最近、すごく好きなものがあります。
それは「いちじく」

生のいちじくってこんなにおいしかったのか、と食べる度にちょっと感動するくらい。
熟した甘みと、ほろ苦さと、独特の食感。
なんで今までそんなに好きじゃなかったのか、それとも、大人になった今だから好きなのか。
このおいしさに気付いてよかったと、しみじみ思う今日この頃。

旬は8月から10月まで、今年のいちじく、もうすぐ終わってしまいます。
まだ売っているので、最後、思いっきり食べたいと思います。

今日は、和えるだけの簡単なおつまみをご紹介です。




☆いちじくのバルサミコマリネ☆




【材料 2人分】

いちじく     3個
バルサミコ酢   大さじ2
オリーブオイル  大さじ1
塩        ひとつまみ~ふたつまみ
胡椒       少々




【作り方】

① バルサミコ酢は小鍋か小さいフライパンに入れて、半分の量になるまで煮詰める。



② いちじくは、皮をむき(おしりの方からむくとむきやすい。固い場合は、湯むきするとつるっとむけます)、6~8等分に切る。



③ ①のバルサミコ酢が冷めたらボウルに入れ、オリーブオイル、塩、胡椒を混ぜる。



④ ②のいちじくを③のボウルに入れて、和える。





ジューシーで溢れる甘さのいちじく。
バルサミコのまろやかな酸味、塩気、胡椒の辛みが、このいちじくの甘みをグッと引き立ててくれます。
本当においしい。酸味と甘みの絶妙な相性。
ただ和えるだけですが、秋を感じる、オシャレなおつまみです。





これに合わせたいのは、イタリアの微発砲赤ワイン、ランブルスコ
辛口でも甘口でも合います。
バルサミコの酸味とワインの甘酸っぱさがピッタリ!いちじくの甘みとワインの果実感も合います。

イチオシは、メディチ・エルメーテ クエルチオーリ レッジアーノ ランブルスコ セッコ





白のスパークリングワインでもOK。
キリッとドライなものよりも、フルーツの甘みを感じるものが合います。
中でも、ヴーヴレなんか最高です♪

イチオシは、ドメーヌ・ニコラ・ブリュネ ヴーヴレ メトド・トラディシオネル エクストラ・ブリュット



スパークリングワインではなくスティルワインを合わせるときは、白も赤もほんのり甘みのあるものが合いますよ♪


秋の味覚、イチジクのバルサミコマリネとランブルスコ!!!
ぜひお試しください♪







レシピブログに参加中♪
クリックお願いします♪

ワインリンクで「ワインのつまみ」
レシピ&マリアージュを公開中♪