利根運河の水はどっちに流れてる? | そらの上には何がある?

そらの上には何がある?

中年夫婦のもとにやってきた中年犬 シェルティの「そら」
でも、新しい生活が始まります。


テーマ:
今まで2~3回走った利根運河。

江戸時代、当時の利根川は関宿から南下し、今の江戸川として江戸の町から東京湾に流れてました。
しかし、氾濫し、江戸近辺に被害をもたらすので大工事で、今のように千葉の銚子に流れるようにしました。
現在、関宿で利根川と江戸川に別れた河は、その下流、明治時代に作られた利根運河で再度交じります。

詳しくは、こちらを見てください

この前、ふと思ったんです。
あの利根運河の水は普段、江戸川に向かって流れているのか
利根川に向かって流れているのか。
その時、東京、首都圏が水害を起こさないように、基本はやはり江戸川から利根川に流れるように作ってあるんだろうと想像しました。
まあ、確認しに行こう。 (暇だねえ)

本文の前に問題です。
・ 人工の河を運河(ウンガ)といいますが、人工の湖を何と言うでしょう。
  (答えは最後に)


気持ちのいい元荒川サイクリングロードを使って江戸川へ、
江戸川から利根運河に入ります。

 

ここは初めの1km余り、車両も通れる一般道です。



東武の、その名も「運河駅」近く。
理系の大学や白装束の宗教本部で有名かな?

 

その先、少し行った小さな橋の中央。
ここで草の葉っぱを川面に投げてどちらに流れるか確認します。


 

あれ? 水は予想と反対に江戸川に向かって流れています。
風の影響かな?まあ、この後の帰りにも運河を通るので、再確認しよう。

そのあと利根川サイクリングロードを下流に向かって走ります。
この道は2月に渋川から銚子に走った道です。

前回、右岸の柏市周辺の道があまりに走りにくかったので
左岸の茨城県取手市に向かってみます。

 

こちらは途中で砂利道。迂回したりして、舗装されたコースを確認。
今度、渋川~銚子に再挑戦する時は、こっちのルートを使おう!
 (もっとも、今はそんな気持ちはありません)

ウロウロと気の向くまま走っていると、舗装が途切れ、鬼怒川沿いのさみしい道。
こんな道もいいですね。



時々ロードであくせく走るよりランドナーでこんな道をのんびり走りたくなります。



 
なんだか趣のあるいい橋です。
この辺りは初めて走る道です。

この後、芽吹大橋の手前で後ろを走っていたクロスのサイクリストの前輪がパンク。
聞くと、予備のチューブも持っていないとのことで、家まで20km程あるそうで、
田舎で、自転車屋も近くにあると思えません。

チューブをあげて、交換しましたが、
この時、私の空気入れ、CO2ボンベで、2秒で充填できるのですが、
私も使い慣れていない物で、見事に失敗。
大気に二酸化炭素をぶちまけてしまいました。
(カッコつけて手伝いましょうって言ったのにハズカシイ) (;^ω^A
今度、自宅で練習しておこう。

このタイプのボンベに変えたのはウィングが亡くなった直後だから、
2年以上パンクしていないんだ。この事が驚きです。
ミニポンプも持っていたので、それでシュコシュコ空気を入れてもらいました。



芽吹大橋から再度利根運河に向かいます。
途中、 「海まで100.0kmです」の標識。



2月に来た時は寒くて草も生えてなかったのに
今は暑くて草ぼうぼうです。

その先のコンビニで昼食。


さあ、帰り道。

やはり利根運河は全域で利根川から江戸川に水が流れていました。
帰ってから調べたら、この運河は水の氾濫を防ぐ為の物ではなく、
船の交通のショートカットの為に造られたということ。

北海道の物産を船で首都圏に運ぶ時
房総半島を廻るのは大変遠回りなので、銚子から利根川経由で関宿から江戸川と廻っていたのを、航路短縮の為にこの利根運河が造られた。
だったら利根川から江戸川に水が流れる方がいいよね。 納得。



後は来た道を戻るだけ。
さいたま見沼有料道路で、ある場所からいただいた回数券を使って
私もショートカットして帰ってきました。



今日走っている時、頭の中でエンドレスで流れていた歌
NHK連続ドラマ あまちゃんのテーマソング
ちゃちゃっちゃっ ちゃちゃちゃっ ちゃちゃっちゃ ちゃちゃちゃん
スットコドッコイ

出発する前に見ていたからかな? じぇじぇ


今日のアイス
1. クランキー


2. ガリガリ君 梨
 


最初の問題の答え
 人造湖 もしくは人工湖
 (誰です、運湖 ウ○コ なんて言ったのは)





** 記録(CATEYE V3データ) **
走行距離:112.94km
年間走行距離:1,671.70km
走行時間:5時間21分
消費カロリー:2,354kcal
平均速度:21.1km
最高速度:45.2km

ウィングパパさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス