東秩父 峠狩り | そらの上には何がある?

そらの上には何がある?

中年夫婦のもとにやってきた中年犬 シェルティの「そら」
でも、新しい生活が始まります。


テーマ:
春も過ぎて初夏になったようなお天気です。

先日のスズキセンチュリーランでヒルクライムの感覚が少しだけ戻ったようなので、
今日は、グリーンラインに久しぶりに走りに行きました。

思えば、2014年10月、11月に登りで足を痛めたり心肺の調子が良くなく
その前後で腰痛になり、ヒルクライムは避けてきました。
グリーンラインをちゃんと走るのは2013年10月以来です。

まだ、とても家から自走出来るとは思えません。
車に自転車を積み込んで、

小川町の道の駅までトランボです。

初めはなだらかな登り、途中から少し厳しい登りで白石車庫です。
走り始めて1時間弱。 休憩しましょう。


ここから本格的な登り。
1年半前に引き返した地点を越えてなんとか無休憩で定峰峠に到着。

いや、なんとかではなく、けっこうあっけなく到着しました。


考えてみると、私は、自他共に認める弱脚ですが、
40代後半でサイクリングの趣味に再度のめりこんだ時のギアは
50×34 12-25Tでした。

富士スピードウェイの富士チャレを走る時にダンロップコーナーあたりからの登りをちゃんと走れるように、12-27Tに交換、ギアを軽くしました。

それ以来、ずっとこのギアでしたが、昨年秋に富士山一周した時に坂で苦労したので、12-30T(乙女ギア)へと、さらに軽いギアに変えました。

それ以降、やはり登りが楽になって、まず、ケイデンスは60以上を保てます。
(時速は約10km/h)

これが今の私に最適なギアなのでしょう。

さて、定峰で休憩した後、さらに勾配がきつくなる白石峠。
ここまで登れたら最後までがんばろう。

ここから刈場坂峠と顔振峠以外、峠での写真は撮りますが、休憩は無しです。

高篠峠
大野峠

刈場坂峠(ここからの見晴らしはこのコースで一番ですね)



飯盛峠

関八州見晴台

花立松ノ峠

傘杉峠

顔振峠
ここの平九郎峠で山菜うどん食べて休憩です。
ここの看板娘(といっても、私と同年輩?)はいっらしゃいませんでした
一本杉峠

北向地蔵

鎌北湖

ここから下に降りて、越生の里の駅でアイスコーヒー飲んで休憩。


15:23に出発地点の道の駅おがわまちに帰って来ました。

疲れたし、そらの散歩もあるので、関越道を使って帰って来ました。

北浦和駅前の交差点でOkya3さんを発見。
同じくグリーンラインを走っている事はTwitterで知っていましたが、なんたる偶然。
スズパで少しお話して帰って来ました。


だんだん登れるようになってきたみたい。
来週は、白石峠のタイムアタックかな? って、嘘です。

 
本日の走行記録
走行距離:73.70km
走行時間:3時間56分
平均速度:18.7km/h
最高速度:53.2km/h

ウィングパパさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス