二日酔いを醒ましにポタリング | そらの上には何がある?

そらの上には何がある?

中年夫婦のもとにやってきた中年犬 シェルティの「そら」
でも、新しい生活が始まります。


テーマ:
昨夜は、野郎4人で飲んで午前様でした。
生ビール2杯、塩レモンサワー3杯、グレープフルーツサワー3杯 ... までは覚えてるんだけどなあ。

車でトランボしてグリーンラインなんて考えてましたが無理無理!
近場のポタリングに切り替えました。
久々に見沼用水路を周回してみましょう。

見沼用水路は、利根川の大堰から水を引いて、芝川経由で荒川まで水を流す
田に水を送るための用水路で、
途中、いろいろな川と交差する所ではサイフォン式に川の下をくぐったりして、
そういうのを見に行くのも面白いのですが
さいたま市の見沼あたりは用水路を2つに分けて、また合流するので、
その部分を周回できます。

主に東大宮の辺りは一般道を走ったりで、あまり厳密なルートは決まってませんし、
未舗装の道があったり、行き止まりがあったり、
幹線道路との交差にほとんど信号も無いのでスピードを上げて走る道ではありません。

家に近い西縁を北に向かって走り始めてまもなく、市民の森の風車の下。


風車から走りだしてすぐ、紫陽花がきれいに咲いていました。
(来週は越生のあじさい公園に行こうかな)


周回路の北端、東西縁で少しだけ休憩。



折り返して、今度は東縁を走ります。


途中、


いち、 にい、 さん、、、、、、、全部で9匹のシェルティです。
このおじさんにお会いするの2回目です。

確か、娘さんがブリーダーされてるとかいうお話を聞きました。
今日は、写真だけ撮って一声かけて先に進みます。


ところで、この見沼用水、
雰囲気はこんな感じですが、


ところどころは、このように桜等の木立が日陰を作って夏でも走りやすいのです。


西縁より走りやすい東縁、すぐに終点(合流点)の見沼通船掘です。



ここは見沼用水と芝川の標高差がありますが、昔、船の往来を可能にするため
スエズやパナマのように、段々と水面の高さを調節して行き来できるようにした所です。

さあ、折り返して

女体神社で少し休憩して10時20分に帰って来ました。
3時間程のポタリング。
酔いも抜けました。




** 今回の記録 **
走行距離    : 46.64km
月間走行距離 : 46.64km
年間走行距離 : 1,056.10km
平均速度    : 20.4km/h
平均ケイデンス: 69rpm
平均心拍数  : 134pm
消費カロリー  : 911kcal

ウィングパパさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス