子の権現に初めて行ってみた | そらの上には何がある?

そらの上には何がある?

中年夫婦のもとにやってきた中年犬 シェルティの「そら」
でも、新しい生活が始まります。


テーマ:
正丸やグリーンライン、今年は名栗とけっこう近くまで行っているのに
今まで行った事が無かった子の権現(ねのごんげん)
激坂で有名ですが、まあ、行ってみましょう。

手前の飯能までの往復は走行距離が短くなるように
できるだけ直線的な道を走ります。

11:20 東飯能駅到着! 初めての休憩をとります。


さあ、ここから緩やかながらも登りが始まります。
そして、ほとんどが初めての道です。

原市場を越えるとサイクリストどころか地元の人の姿もほとんど見かけません。

 
こんな雰囲気の中をひたすら登っていき、ついに民家もほとんど見られなくなります。

そしてとうとう最後の分かれ道。
 

あとたった1.5キロじゃあないか。
楽勝!
なんて思ってました。(この時までは)

さらに登って、路面がコンクリートの横溝に変わったとたん、始まりました。激坂です。 目がくらむような斜度です。

今まで他の方のブログを拝見していると、
激坂だけど距離も短く何とか足つき無しで登りきったというお話ばかりですが、
貧脚代表の私のようなブログがあってもいいじゃあないですか。
無理です。

前輪が浮きそうになるし、
一度停まってしまうと次に踏み出してもクリートが留められない。
苦しすぎます。

とうとう押しになります。
今の自転車のデローザに慣れてきて、ダンシングではなくシッティングを多用していますが、もう動けません。
もうすぐ到着というのに休憩して自転車押してます。
 

激坂区間を通過した時の写真。
写真では分りにくいですが、今まで自転車押してきた道が下までうねりながら続いています。

ひーはぁ ヒーハァ he-her
言いながら子の権現に到着。
自転車停めて息を整えて拝観です。

子の権現と言えばこの金の草鞋(ワラジ)
思っていたより立派で綺麗です。
 
さらに奥の院まで行くと鐘撞き堂。
 

フムフム。2分に1回なら撞いていいのね。
もちろん、思いっきり撞かせていただきました。

そして東京スカイツリーも見られる見晴台。
 

東京スカイツリーのテッペンと同じ高さに居るのですが、
天気予報が見事にはずれて雨が降りそうな今日の天気では眺望は望めません。

来た道ではなく、天目指峠に向かいます。

天目指峠(あまめざすとうげ)
いい名前ですね。
 

でもこの峠、眺望も良くなく、寂しい峠です。

名栗方面をタップリ楽しんで、帰り道の狭山の山田うどんで昼ごはんを食べて帰ってきました。

ああ、登りに強くなりたい。
まずやせないとね。



** 記録(CATEYE V3データ) **
走行距離:121.76km
年間走行距離:3,388.09km
走行時間:5時間39分
消費カロリー:2,554kcal

ウィングパパさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス