宝塚歌劇団。初観劇。

 

宝塚歌劇団雪組公演「ひかりふる路」「SUPER VOYAGER」を拝見させていただきました。

 

と言うのも、、、、私が以前、藤澤ノリマサさんへ作詞した「希望の歌」を公演で歌っていただいているから。

 

もう、何年も前に作詞したこの歌。

宝塚という素晴らしい公演で使用されたことに本当に心から感謝です。

 

初観劇の宝塚公演も、、、、もう何故皆さんが宝塚にハマるのか。その理由がたった1度見ただけで分かりました。

 

歌、踊り、お芝居、セット、衣装・・・あげたらキリがありませんがどれをとっても「手抜き」のない世界。

 

大変な倍率で宝塚に入り、憧れへ向かって鍛錬してあの舞台に立っている。

それを思うだけで、トップスターだけではなく全ての演者さんがキラキラして見えました。

あの舞台に立つことを目標に頑張った証でステージは出来上がっています。

 

宝塚も連綿と続くエンターテイメント。

男役はどこまでも男らしく本当にうっとり。

娘役は透き通るような美しさで憧れのお姫様。

歌も踊りも磨かれていて、スタイルも統一感があり圧巻でした。

 

それぞれが切磋琢磨して、魅せる本気の世界観が見ている私たちにも伝わり心奪われるんでしょうね。

今回、「初宝塚歌劇団」に触れてしまった私。

すでに、、、他の公演も観たくなってしまいました(^^)

 

そして、改めて。

目指した世界で、自分自身が「ひかり」を放つ素晴らしさを感じました。

私も「作詞家」を目指したあの頃の気持ちを忘れずに、頑張ろうと思えた1日でした。