ワインクラスター北海道の会員の方々をお招きし、2019年1月19日16時~18時に小樽市花園にあるワインバー「LA心VIN」にて30名限定の「1999ヴィンテージを楽しむ会」を開催いたしました。


1999年は北海道のワインのグレートヴィンテージであり、また、私が仙台で北海道ワインを飲んだことによって仙台サンプラザホテルのレストランマネージャー兼ソムリエから、北海道のワイン産業に転身するきっかけとなった年でもあります。

今回の開催は、その1999ヴィンテージの北海道ワインがたった2本でしたが私の実家に残っており、半年前に仙台から持ち帰ってからこれを飲む特別なイベントを企画したもの。
ワインクラスター北海道の会員以外の方にはご案内できませんでしたが、北海道の赤ワインの熟成にご興味がありましたら、長文ですがぜひお読みいただければ幸いです!

ーーー
この会の最初に、いまから20年前の阿部と北海道ワインとの出会いから13年間お世話になった北海道ワイン㈱での取り組み、6年間の社会人学生としての大学・大学院での学びとワインクラスター北海道の設立までの秘話を初めて披露。
そしてワインクラスター北海道を設立してから7年間の軌跡、最後に2030年までの夢や想いをスライドを用いてお話ししました。


白ワイン3種類のテイスティングと軽食を召し上がっていただき、17時にいよいよ1999ヴィンテージの光芒ツヴァイゲルトレーベと北海道レンベルガーを抜栓しました。


20年の熟成を経たワインの状態にはそれほどの心配はしていませんでしたが、じつはコルクの状態については不安がありました。ちゃんと抜けるか。ボロボロになっていないか。ブショネになっていないか。そもそも当時登場したばかりのツイントップ(両端5ミリを天然コルクとして中心部の圧搾コルクに貼り合わせたもの)コルクは20年の熟成に対応できるのかなどなど…。

ツイントップはスクリューの刺さりがよく、45ミリの長さに対して40ミリの差し込みでは、ちょうど接着されたところが分離しながら抜けてきましたが、とてもいい状態に20年もワインを守り続けてくれました!


「1999北海道レンベルガー」は20年の熟成を経て酸はほぼ感じられず、香りも控えめながら心地よく、アルコール感も渋みもすべてが丸くなって予想通りにとても静かな印象。マホガニーの色合いも素敵で、レンベルガーはツヴァイゲルトの父親にあたる品種ということもあってか、どこかこのワインは落ちついた年配の紳士のような印象でした。

この「北海道」シリーズは私の入社前に存在していたシリーズで鶴沼の自社農場産のブドウで作られ、年による製品化や品質面でのバラツキもあったのですが、私の入社後にこれを「鶴沼」シリーズとして整理し、品種の絞り込みや醸造スタイルと熟成期間などを定めました。

一方の「光芒ツヴァイゲルトレーベ」はかつて自分が入社後すぐに裏ラベルやパンフレットを作成し、そこに書いた品種や1999ヴィンテージの特徴を保ちながら、格別にしなやかでエレガントな味わいに成長。感激しました。女性的で優雅な年の重ね方をしていますが、まだまだ熟成できるポテンシャルにも驚かされました!

この「光芒」は北海道の空前絶後のグレートヴィンテージなった1999年だけ作られた伝説のワイン。ミュラー・トゥルガウは鶴沼産、ケルナーは余市町の藤本農園産、そしてこのツヴァイゲルトレーベは余市町の北島秀樹園産のブドウが使われました。このとき初めて行われた単一畑仕込みが私の「鶴沼」シリーズの開発と同様に「葡萄作りの匠」シリーズにつながっています。

ーーー
さて、こうしたヴィンテージワインの取扱いは、保存中もそうでしたが、抜栓するときにはその数日前から、グラスに注ぐ瞬間まで気を緩めることが出来ません。
数日前からお店に運び、立てて温度管理してもらっていたワインを、瓶底に沈めた細かなオリがグラスに入らないようにライトで照らしながら、素早くグラスに注いで即座にサーブすることが求められます。


沼田がその機微を理解し、グラスを参加者のところにサーブしたのですが、沼田があんなに素早く動けることを初めて知りました。(笑)

美味しいもの好きで最近は私よりも人気のあるキャラとなっている沼田が「ル・キャトリエム」に特注して作っていただいたオードブルも洒落ていてポーションもほどよく、大変喜ばれました。


また、会場となったLA心VINの渡辺オーナーは、2009年に「北海道ワインツーリズム」推進協議会を設立して私を事務局長に抜擢し、ワインツーリズムの魅力と可能性を教え、今日へつながる足場を築いてくださった恩人です。

そして当日は、設立当初から会員としてワインクラスター北海道を応援してくださっている方々が東京をはじめ全国各地からお越しくださり、スピーチも頂戴いたしました。
私どもにとりまして心からの感激と励みになりました。本当にありがとうございました!

大切なヴィンテージワインでしたが、日付も語呂合わせのような(笑)2019年1月19日に1999年ヴィンテージを楽しむ会を開催できてよかったです!



ワインクラスター北海道は2013年1月30日に北海道知事からのNPO認証を受けました。
2022年には10周年を迎えますので、その時には今回のようにお世話になった方々への感謝の気持ちを込めたイベントを盛大に開催したいと思います。

ぜひ、これからもワインクラスター北海道をよろしくお願いいたします!
ーーー

年会費6,000円がかかりますが、会員の募集も行なっております。よろしければ4月からのご入会をぜひご検討ください!
https://winecluster.org/about_us/join/