ナベノイズム Nabeno-Ism[浅草] | MOMOの東京グルメ日記

MOMOの東京グルメ日記

日々食べ歩いた美味しいワインとお食事をご紹介しています。


テーマ:

ナベノイズム Nabeno-Ism [浅草]

住所 東京都台東区駒形2-1-17
電話番号 03-5246-4056
定休日 月曜日 第4火曜日
 
旗Sep.2016
 
ミシュランガイド東京2017 ☆
 
インスタグラム instagram @momosyuran
 
一昨年の7月にオープンした「ナベノイズム Nabeno-Ism」 へ。オープン2ヶ月後に、ランチで初訪問。
(※2016年9月訪問時の備忘録)
 
Nabeno-Ism ナベノイズム
ミシュラン三ツ星・ジョエル・ロブション元総料理長 渡辺雄一郎シェフによる墨田川沿いのレストラン。
 
都営浅草線 浅草駅 (A2b出口)徒歩3,4分程で到着。
1階は厨房になっており、コンパクトながら機能的な厨房のレイアウトになっています。階段を上がった2~4階に席があります。
 
目の前には、墨田川、対岸にはスカイツリーが見えるロケーション。この日は、台風が去った翌日だったので、墨田川が濁っていて残念でした。
 
ナイフとフォークランチメニューはコース1本
 
グラスシャンパーニュ
(確か、シャンパーニュは、ルイロデでした。)
 
ナイフとフォーク Menu KomaGata ¥10,000
カウンター席に案内されました。
 
 
赤肉メロンとミントのガスパチョ
浅草老舗とのコラボスナックとアントナン風グリーンオリーヴのマリネ
 
 
 
両国江戸蕎麦ほそ川 の蕎麦粉をソースベシャメルの技法で炊き上げたそばがき
奥井海生堂蔵囲い2年物昆布のジュレと塩ウニ  
ウォッカクリーム おろしたてワサビのコンビネゾン
お料理が供された際、何の説明もなかったので、小さいスプーンにのったウォッカクリームを一口で食べてしまったのですが。。後でお聞きしたら、少しずつウォッカクリームとそばがきを一緒に食べるそうです。
 
 
パン
 
 
日本伝統野菜と旬の魚介類の一皿
一見、和食の様なお皿。この日の魚は鮎でした。
 
 
 
天使の海老をスパイスの香りと共にコンフィ、とうもろこしの三変化と海老味噌のスュックと共に
やっとフレンチの装いになり、内心ほっとしたり。。
 
 
 
 
ナイフとフォークメインは、この3種類から選択。
 
・フヌイユの枝とともにゆっくりと焼き上げた鱸 ルイユ入りインカの目覚め、タプナードのジュアネットのピストゥ、フヌイユのレモン風味ピクルス
又は
・岩手県産ハーブ豚ロース しっとりと真空調理から備長炭でグリエ 万願寺唐辛子のファルシー バスク風
又は
・国産牛フィレ肉をV.C.C.調理から備長炭でグリエ
秋のキノコのヴァリエーション、トランペット茸、シブレットに薫り高いコンソメを注いで(+¥2.000)
 
 
ハーブ豚を選択メモ
 
岩手県産ハーブ豚ロース しっとりと真空調理から備長炭でグリエ 
万願寺唐辛子のファルシー バスク風
 
断面がうっすらピンク色。これ程肉厚にカットしていると火入れが難しそうですが、中心部にしっかりと火が入っていながら表面が硬くなったりは一切せず、全体的にしっとりとした食感で、完璧なキュイソン。
 
 
完熟桃のコンポート ヴェルヴェーヌとヴァニラのジュレ
桃の薫る氷を忍ばせて
 
 
宮崎完熟マンゴーと浅草壽々喜園の抹茶の出会い
 
 
日本堤 バッハコーヒーと駒形をイメージした小菓子
 
 
 
食事の後、店内を案内して頂いたのですが、キッチンの最新の調理機器に驚きました。和とフレンチの融合というよりも、和に傾倒したフレンチという印象が強く残りました。¨ナベノイズム¨をどのように汲み取ったらいいものか、私にはその解釈が難しかったです。あくまでも伺ったのはオープン当初なので、変化と進化を楽しみに、また伺ってみたいと思います。次回は是非ディナーで。
 
お気に入り度
3.7 3,5
 

MOMOさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス