社のブログ

京都市西京区桂にある小さな旅行会社です。
旅行会社はコロナウィルスの影響を一番に受け
いまだに回復の見込みがありません。

しかし、じっとしていても精神的にしんどい。
今の京都をお届けすべく、ライブツアーに、
オンラインショップにと日々頑張ってます。

京都市西京区の旅行会社 ウイニングトラベルサービスです。

2020年2月末ごろからコロナウィルスの影響を受け

ただいま「旅行の仕事」がほぼナシ!!


京都の旅行会社3社でFacebookグループ

「今の京都を届ける!オンラインツアー」と

自宅にいながら京都旅行を楽しめる
メディア「てれんぽ」を立ち上げ。


また、チェルカトラベルさんと一緒に

オンラインショップ「ことくる」を立ち上げました

「いいね!」で応援していただければ嬉しいです!


今年の祇園祭、残念ながら鉾立て、巡行が中止となりました。
 

 

巡行、宵山が中止になったことから、
半数以上の山鉾で、粽を授与しないことを決定されました。

宵々山から各山鉾町で奉納金にて授与されている粽は
それぞれ独自の装飾をされていますが、
その原型となる粽は京都市郊外の農家の人たちが全て手作業で、
毎年約1年かけて約20万本を準備しているそうです。


今年も巡行中止が決定した時点で約12万本が完成して
いましたが、半数以上の山鉾町が厄除け粽を用意しないとなれば
かなりの数の粽がどこにも届かない可能性があるのです。

今年の厄除け粽については、祇園祭山鉾連合会さまの粽を
クラウドファンディングに出されていますが、
山鉾町で授与されている独自の装飾をした粽は、
期間限定で山鉾町で手渡しで授与されるほか、
7月7日現在、長刀鉾さま・白楽天山さまのみ
インターネットで奉納金にて授与をされるとのことです。

今年は特に大きな意味のある厄除け粽を、

鉾町の関係者様とのご縁から、

綾傘鉾、鷹山、黒主山の各保存会さま認可のもと

厄除けちまきを「ことくる」からお送りすることが

できるようになりましたビックリマーク

 

 

 

今の京都を届ける!オンラインショップことくる

 

 

https://www.kotokuru.com

 

 

 

半数以上の保存会さまが厄除け粽の授与を断念されたのも、

多くの方が同時期に集まるのを避けたかったという思いや、

例年ほどたくさんの方の手に渡らないであろうという

お気持ちがあるからだろうと思います。

 

微力ではございますが、必要とされるお宅に

お届けできるよう頑張りたいと思います。

 

この取り組みは今年だけの特別です。

来年は、多くの方が安全に集まれるようになることを

心から願っております。

 

 

綾傘鉾はこちらからどうぞ

 

 

黒主山はこちらからどうぞ

 

 

鷹山はこちらからどうぞ

 

 

[祇園祭について]

今から1000年以上前の869(貞観11)年、
京の町に疫病が流行し、多くの死者が出る状況となりました。
その病を神仏に祈願することで収めようと
始まったのが「祇園祭」のはじまりです。


[粽の由来]

昔、蘇民将来という男の家に、旅人に身をやつした
牛頭天王が訪ねてきて一夜の宿を求めました。
蘇民の兄は裕福なのにそれを断りましたが、
蘇民は貧乏でしたが、あたたかくもてなします。
牛頭天王はその心遣いに大変喜んで、お礼に
お前の子孫は末代まで疫病の厄を逃れさせようと約束し、
そのしるしとして茅の輪を腰につけさせたのが
粽の由来とされています。
粽には「蘇民将来子孫也」という護符がついていて、
その家には「蘇民将来の子孫」が住んでいると
わかるようにしているわけです。

[粽を吊るす場所]
玄関の入り口(軒下)の見やすいところといわれています。