何のために勉強するん? | Wingsえいご教室

Wingsえいご教室

テキストを使わない楽しい!もっと学びたい!のレッスン内容でカリキュラムを組み、子供たちの好奇心を保ち、個々の性格を生かしながら、勉強としてではなく、会話の手段として英語を教えている。


テーマ:

{E559F85B-7359-44AE-8B81-D69333650E22}

 

 

Students shouldn't be learning for the test.

 

生徒たちはテストのために勉強しちゃいかんのよ。

 

They should be learning for life.

 

人生のために勉強するものなのよ。

 

 

そうよそうよ!

子供の時って、いっぱい知りたい!学びたい!

があったのに、大きくなるにつれて勉強が嫌になる。

そして学校も行きたくなくなる。

勉強ばっかしてて、なんでせないかんの?

となって、

自分の将来について考えることもしなくなる。

夢を見なくなる。

なのに先生は将来何になりたいの?

目標を決めなさい、と言う。

分かるわけないやん!

 

今の日本の学校では、

テストでいい点をとるのが良いこと。

とまだまだ考えられている。

それじゃあ夢も希望もなくなる。

中高生を教えていて、もっと自分でできることあるやろ!

と思うことも確かにある。

でも、部活、勉強、テスト、その他の活動で

高校生なんてほぼ休みなし。

本当に気の毒に思う。

私はカナダの高校だったから分からないけど、

遊べないことを経験する子どもたちって、

どんな大人になるんだろう、とこちらの方が不安になる・・・

 

 

今日時間が少しあったのでフランスの映画を見てたら、

社会の授業で子供たちが先生にそれはノートをとった方が良い?

と聞いたときの先生の答えは・・・

歴史はノートに書いて覚えるものではない。

感じて学ぶものだ。

と言っていた。

 

そうよ!

お父さんとお母さんの昔の話を聞いたときだって

ノートにとらんよねえ。

感情移入できたりして覚えてるよね。

そうよ!!!!

歴史ってそういうもんよね。

歴史って難しいイメージしかなかったけど、

全部人がつくってきたものなんやけん

それを勉強して感じて自分の人生を照らし合わせて、

今後のヒントにすることなんていくらでもできるのに、

それを面白いと思わないんよねえ。

でも本当の意味で学ぶって、そういうことよね。

と思った。

 

何も歴史に限ったことではないけど、

学ぶ楽しさを提供していきたい!

明日からも頑張ろーっと!

 

 

今日もありがとうございました♡

MS AYUさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス